クラウドコンピューティングのカテゴリー化

Google及びAmazonに夙に知られるクラウドコンピューティングも、 当ブログでは2009年3月14日のアーティクル マイクロソフトクラウドサービス と業界の巨人も参入を果たし、 本邦にても今春、経済産業省肝入りの J-SaaS が登場せば、 一方、クラウドコンピューティングの雄たるも一般にはもうひとつ知名度が高くはない様に感じられる セールスフォース・ドットコムについて、 @IT情報マネージメントは2009年4月14日に垣内郁栄氏に依り報じられる Lotus Notesアプリケーションを再構築
ローソン、セールスフォース「Force.com」に移行
なる記事が、ローソンと云う一般の方への馴染みのあるコンビニエンスストア大手の利用に依って、 其の底力を示すことのなるかに思います。
記事中ローソン常務執行役員CIOの横溝陽一氏の言を引用させていただけば、
 “マチのコンシェルジュ”として、お客様に選ばれるローソンになるためには、マーケットの変化、消費者ニーズの変化に、柔軟かつスピーディに対応することが不可欠。
 そのうえで、「この経営課題に対応するためには、1ベンダーですべてのシステムを構築する従来のオンプレミス型のシステムでは時代遅れと言わざるを得ない。世の中は、さまざまなところで磨かれたアイデアを柔軟に組み合わせることができる、Force.comのようなクラウドコンピューティングに、確実にシフトしている。
たるがユーザーサイドの視点で語られるが故に重みを感じさせられます。

此れ等を受け、当ブログでも、 クラウドコンピューティング カテゴリーを新設することに致し、 今関連すると思われるアーティクルを当該カテゴリー下に収めて見れば、 本アーティクルを合わせ17と、今更乍此の身にしては驚くべきアーティクルを為していたのだと感慨深く、 又、其の親亀たる55を数えたITカテゴリーもダイエットを図り、50へと少々乍スリム化の為った次第。

ノートPC電源的アプローチGoogleサーバー

オープンの雰囲気を漂わせ乍、 なかなかに其の内実を垣間見せることも無きGoogleの、 運用サーバーについて、其の特徴的なるがモジュール毎に電源を備えることにあるとは、 CNET Japanに2009年4月5日に掲載されたはStephen Shankland氏(CNET News.com)の文責にて、 翻訳校正は川村インターナショナルなる記事 グーグル、自社設計のサーバを初公開--データセンターに見る効率化へのこだわり により得られる知見です。

Googleのサーバーと聴けば伝説の、 当ブログ2008年3月22日アーティクル 未踏シリコンバレーツアー2008 にも取り上げた古川氏ブログのシリコンバレーでの一日なる2008年3月18日の記事 にはGoogle社内を逍遥しつつある処、
眼に飛び込んできた、サーバーラックがグーグルが初めてインターネット上で検索サービスを提供した自作のサーバー...現代の1Uに収まるブレードサーバーなど無い時代なので、パソコンのマザーボードの下にコルク版を張ってショートしないように高密度実装、ボードの隙間にねじ止めもしていないハードディスクがゴロリと基盤の上に転がってラックに挿入されているものだから、マザーボードが全て反り返って凹んで見えるという実装方法...学生さんや個人が実験として使うには良いにしてもIT企業のマシンルームであれば、あり得ないって話であります。ところが、その日の夕方コンピュータ・ヒストリカル・ミュージアムへ行ってみれば、グーグルから寄贈されたこのサーバーのラック1本分が、ENIAC、IBM System360、VAX11/780やCray 1に混じって「歴史を創ったコンピュータの1台」として、ちゃんと展示されていたのに驚きでありました。
と語られる脇にはコンピュータ・ヒストリカル・ミュージアムでの氏撮影の件の物件の写真も掲載され居りますれば、 興味ある方はご参照の程を。 "ノートPC電源的アプローチGoogleサーバー" の続きを読む

マイクロソフトクラウドサービス

此の四月にサービス提供の開始される予定のマイクロソフトの クラウドコンピューティング型サービスについて、 IT系ニュース提供の3サイトが揃い、 同サービスのベータ版無償提供開始の2009年3月10日に併せ掲載の記事が の三記事にてあります。

先ずは日経BPよりから引用するに
同社がソフトウエアとして提供する製品の機能を、オンラインサービスとしてクラウド上に移行したものだ。
とあり、ZDNetJapanからは
既に自社内のシステムで展開しているActive Directoryを同期して利用することが可能だ。
とされ、またITmediaNewsからは
同社インフォーメーションワーカービジネス本部の横井伸好本部長は「選択肢の提供がマイクロソフトの使命。ソフトウェアとサービス、2つの選択肢を提供するのがポイントだ」と話す。
と、纏めて丸めて考えれば同社プロプライエタリ体制のオンライン化とて、 孰れにせよ自社サービス利用者への他サービスへの流出を防ぐと云う感が否めない、 と考えるは穿ちが過ぎるでしょうか。 仮想サーバーの普及と効率化にシンクライアント化、 ブロードバンドも充分な帯域を確保のインフラと併せ、 最早クラウドコンピューティングは避けられ得ぬ流れに、 遂に巨人マイクロソフトも棹差し立ち回るより他罷りならぬ状況と相成った様です。 "マイクロソフトクラウドサービス" の続きを読む

GFSオープンソースクローン/Hadoop&hBase

2008年4月30日より開始さるが太田一樹氏に依る タイトルに狙い其の物も明らかな Google基盤ソフトウェアのオープンソースクローンを使ってみる の第1回に言及されるが実運用以前の纏めたる Hadoop、hBaseで構築する大規模分散データ処理システム なれば、全体俯瞰の上での理解に役立ち、 クラウドコンピューティング華やかなりし当世 、システム構築の際の企画、戦略を担う御仁には有用なる記事と思われます。 "GFSオープンソースクローン/Hadoop&hBase" の続きを読む

Gartner予測再び/クラウドアプリ成熟迄七年

2008年は6月8日が当ブログのアーティクル Gartner予測の今後5年間に普及する革新的技術 に取り上げた内に上げらる10の予測の一つなるが4番目の Cloud computing and cloud/Web platforms は就中、当ブログでも最も取り上げること多き事項なるが 当ブログをクラウドコンピューティングで検索 にもご覧が通りなれば、其の提供知見となれば気になる折りしも、 Gartner社に依る2009年2月2日のプレスリリース Gartner Says Cloud Application Infrastructure Technologies Need Seven Years to Mature で取り上げられること、当該事項の行く末が続編なれど、 本邦吾人には残念乍意に解し難い英語にて、 当プレスリリースを受けて大意を日本語に纏めてくれているが ITproの明くる2009年2月3日のニュース記事 クラウド・アプリ技術は成熟まで7年を要する---Gartnerが予測 を有り難くも拝読するに、 今後3段階に登場のクラウド・コンピューティング市場なるは
  1. 第1フェーズ(2007~2011年):
    市場の発展段階
    Pioneers and Trailblazers
  2. 第2フェーズ(2010~2013年):
    市場統合の段階
    Market Consolidation
  3. 第3フェーズ(2012~2015年以降):
    クラウド・コンピューティングがコモディティ化
    Mainstream Critical Mass and Commoditization
と分析され、今は第1フェーズの渦中なるもやがてコモディティ化が進むとなれば、 ネットブック利用の此の身 には利用端末の無粋なHDDも備えぬ正しくシンクライアントとなりて、 益々有り難い世となり気な傾向が窺え、 扠もクラウドコンピューティングの寵児たるベンチャーの出哉否哉、 甚だ楽しみな予言ではあります。

クラウドコンピューティングの費用対効果

ビジネスに用いるとなれば其の費用対効果を考えるは常なれば、 当ブログにも屡登場のキーワード クラウドコンピューティング が愈々世に普及し、キャズムを乗り越え、 立派にビジネスツールとして活用されるに当たり、 当該考察は欠かせぬ要素に考えます。

当ブログにてクラウドコンピューティングの雄として度々紹介はアマゾンのサービス Amazon EC2 及び Amazon S3 の其の主要たるは以下 に纏め置くを、以上は其の機能や技術動向に傾いたアーティクルにて、 実使用例も紹介するも詳細な経費を考えた内容ではなきが画餅なる折りしも目にするは @ITの2009年1月9日の西村賢氏の文責に依る記事 クラウド型ストレージ「Amazon S3」は安いか? にて、其の廉不廉に対する是非共に言及すれば、 両方の言い分を検討し自己に活かすに有益なる様に考えます。

其の不廉なるを主張する Does Amazon S3 really save money? にて
1GB当たり1カ月で0.15ドルと聞くと安いようにも思えるが、1TBの月額は150ドル、2年にすると3600ドル(1ドル92円として約33万円)にもなる。しかも転送量に応じた課金もあるため、実際にはこれ以上になる。今や1TBのドライブ単価は1万円を割っていて、2年で3600ドルとは比較にもならない。「クラウドでコスト削減」というのはお題目でしかなく、ちっとも安くないじゃないか
と具体的数値を上げ論じられるが先ずひとつ、 不廉なる二つ目がテックバイザージェイピー栗原潔氏による2009年1月8日の クラウドコンピューティングは安上がりではない なるブログエントリにて、
栗原氏は計算で、単価の高いエンタープライズ・ストレージを想定している。さらに、TCOに占めるハードウェア価格は30%という経験則から逆算し、単なるハードウェア価格だけでなく保有コストを算出、オンプレミス型での1TB当たりのストレージ単価を60万円と概算している。これを5年で償却するとすれば月額1万円となる。つまり割高なエンタープライズレベルの製品を使い、運用コストまで含めても、まだAmazon S3より割安だという。
と参照言及されています。

対する廉論を展開するは 写真共有サービスSmugMugのCEO ドン・マカスキル(Don MacAskill)氏 なれば@ITの紹介記事に纏められるが
  1. データの冗長構成について
    Amazonは地理的に離れた最低2つのデータセンターにまたがって3重の冗長度でデータを保持
  2. 時間による容量単価下落の影響
    ドライブの容量単価が年々下がるにつれて課金が下がっていくと期待できる
と共に利用者が自社で同様の機能を有する場合のコストを鑑みた場合、 アマゾンサービスに軍配が上がると云う論旨、 此れを受け西村氏は
容量設計が不要でスケールアップが容易という点も、クラウドのような従量課金サービスのメリットだ。特にスケールアップペースが読みづらく、しかも会社の規模の割に桁違いに大きな容量を扱うWeb系ベンチャーではそうだろう。
とし、更にシステム障害、物理的距離の問題をも考察に入れ纏められれば、 ITサービス提供に当該サービスを検討する際には有用な情報が齎される様に思います。

アマゾンクラウドサービス

当ブログでも2008年9月14日に取り上げた Webストレージサービス/アマゾンS3 がアーティクルのアマゾンのクラウドコンピューティングについての知見が bpspecial ITマネジメント の栗原潔氏の手になる連載コラム 「あと一歩」の差を付けるリーディングエッジ の第14回は2008年10月8日公開の記事 アマゾンが着々と進める「クラウド戦略」の「真の凄さ」 に掲載されているより引用させていただけば
米国の新興企業には、まず、S3とEC2で社内のアプリケーション基盤を構築するケースが増えているようだ。基盤を迅速に立ち上げることができ、初期設備投資が少なくて済み、運用要員が最小限で済み、将来の業務拡大にも十分に対応できるからだ。まさに、ベンチャー企業には最適なサービスと言えるだろう。
とあるのは米国に限らず当ブログは2008年8月14日のアーティクル クラウド・コンピューティングの実使用例 でもご紹介の通りブログ Life is beautiful を屡参照させていただく中島聡氏の率いる Big Canvas も巷で好評のiPhone向けデベロッパーとして其の一端を担えば、 中々に本邦も捨てたものではないかに思います。

アマゾン提供のクラウドサービスの本来の頭文字に略称されぬは
  1. S3:Simple Storage Service
  2. EC2:Elastic Compute Cloud
とあるより語彙関連部の引用に
「elastic」とは「弾力性のある」という意味だ。ユーザーが求める処理能力に応じてゴムのように伸び縮みして対応できるというイメージで考えればよいだろう。
とあるこそ、新規立ち上げベンチャーにもお誂え向きである事由の分かろうと云うもの、 最早充分はビジネスボリュームを得るまでは、 自社サーバーを立てるでもなく、ホスティング屋からサーバーを借りることもなく、 クラウドコンピューティングで従量制の賃貸し、 と云う手法が此れからの主流となるのかも知れません。

またアマゾンのクラウドコンピューティングサービスに於いては 頁を繰ること三頁目に項目立てられる アプリケーションのプラットフォーム提供も推進 より引用の
「アマゾンは、Webショップの基本機能(例えばショッピングカートやチェックアウト機能など)を提供するAPI群を、公開している。これが、WebStore by Amazonというサービスだ。ユーザーは月額料金を支払うことで、独自のオンラインショップを迅速に立ち上げて運営することができる。
とあり、レコメンデーション機能を含むアマゾンのシステムを流用できるとなれば、 此処に於いても態々サーバーを契約した上で更にシステム構築の労を取る必要も軽減された上で手に入るが、 件のシステムなれば、ECサイト抔、構築の予定のある方に取り考慮するに如くはないかと存知ます。

まとめとして利用者にとっては当然乍サービスの停止は死活問題であり、 其れを他者に提供するに当たってはアマゾン側の問題ではありますが、 情報セキュリティの三大要素CIA、即ち
  1. Confidentiality:機密性
  2. Integrity:完全性
  3. Availability:可用性
の内でも部外者抔には兎角軽く見られ勝ちな Availability(可用性) が実に重要なコアコンピタンスとなることが提言されています。

愈々評価の高まるDropbox

当ブログの当タイトルに偽り無しは と直接には以前二度程ご紹介の 此れぞクラウドコンピュータの代表的サービスと云ってでも過言では無く思う Dropbox の有用さに紹介される頻度も、其の内容も共に高くある如く感じられるひとつに、 当ブログではお馴染みWEB担当者FORUMの此れは編集部の手になる2008年12月3日の記事 かゆいところに手が届くオンラインストレージDropbox登場/Web担被リンク数増加ランキング11/26-12/02 で紹介されるは対象期間を2008年11月26日の2008年12月02日に取れば被リンクの最も増加した、 即ち注目度の頗る高く推定される其の記事こそ2008年11月13日の田口和裕氏の文責になる Dropbox徹底解剖 - 一度使ったら手放せなくなる! オンラインストレージサービスの本命 なれ、当アーティクルをものする此の身に取っても、 最早手放せなくなったツールなれば、 当記事は使い込むと思うは独り善がりの判明すべく、 更に新たな知見を与えてくれる内容になっています。

先ずはお定まりのインストールなれば此処は既に導入済みなれば斜め読み、 頁を繰れば 便利機能の
  1. Webインターフェイス
  2. 削除したファイルの救出
  3. リビジョン管理
  4. パブリックフォルダ
  5. フォトフォルダ
  6. シェアフォルダ
  7. その他
にて2.3.6.抔は其の名称から初期より機能の推し量れたものの、 4.が使用できるとなると、更に有用性の高まるのは必然の、 今の今迄知らずにいたは迂闊、 即ち大きなデータの送信にメール添付の必要も無く、 URLのみ指定すれば目的は達せらるが判明すると共に、 其の名称なる パブリックフォルダシェアフォルダ との差異も、 併せ概念の重なる如く曖昧模糊たるものであった フォトフォルダ と同時に明瞭に腑に落ちた訳です。

扠も就中、新たに得られた知見の最たるは
ただし、90日間ファイルの変化がないと、サーバー上のファイルはすべて削除されてしまうので注意が必要だ(有償アカウントは削除されない)。
(※Web担編注 2008/11/17修正)ただし、Dropboxサーバにクライアントソフトからのアクセスが90日間途絶えるなどの形でアカウントが非アクティブな状態になると、サーバ上のファイルが削除されてしまうので注意が必要だ(有償アカウントは削除されない)。
との修正さる情報さえ知らぬ許りなれば、 其の修正情報は重ね用立つ此の身の、 然れど今は90日処か3日と置かぬアクセスの間の杞憂に過ぎぬ知見でもありました。

仮想化とクラウドコンピューティング

何やら ヴイエムウェア と表記されると馴染み無き疎外感の、 VMware とされれば即ち例の仮想化のとすぐさま結び付くのも不思議の感ある ZDNET Japanの藤本京子氏文責の2008年11月17日の記事 「大企業はより効率のいい仮想化運用を、中小企業にはクラウドを」、ヴイエムウェアの戦略 では仮想化の雄 ヴイエムウェアの2008年11月14日の日本国内における戦略について説明会の催されるが報告され、 同社代表取締役社長の三木泰雄氏の言説が掲載されています。
ヴイエムウェアが本邦にて注力すると三木氏の主張する以下三点の
  1. 市場のニーズにあわせたタイムリーなソリューション提供
  2. パートナーとの連携の強化
  3. 技術者の育成
でも注目したい事項は最初の項目にて引用させていただけば
三木氏が言う「市場のニーズにあわせる」とは、主に企業規模に応じた対応をすることだ。まず大企業の顧客は「すでに部門レベルで仮想化技術を導入している企業が多い」と三木氏。
(ry)
中堅・中小企業では、仮想化の知識を持つ技術者が不足していることもあり、「自社で仮想化を導入するよりは、クラウドサービスでの利用を望む声が高い」と三木氏は言う。
とあれば当ブログ2008年5月28日のアーティクル 仮想化のIT業界に与えるインパクト でも取り上げた如くインフラを効率的に扱い得れば仮想化は、 恐らくクラウドコンピューティングとは切っても切れぬ中なのは容易に予想の付き、 当該社にはクラウドサービスの普及に一役かっていただければ、 尚更インターネットの利便性の上がるに付け奮起を促したいと思います。

当ブログに於きましても 抔は夙に関心を抱きし一連のサービス群の、 閲覧者の参考に成る哉はいざ知らず、 ホームページ作成浜松Tips:クラウド に表示さる一連の記事群に書き留めおけますれば、 興味と時間のある方はご参照の程を。

dropboxと正当な対価の必要性

比嘉氏のブログの2008年10月24日の記事 Web2.0と同様にOSSの無償経済は消滅するのか を拝見、引用させていただけば、
【コラム】 「Web2.0」ビジネスって結局、ぜんぜん儲からないの? | エキサイトニュース
世界の景気後退を受けて、あれほど、もてはやされていたWeb2.0が儲からないという事実が、声高に叫ばれるようになってますね。
IT企業のレイオフも進んでいるようです。
IT企業のレイオフ状況と、「Web2.0型無料経済は消滅」予測 | WIRED VISION
とあり、前者リンク先の記事ではITジャーナリストの佐々木俊尚氏が、 多くのユーザーを集め乍も収益化の出来ない理由を
そもそもWeb2.0の本質は"人と人とをつなぐこと"であり、ユーザー自身がコンテンツでもあるために、ユーザーからは料金を集めづらい。そこで多くのWeb2.0ビジネスは広告収入に頼っていますが、ユーザーが生成するコンテンツは品質が一定でなく、著作権などの問題を抱えているケースも多いため、大企業は参入を避けます。結果的に広告単価が安くなり、収益につながらないという構図ができているんです
と述べられ、 後者リンク先ではジャーナリストのAndrew Keen氏が
無償の労働力やクラウドソーシング(企業などがインターネットを利用して不特定多数の人にアウトソーシングすること)をあてにして事業を継続してきたウェブ企業はショック状態にある
(ry
要するに、誰もが他に定職を持ち、大金を稼いでいるときなら無償で働くことも構わないわけだが、職を失い始めると、人々の金に対する態度が変わり始めるはずだ
と述べられるを見るを鑑みれば、 正当な対価を支払わないことは孰れ自らの首を絞めることになるのは自明の理とは、 他者ならぬ正に此の身のこと。
身につまされるは当ブログは2008年9月20日のアーティクル Webストレージサービス/Dropbox でも言及の実に使えるサービスは Dropbox の既に最早無くてはならないと感じさせるに至り、 その認識は IDEA*IDEAの2008年10月17日の記事 Dropboxで「快適!USBメモリ要らず生活」のススメ でも逆説的に危険と迄称され、 HPを作る人のネタ帳の2008年10月18日の記事 目的別、厳選3つのオンラインストレージの使い分けまとめ でも三つの紹介される内の白眉とされ、 頗る付きで高く評価されていることから、 今や其の高評価たるは多くの利用者に共有されるものであると考えるに、 依然無料サービスの2GBの使用に留まり居れば、 いつかは此の事が自らの首を絞めんものとなれば泣くに泣けぬ上では、 年額99.99USドルは約1万円で50GBの有料サービスは 検討すべき事項であると、そっと懐を探ります。 嗚、49.99USドル/年、25GBのありませば。

比嘉氏もWEB2.0及びOSSについての収益性について、 続く幾つかのエントリーにて考察されるも大いに参考になる処なれど、 管見にて凡そメディア論なるを紐解けば一般的常識に過ぎぬかも知れぬを顧みず此処に述べれば、 孰れテレビとて其の依って立つは煎じ詰めて見れば実は広告費のみ、 インターネット、Webとてメディア為る埒より外へは逃れ得ないのかも知れません。