引越し見積もりもインターネットで選べるドットコム時代

photo credit: Eva the Weaver via photopin cc

新年も未だ松の内ではありますが、 新年度に動き出すにあたって様々考え出される時期でもあるでしょう。 まだまだ試験はこれからが本番と言えど、 お子さんの進学では親御さんはその新生活を考えるでしょうし、 新社会人は自ら考える必要があるでしょう。 転勤の内示には早いかも知れませんが、 新年度となれば時期的に通達の多いこともあり、 其方に意識を向ける必要がある方もいらっしゃるかも知れません。

新生活が決まれば転居の必要が出てくる向きもあるでしょう。 何かと物入りな新生活、転居にあたっての出費は成る丈抑えたいもの、 となれば…

"引越し見積もりもインターネットで選べるドットコム時代" の続きを読む

お名前.comからムームードメインへドメイン移管する

独自ドメイン(2011年7月5日記事 資産としての独自ドメイン 参照)を運用している際には そのドメインの管理をしている組織(レジストラ)の移管(管理組織を移す)をすることで 少しですが節約が出来ることがあるのは、 本ブログで2011年6月29日に以下の記事で書いた通りです。

ドメインの移管で経費節減

以前はドメインを維持するのは2011年現在の数倍するのは普通でした。 今回かなり以前、その数倍に該当する時期に登録した料金設定が そのまま適用され続けている為に今となっては割高となってしまった お名前.com から、年間1,000円以下で維持可能な ムームードメイン に移管しましたのでその具体的手順を記しておくことにします。

ムームードメインにはドメイン移管の手順が優しく解説されています。

移管申請の流れ

此処で上の図に有る様にメニューの左から二番目 ドメイン取得 にオンマウスで表示されるメニューから レジストラ移管申請 をクリックすると当該項目の最初のページ 1.レジストラ移管について に画面遷移します。 其処には下のような表が表示されています。

"お名前.comからムームードメインへドメイン移管する" の続きを読む

シュフモで無料チラシをゲット~主婦に人気のケータイサイト

実店舗とモバイルを結ぶサービス シュフモ が人気とのことです。 主要なサービス対象は勿論名前通り 主婦 です。 ニフティ、株式会社サンケイリビング新聞が2011年11月1日に共同で配信した 主婦を対象にした携帯電話向け無料サービス『シュフモ』と、イトーヨーカドー・エスパ専門店街がタイアップキャンペーンを実施~シュフモの総選挙 SELECTION「冬の得コレ」プレゼント~ を見ればサービス概要を 主婦を対象とした携帯電話向け無料サービスとし その内容を

  • チラシ情報
    全国のスーパーが配布するチラシからお買い得な商品の価格情報を選んで提供。 掲載店舗数 8,205 店(2011 年 9 月末日現在)
  • レシピ
    毎日の献立づくりのヒントとなる約 6,000 のレシピ情報を提供。
  • お役立ちコラム
    主婦力アップ、家事のコツ、節約術、家計アドバイスなど、役立つ情報を発信。
  • 地域情報」※一部地域を除く
    地域のショップ・イベント情報やお得なクーポン情報を紹介。
  • コミュニティ
    主婦同士の情報交換コミュニティ。
と挙げています。

中にも最もメインとして力の入ったサービスが…

"シュフモで無料チラシをゲット~主婦に人気のケータイサイト" の続きを読む

Googleの新サービスThink Insightsで自ブログチェックしてみた

Googleの新サービス Think Insights がネット上に大きな波紋を呼んでいるようです。 しかしネット上にも未だ定まった評価はないようです。 此処は先ずは使ってみるのが早道だと思いアクセスして、 幾つかクリックを重ねると入力したURLの サイトプロフィールを見られる機能が見付かりましたので、 本ブログで実際に試してみました。 なお利用の際にはGoogleアカウントでログインしています。

Think Insightsにアクセスすると右上の図の様に 画面が六分割され真ん中下が Planning Tools になっているのでクリックします。 すると Real-Time Insights Finder と言う画面に遷移しますのでアクティブになっている INSIGHT FINDERREAL-TIME INSIGHT TOOLS に切り替えると下の図の様な画面に遷移します。

"Googleの新サービスThink Insightsで自ブログチェックしてみた" の続きを読む

FFFTP最新版1.98cはFTPS Implicitでセキュリティも考慮

オープンソースと言う仕組みを通して 世に広く普及したソフトが原作者の手を離れ、 その命脈を保ったのが FFFTP という手元のパソコンとリモートのサーバー等とファイルの受け渡しをするWindows用のソフトでした。 本ブログで取り上げ 停止されたFFFTPの開発再開へ、セキュア接続が鍵か? なる記事にしたのが2011年10月13日のことです。

有志の手により開発が継続されることとなっての続報が齎されたのが…

"FFFTP最新版1.98cはFTPS Implicitでセキュリティも考慮" の続きを読む

エラ通信ゲット!~セブンイレブンのネットプリント

昨日2011年10月24日にTwitter及び Togetter上で大いに盛り上がったイベントが有りました。 Togetterの以下の記事として セブンイレブンのネットプリントを駆使して学級通信みたいなものを作ったらそこそこ盛り上がった 纏められています。 余りに面白そうなので本ブログ運営者も エラ通信 実際に入手してみました。 それが右の画像です。 手書きで如何にも学級新聞を思わせる微笑ましい作りと内容で、 それがネット上に出回る情報だけで実際にプリントアウト出来るのは 目から鱗の新感覚です。

では実際にどのように手に入れるかというと…

"エラ通信ゲット!~セブンイレブンのネットプリント" の続きを読む

Box.netに登録して無料50GBアカウントを貰ってみた

Box.netアイコン 最も クラウド の特徴を活かしたサービスとして本ブログでも幾度か紹介に及んだのが オンラインストレージサービス (ハードディスクのように保存出来るインターネット上のサービス)です。 代表的なサービスを挙げれば以下

といった処でリンク及び日付のあるサービスは本ブログでも記事にしていますが、 加えてまたまた気鋭の新オンラインストレージサービスが登場し、 SNS同様百花繚乱 (2011年10月21日記事参照) の状況を呈してきています。

その新オンラインストレージサービスの報を齎してくれたのが…

"Box.netに登録して無料50GBアカウントを貰ってみた" の続きを読む

停止されたFFFTPの開発再開へ、セキュア接続が鍵か?

インターネットには様々な約束事(プロトコル)があります。 その一つに FTP(エフティーピー:File Transfer Protocol) があります。 インターネット上でファイルを遣り取りする約束事ですね。 但しインターネット上の約束事としては最も古いものに属するため、 これだけ普及のなったインターネット社会に於いては 少々問題点が露呈するようになって来ました。

FFFTPロゴマーク36X36 それを受けてか否かは分かりません。 作者のSota氏によるコメントは FFFTPの開発を継続するためのモチベーションが維持できなくなったのが理由です。 とされている、 このプロトコルを利用した代表的なソフト FFFTP の開発終了が宣言されたのがつい先日、2011年8月31日のことで それは今10月13日も Sota氏の運営サイトトップページにお知らせとして掲載 されています。 しかしこのお知らせには同時に重要なことが記されてありました。 それは…

"停止されたFFFTPの開発再開へ、セキュア接続が鍵か?" の続きを読む

バーチャルとリアルを繋ぐメルアド宅配便にLight版登場

近年はインターネットの普及により、 ネット上だけでのお付き合いも増えてきました。 去年辺りからは Twitter や SNS(ソーシャルネットワークサービス)など、 ソーシャルメディアの普及により 更にその傾向に拍車が掛かってきたのではないでしょうか。 ネット上だけのお付き合いとなると、 随分相手のことを知っている積もりであるのに 不図気付いて見ると連絡を取る媒介としての 相手の情報はメールアドレスや当該サービスアカウントに限られることも珍しくなくなってきます。 すると紙に書いた手紙や小荷物など、 現物を相手に届ける手段がなくなってしまいます。

そんな時に役に立つサービスを提供しているのが…

"バーチャルとリアルを繋ぐメルアド宅配便にLight版登場" の続きを読む

Kindle Fireを放ったアマゾンCEOジェフ・ベゾス氏インタビュー

kindle fireイメージ いくら Android(アンドロイド)陣営が刺客を放とうとも、 タブレット市場に於いてその牙城が揺るぎもしないアップル社の iPad ですが、今回は少々ネット上での様相が異なる感じを受けるのが ネット書店で有名な Amazon(アマゾン) の放った刺客連で、中心となるのが右の画像の 7インチ画面タブレット Kindle Fire(キンドルファイヤー) です。 電子書籍リーダーとして既に定評のある Kindle(キンドル) が Android を基本ソフトウェアに採用しタブレットとしての基本的機能を備えカラー化された上で、 カメラやGPSは外すなど必要な機能のみに絞って、 思い切った低価格(199ドル、iPadの最低価格は499ドル)での登場です。

その刺客を放った…

"Kindle Fireを放ったアマゾンCEOジェフ・ベゾス氏インタビュー" の続きを読む