Photoshop写真業界向けプログラムを契約してみた

プロプライエタリなソフトウェア(proprietary software)の配布形態は近年大幅な変貌を遂げつつあります。 従来はCDなどにプログラムが焼かれパッケージに封緘されて利用者の手元に小売店などを通じて届けられたものですが、 今や多くの国でインターネットが隅々まで敷設され、ネットワーク回線も年々速度を増せば、 ネットワークを通じて配布し、ユーザー管理も同様にネットワークを介して提供される処となりました。

此の形態を称してクラウド型とするのも最早耳に馴染みのあるものですが、 中にも2種類の提供法があるようです。 一つはGoogle社やセールスフォース(Salesforce)社に代表されるSaaS型でしょう。 プログラム自体は手元ではなく提供側のリモートサーバーに存在し、 作成データのみをネットワークを介して利用する形態です。 もう一つがプログラムを手元にダウンロードして手元のコンピュータにインストールして利用する形態です。 後者の方式を以て一般には サブスクリプション(制[度]・契約) と呼ばれ、其の代表がマイクロソフト社の Office 365 であるでしょう。 そして同じくサブスクリプション制の採用が話題となり、 本記事タイトルにあるように実際に契約、利用してみた Photoshop写真業界向けプログラム はアドビ(Adobe)社の提供するクラウド型のプロプライエタリ・ソフトウェアになります。

デザイン業務には必須のアドビ社ソフトウェア

"Photoshop写真業界向けプログラムを契約してみた" の続きを読む

企業向けDropbox for Teams発表とiCloudの宿縁

オンラインストレージの魁、クラウドの代表的サービスとして 本ブログ及び姉妹ブログでも数度に渡り取り上げたのが Dropbox です。

HamaZoランクチェック!Blog

ホームページ作成浜松Tips

スマートフォンやタブレット型端末が普及するに連れ、 その有用性が理解され始め、知名度を高めたそのサービスを提供する同社が 従来は弱いとされていた企業向けに新しく提供すると今回発表したのが…

"企業向けDropbox for Teams発表とiCloudの宿縁" の続きを読む

iCloud(アイクラウド)とは?パソコンから自由になるiPad

iCloudロゴ、アップル公式サイトから 2011年10月6日、 アップル社の創立者 スティーブ・ジョブズ 氏が逝去されました。 謹んでお悔やみを申し上げます。 (ジョブズ氏についてご存知のない方は2011年9月26日記事 決定版!評伝スティーブ・ジョブズ予約開始 に有る程度記してありますのでご参照下さい。) ジョン・レノン 氏で同時代のヒーローの死に初めて直面しましたが、 アイルトン・セナ 氏にも、そして今回のジョブズ氏にも衝撃的であることは勿論、 それは惜しんでも有り余る可能性を残すものなのでしょうね。

昨日2011年10月5日に本ブログの稿として起こしました アップル社のiPhone4S発表と検索キーワード「あppぇ」 に記した通り、 iPhone4S 及び、 iOS5iCloud(アイクラウド) は遂に氏の置き土産となってしまいました。 氏は吾人に何を残してくれたのでしょう。 "iCloud(アイクラウド)とは?パソコンから自由になるiPad" の続きを読む

自社ホームページの見え方の監視サービス~Keynote Systems

監視カメライメージ インターネットで光やADSL、CATVなどブロードバンドの仕組みが広がる 所謂ナローバンド、即ちアナログモデムやISDN回線の時代は 画面に写真一つが表示されるにしても、 それこそジリ…ジリ…と僅かずつ表示されるのを待たされたものでした。 その時代には画像を軽くしたり、 ホームページの記述言語であるHTMLの書き方を工夫する必要がありました。 しかしブロードバンドの時代に移ってからは そのような努力は地道だからこそか、あまり聞く事もなくなりました。 このまま運営、提供側は工夫することなく ホームページのデータを肥大させていって良いかと言えば、 どうもそうは問屋が卸してはくれないようです。

今ではブログでも動画を貼ることは珍しくなくなりました。 インターネットサービスは動画に代表されるリッチなコンテンツで 私達を便利にしたり楽しませたりしてくれるようになりましたが、 その裏では非同期に大量のデータが遣り取りされています。 これに悲鳴を上げだしたのが携帯キャリアであり、 2011年8月16日には本ブログでも auの300万パケット制限とWiMAXのポリシー という記事で話題にしました。 これは本年2011年がスマートフォン元年であると言われるように、 スマートフォンの普及が大幅な増大をしたことに因ります。 携帯キャリアがスマートフォンのパソコン並みのデータの遣り取りに 自前ネットワークがパンクし掛けているということになります。 このようなパンク寸前の回線を通してホームページ利用者に見て貰う状況では 提供する側としても油断はしていられない事態となります。 余りに表示状況が悪ければ一旦ブロードバンドの速やかな表示に馴れた利用者は 許してくれず自社サイト離れを招くからです。 そこで登場するのが…

"自社ホームページの見え方の監視サービス~Keynote Systems" の続きを読む

Evernote越え日本製クラウドノートKYBER(カイバー)

クラウドサービスの代表的なものにしばしば本ブログでも取り上げる Dropbox(ドロップボックス) が有りますがそれと並ぶほど知名度を得ているサービスに Evernote(エバーノート) があります。 記録はデジタルデータでもアナログデータでも何でもかんでもクラウドに放り込んでおけばOK! 後から検索して簡単に見つけ出すことが出来ます! と言うシンプルなコンセプトが受け大いに流行ったのですが、 このところ誤解を恐れず言えば少々失速気味であるようです。

日本製クラウドノートO-RID KYBER(オーリッドカイバー) Evernote が大いに受けたのは手書きのメモでもスキャンして クラウドに放り込めばデジタルデータで検索可能になる、と言う機能でした。 これには OCR(オーシーアール:Optical Character Reader) と呼ばれる技術が使われています。 手書きのパターンから文字を判別しデジタルデータに置き換える技術です。 このOCR技術のエキスパートである創立者が独立して2001年に設立したのが 株式会社オーリッド であり、このOCR技術を肝に開発されたのが、 本記事で取り上げるEvernote越えクラウドサービスとの呼び声も高い…

"Evernote越え日本製クラウドノートKYBER(カイバー)" の続きを読む

オンラインストレージが不安な人も安心の iTwin

世は クラウド 真っ盛り、クラウドを名前、若しくは機能に含まねば Webサービスにあらずと言った感じです。 中にもクラウド中のクラウドたるのが オンラインストレージサービス (ハードディスクのように保存出来るインターネット上のサービス)です。 本ブログにも2011年8月4日の記事 クラウドの費用対効果

  • Dropbox
  • Sugarsync
  • Bizシンプルディスク
など上げてありますがこれらは孰れもオンラインストレージたる所以、 インターネット上にファイルが存在し、 ID、パスワードが知られれば誰でもアクセス可能になってしまいます。

そんなオンラインストレージでは不安を感じるが…

"オンラインストレージが不安な人も安心の iTwin" の続きを読む

クラウドに、タブレットPCに、頑張れSONY

かつて SONY(ソニー) と言えば技術のソニーとして並び立つもののない世界に冠たる日本企業として、 トランジスタラジオからトリニトロンテレビ、ウォークマンと 世界に発信されたヒット商品も多く擁し、 多くの後発の企業から目標にされたものです。

ところが最近は凋落の傾向とそれを示す情報が多く、 例えば なぜアップルの時価総額はソニーの8倍になったのか? ―『会社四季報』で読み解くビジネス数字の秘密 などと言う書籍も販売されています。 対比されるアップルはその昔、ソニーを目標とする一企業でもありました。 勿論アップルは2011年の今や まもなく「米国で最も時価総額の高い会社」になろうとしているアッップル (中島聡氏ブログ Life is beautiful 2011年8月9日記事) という企業ですから比較の対象にするには少し酷かも知れません。 (中島氏のブログ記事中にもソニーとの対比される内容が含まれますね。)

"クラウドに、タブレットPCに、頑張れSONY" の続きを読む

富士ゼロックスがクラウド利用のSkyDeskサービス提供開始

雲を掴むような話と言われ続けた クラウド も愈々その効用が凄まじいことが認知され始めると ビジネス適用が活発になってきました。 この秋登場が予告される絶好調アップル社の iCloud などその最たる例でしょう。 そしてここにまた富士ゼロックスも本格参戦の狼煙を上げたようです。

富士ゼロックスの新サービスの名称は SkyDesk 中小規模の企業、組織、コミュニティーに向けた 無料のクラウド型ビジネスコミュニケーションサービスで、 2011年8月23日現在登録すれば直ぐにでも利用可能な状態です。 当該社のプレスリリース SMB市場に向けたビジネスコミュニケーション支援
サービスを無償で提供開始
によればアジア太平洋地域に先駆け日本で先行提供されると言うことですか、 初期からかなり大きな展開を目指しているのでしょう。

富士ゼロックスのクラウド新サービスSkyDeskトップページ 提供される機能は コラボレーション領域 では

  1. Mail(E-Mail統合管理)
  2. Contacts(連絡先管理)
  3. Chat(オンラインチャット)
  4. Calendar(スケジュール管理)
  5. Tasks(簡易プロジェクト管理)
  6. Docs(オンライン文書共有管理)
  7. Writer(オンライン文書作成)
  8. Sheet(オンライン表計算シート)
  9. Show(オンラインプレゼンテーション)
  10. Notes(オンラインメモ帳)
  11. Links(オンラインリンク管理)
また セールス領域 では
  1. CRM(顧客管理)
  2. Cards(名刺管理)
とされています。

セールス領域の色濃いビジネス的な要素は 中小規模向けにはなかなかなかったように思いますが、 コラボレーション領域のような基本的な機能は 既に多くの企業から提供されており、 本ブログにてもカテゴリー立てる Google Apps などは遥か先を行っていると言わざるを得ないでしょう。 此れ等に対しどれだけ先行者を研究し適用しているか、 そして何処迄独自色を出せるか、など 後発としての強みを活かせているかが問われるこれからの展開になるのではないでしょうか。

経営意思決定にもクラウド化の波

経営意思決定にもクラウド化の波:プランニングツールのクラウド化イメージ画像 クラウド と言えば矢張りその代表的なオンラインストレージ( もっともクラウドらしいサービス、Webストレージ 2010年10月10日記事参照)が、 次には

  1. SaaS:メールや画像編集などサービスを提供するクラウド
  2. PaaS:メールや画像編集などインターネットサービスを構築するためのクラウド
  3. IaaS:全てを自らがコントロールできるクラウド
と様々な形態のクラウドが思い浮かびます。 実はクラウドそのもののように見える オンラインストレージもメールや画像編集などと同じサービスの一つです。 従来基幹システム上にあったものやローカルパソコン上にあったサービスが 次々と大きく分けて上の三つの形態のクラウド上に移行し始めています。 そして今回テックターゲットジャパンの2011年7月22日のニュース クラウドサービスが登場し始めたプランニングツールの最新動向 のタイトルからも分かる様に 経営意思決定ツールもクラウド上に乗り始めました。

"経営意思決定にもクラウド化の波" の続きを読む

クラウドの費用対効果

雲すずみ 言葉としてかなり一般的になると同時に営業的にも使用される感が多くなって来た クラウド です。( クラウドって何? :2010年9月17日記事参照) クラウドではその成り立ち上、最も基本的なサービスとして成立するのが Webストレージ であると考え2010年10月10日に記事 もっともクラウドらしいサービス、Webストレージ にもしました。 同記事中には代表的サービスとして

  • Dropbox
  • Sugarsync
を上げていますが、 今やこれとは別に様々なクラウドWebストレージサービスが提供されるようになりました。 2011年8月4日にもインプレスクラウドWatchのニュースとして NTT Com、堅牢性99.9999999999%のクラウドストレージ「Bizシンプルディスク」 が掲載され、NTT Comから新サービスが提供開始されたことを報じてくれています。

"クラウドの費用対効果" の続きを読む