仮想化とクラウドコンピューティング

何やら ヴイエムウェア と表記されると馴染み無き疎外感の、 VMware とされれば即ち例の仮想化のとすぐさま結び付くのも不思議の感ある ZDNET Japanの藤本京子氏文責の2008年11月17日の記事 「大企業はより効率のいい仮想化運用を、中小企業にはクラウドを」、ヴイエムウェアの戦略 では仮想化の雄 ヴイエムウェアの2008年11月14日の日本国内における戦略について説明会の催されるが報告され、 同社代表取締役社長の三木泰雄氏の言説が掲載されています。
ヴイエムウェアが本邦にて注力すると三木氏の主張する以下三点の
  1. 市場のニーズにあわせたタイムリーなソリューション提供
  2. パートナーとの連携の強化
  3. 技術者の育成
でも注目したい事項は最初の項目にて引用させていただけば
三木氏が言う「市場のニーズにあわせる」とは、主に企業規模に応じた対応をすることだ。まず大企業の顧客は「すでに部門レベルで仮想化技術を導入している企業が多い」と三木氏。
(ry)
中堅・中小企業では、仮想化の知識を持つ技術者が不足していることもあり、「自社で仮想化を導入するよりは、クラウドサービスでの利用を望む声が高い」と三木氏は言う。
とあれば当ブログ2008年5月28日のアーティクル 仮想化のIT業界に与えるインパクト でも取り上げた如くインフラを効率的に扱い得れば仮想化は、 恐らくクラウドコンピューティングとは切っても切れぬ中なのは容易に予想の付き、 当該社にはクラウドサービスの普及に一役かっていただければ、 尚更インターネットの利便性の上がるに付け奮起を促したいと思います。

当ブログに於きましても 抔は夙に関心を抱きし一連のサービス群の、 閲覧者の参考に成る哉はいざ知らず、 ホームページ作成浜松Tips:クラウド に表示さる一連の記事群に書き留めおけますれば、 興味と時間のある方はご参照の程を。
スポンサーリンク

「仮想化とクラウドコンピューティング」への1件のフィードバック

  1. クラウドコンピューティングの費用対効果

    ビジネスに用いるとなれば其の費用対効果を考えるは常なれば、当ブログにも屡登場のキーワードクラウドコンピューティングが愈々世に普及し、キャズムを乗り越え、立派にビジネスツールとして活用されるに当たり、当該考察は欠かせぬ要素に考えます。当ブログにてクラウドコ

コメントは受け付けていません。