虹色に輝くブログタイトル8(標準設定)

扠も又もや当タイトルはお馴染みギミックの七色に変化するが機能を発揮すべく、 前回の2008年12月29日にブログタイトル七色変化実装のアーティクル 虹色に輝くブログタイトル7 の投稿より20記事の投稿を重ねるに因り、次頁へ退去の時期とあり前例に倣えば、 当記事の投稿にて本アーティクルがトップ頁に表示さる間は 当ブログのタイトルがトップ頁表示と同時に虹色擬きに変化し始める 様にする手筈を、此れだけ回を重ねれば既にデフォルトも同様とて、 当機能を各アーティクルにではなく、 ブログ自体のテンプレートに適用し、 虹色変化ブログタイトルを新標準に設定するは、 有り体に云えば新機能の発想の枯れるや否や。

斯くして愈々当ブログの顔となりしがレインボータイトルは jQueryと共に利用のフォント色を変更するアニメーション用プラグイン Release:jQuery 1.2/Effects にて提供の jquery.color.js の機能を利用した上で赤、青、桃色、紫、空色、緑、黄色、と任意勝手に 虹色 と称し、更には只今のブログテンプレートのデザイン テンプレート変更『梅の花(3カラム)』 が背景及び雰囲気に合わせに、最終色を新春を感じさせる萌え出ずる若草色へと変更し、 必要な設定を施して動作させている本タイトルの虹色に輝くブログタイトルになります。

此れに因り従来「次のページ」へをクリックして頁遷移すれば一連のアーティクル レインボータイトル が在るに依りタイトル七色変化機能を保つも、 爾後其の必要もなく、 又、以前からのお馴染みにはご存知一連の ブログタイトルズームアップ アーティクルの存在に因るタイトル拡大機能は 当該アーティクルを含むページにのみ適用されれば、 此れを漏らさぬ様、テンプレートなる
  1. トップページ:
  2. 個別記事:
  3. アーカイブ:
にて夫々20アーティクルを表示するべく設定するも、 兼ねて閲覧環境を考慮すれば削減したく思う処、 上記束縛より解き放たれたる当件を潮に10ファイルの表示へと変更いたしました。 "虹色に輝くブログタイトル8(標準設定)" の続きを読む

Show More Not Icon(しょーもなっアイコン)

目出度き新年は第一のアーティクルに恥ずかし乍提供するは 屡利用したる当ブログ謹製アイコンの其の名も Show More Not Icon を 日本語で発音すれば しょーもなっアイコン たるが下なる、 先ずはバージョン1としての十箇。
  • バス イメージ:ギュウギュウ詰めの乗り合いバス
  • ブログRSS イメージ:RSSマークに鉛筆
  • イメージ:古色豊かな革製ハードカバーの書籍
  • ビルヂング イメージ:全面ガラス張りの近代的ビルディング…?
  • フィルム イメージ:艶を帯びたる黒い一反木綿の撓む様
  • ラジオ イメージ:チューニングをしっかり合わせましょう
  • イメージ:キーワード、キーパースン、キーポイントなど
  • 虫眼鏡 イメージ:検索エンジン系に必須
  • ノートパソコン イメージ:最近話題のネットブックもカバー
  • トマトベリー イメージ:トマトベリーアーティクル参照
本アイコン集の特徴たるは16×16のサイズと小さめに収め、 透過処理は叶えども、アルファ指定はならないGIFフォーマットにて、 多少古めの規格のブラウザにも、 背景色を様々変じた上にも適用可能な点にあるかと奉存知候。
著作権に於いては放棄する訳では無いものの、 お取扱いは各々方がご自由にて、 是非己がブログに活用したい抔と云うご奇特な方の居られれば、 各自勝手に取り置かれ、ご利用いただければと思います。

此れはバージョン1、 ならばバージョン2はあるかと問えば、 只今当ブログにて利用は二十にひとつ足らない十九箇なれば、 あとひとつでとおが揃うではないか、 とは申せども、 扠も扠もバージョン2以降があるかどうかはこの先まだまだ不明にて失礼。

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャとは Wikipedia:プロジェクトマネージャ に依れば
プロジェクトマネージャは、プロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を持つ職能あるいは職務。
とあり、別に項目立てらる IPA:情報処理技術者試験 の一区分としての資格については Wikipedia:プロジェクトマネージャ試験 があり、概要を引用すれば
この試験が対象とするのは、システム開発計画を円滑に運営する責任者、いわゆる(役割としての)プロジェクトマネージャである。合格率は例年6~8%程度と低い。この区分は高度情報処理技術者試験に分類されている。

1995年の情報処理試験の大規模改定期に導入された。2000年までは受験に年齢制限(受験する年の4月1日時点で満27歳以上であること)があり、さらに受験に際し業務経歴書の提出を行う必要があった。ただし2001年に行われた情報処理技術者試験の大規模改訂で、年齢や業務経歴書の提出といった必要事項は廃止されている。

平成21年度春期から施行される新試験では試験範囲や出題形式が変更されるが、試験区分としては存続する。
となり、ご本家の当該説明頁 情報処理技術者試験センター:プロジェクトマネージャ試験(PM)[Project Manager Examination] では、対象者像として
情報システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画の作成、要員などプロジェクト遂行に必要な資源の調達、プロジェクト体制の確立及び予算・納期・品質などの管理を行い、プロジェクトを円滑に運営する者
が引用され、 Wikipedia:情報処理技術者試験 を閲すれば全般的な当試験の位置付けに
情報処理技術者試験は、経済産業省が、情報処理の促進に関する法律(昭和45年法律第90号)第7条の規定に基づき、情報処理に関する業務を行う者の技術の向上に資するため、情報処理に関して必要な知識及び技能について行う国家試験である。情報処理技術者試験の試験事務は、独立行政法人情報処理推進機構が行う。

国家試験ではあるものの、合格者に資格が与えられる資格試験であるかについてははっきりしない。経済産業省はこの試験を能力認定試験と位置付けているほか、資格試験であるかの議論に意義はないとしている。一方で厚生労働省は資格と位置付けている。中央省庁以外では、資格という表現を用いた記事などが広く見られる。

いずれにせよ、業務独占資格や名称独占資格のようなものではないため、合格者でなければできない業務はない。
とあれば、なかなか資格と称すか試験合格者と称すか判然せぬ処で、 蓋然、プロジェクトマネージャは職域を示し、 IPAの試験名でもあり、 試験合格者も資格保有者として プロジェクトマネージャ を名乗ることも通例なれば、 今秋、当試験に合格しましたので、 当ブログプロフィールにもプロジェクトマネージャと記し、 此れにて高度情報処理技術者となればITサービス提供時品質を担保出来、 先ずは当該関係者として最低限の条件を備え得たものと考えます。

虹色に輝くブログタイトル7

扠も又もや当タイトルはお馴染みギミックの七色に変化するが機能を発揮すべく、 前回の2008年11月20日にブログタイトル七色変化実装の記事は 七色に輝くブログタイトル6 投稿より20記事の投稿を重ねるに因り、次頁へ退去の時期とあっての当記事の投稿にて、 本アーティクルがトップ頁に表示さる間は 当ブログのタイトルがトップ頁表示と同時に虹色擬きに変化し始める 筈です。

jQueryと共に利用のフォント色を変更するアニメーション用プラグインは Release:jQuery 1.2/Effects にて提供の jquery.color.js を利用すれば先ずは単純にブロック内の変化を促すべく » Run ボタンを押下いただいた上で反応を見ていただき、
更には » Run2 押下でタイトルへの変化の適用をご覧いただけるべく配置しおります。 此の機能を利用した上で赤、青、桃色、紫、空色、緑、黄色、と任意勝手に 虹色 と称し、必要な設定を施して動作させている本タイトルの虹色に輝くブログタイトルになります。

又、「次のページ」へをクリックして頁遷移しても一連のアーティクル レインボータイトル が在るに依りタイトル七色変化機能は失われること無く、 又、当機能の切れる其の先には一連の ブログタイトルズームアップ アーティクルの存在すれば即ち、以前からのお馴染みにはご存知、 タイトル拡大機能が当該者へのお慰みの一助になれるかに心得ます。

先日は2008年文化の日の六代目へのテンプレート変更のアーティクル テンプレート変更『クリスマス7(3カラム)』 にて背景画像とブログタイトルの位置関係もあればDescriptionとの表示位置をば此れ逆転、 個別ページに於いては勿論トップ頁にては第一番目のアーティクルではスクロールの必要も無く、 一瞥にて目にお留めいただくべく配置致し候。 "虹色に輝くブログタイトル7" の続きを読む

虹色に輝くブログタイトル6

己のブログを開くに通常とは異なる何やら違和感の、 気づいて見ればすっかり失念は当タイトルお馴染みのギミックの 虹色変化するタイトルが機能の発揮されぬを トップページは一日其の儘に過ごした上での本日の昨日の、 頻繁に当ブログにお通いいただく皆様にも感ぜせしめたかも知れぬは申し訳なくも、 此れもブログ全体ではなく アーティクル単体に実装する 故のハプニングとお楽しみいただければ幸いに存知ます、 前回の2008年10月15日にブログタイトル七色変化実装の記事は 七色に輝くブログタイトル5 投稿より20記事の投稿を重ねるに因り、次頁へ退去の時期とあっての当記事の投稿にて、 昨日と異なり一昨日とは同じく、本アーティクルがトップ頁に表示さる間は 当ブログのタイトルがトップ頁表示と同時に七色に変化し始める 筈です。

又、「次のページ」へをクリックして頁遷移しても一連のアーティクル レインボータイトル が在るに依りタイトル七色変化機能は失われること無く、 又、当機能の切れる其の先には一連の ブログタイトルズームアップ アーティクルの存在すれば即ち、以前からのお馴染みにはご存知、 タイトル拡大機能が当該者へのお慰みの一助になれるかに心得ます。

当機能にて 虹色 と称すは現在利用の テンプレート に合わせページを開いた時点のデフォルトなる白色から、 赤、青、桃色、紫、空色、緑、黄色、と任意勝手に変化させるべく、 最終的にデフォルトの白に落ち着くように設定を jQueryと共に利用のフォント色を変更するアニメーション用プラグインは Release:jQuery 1.2/Effects にて提供の jquery.color.js に施しています。

先日は2008年文化の日の六代目へのテンプレート変更のアーティクル テンプレート変更『クリスマス7(3カラム)』 にて背景画像とブログタイトルの位置関係もあればDescriptionとの表示位置は逆転させておりますことで、 トップ頁にては第一番目のアーティクルではスクロールの必要も無く、 目にお留めいただけるものと思われれば、 一瞥を与えられれば喜ばしからんことにて御座候。

虹色に輝くブログタイトル5

頃日は当ブログの日毎の更新も叶わねば 2008年重陽の節句にブログタイトル七色変化実装の記事は 七色に輝くブログタイトル4 投稿より20記事の投稿を重ねるに因り、次頁へ退去の時期とあっての当記事の投稿にて、 本アーティクルがトップ頁に表示さる間は 当ブログのタイトルがトップ頁表示と同時に七色に変化し始める 筈です。
又、「次のページ」へをクリックして頁遷移しても一連のアーティクル レインボータイトル が在るに依りタイトル七色変化機能は失われること無く、 又、当機能の切れる其の先には一連の ブログタイトルズームアップ アーティクルの存在すれば即ち、以前からのお馴染みにはご存知、 タイトル拡大機能が当該者へのお慰みの一助になれるかに心得ます。

当機能にて 虹色 と称すは現在利用の テンプレート に合わせページを開いた時点のデフォルトなる白色から、 赤、青、桃色、紫、空色、緑、黄色、と任意勝手に変化させるべく、 最終的にデフォルトの白に落ち着くように設定を jQueryと共に利用のフォント色を変更するアニメーション用プラグインは Release:jQuery 1.2/Effects にて提供の jquery.color.js に施しています。

当ブログを訪れるに間を置かずスクロールし記事を閲されるは有り難きことなれぢ、 今暫しご緩りとスクロールを止め、若しくはスクロールを戻され、 一瞥を与えられれば喜ばしからんことにて御座候。

七色に輝くブログタイトル4(虹色はいくつか)

本日は2008年重陽の節句に、 又もやjQuery利用のブログ・タイトル七色変化が2008年8月20日に実装の記事 七色に輝くブログタイトル3 投稿より20記事の投稿を重ねるに因り、次頁へ退去の時期とあっての当記事の投稿にて、 本アーティクルがトップ頁に表示さる間は 当ブログのタイトルがトップ頁表示と同時に七色に変化し始める 筈です。
又、「次のページ」へをクリックして頁遷移しても一連のアーティクル レインボータイトル がありますからタイトル七色変化機能は失われることは無く、 更にはこの機能の切れる其の先でも一連の ブログタイトルズームアップ アーティクルの存在すれば即ち、以前からの読者にはお馴染みタイトル拡大機能が 閲覧者へのお慰みの一助になれるかに存知ます。

現在利用の テンプレート に合わせページを開いた時点のデフォルトなる薄濁紺から、 赤、青、桃色、紫、空色、緑、黄色、白、と変化して、 最終的にデフォルトの薄濁紺に落ち着くように設定を 虹色 と称す当アーティクルですが、 虹色には諸説紛々あるようで、 本邦では取りも直さず7色と表現されれば其れに従い用意した色が 上記より白、薄濁紺を除くを虹色擬きとしています。

虹色についてWEBを閲すれば 『ウィキペディア(Wikipedia):虹』 には流石に詳しく以下引用
虹の色の数は現在の日本では一般的に七色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)と言われるが、地域や民族・時代により大きく異なり、アメリカやフランスなどでは一般的には六色(赤、橙、黄、緑、青、紫)、もしくは藍を加えて7色といわれたりする。ドイツでは五色、スウェーデンでは(赤、黄、青、緑、桃、藍)である。日本でも古くは五色、沖縄地方では二色(赤、黒または赤、青)とされていた。なお現代でもかつての沖縄のように明、暗の2色として捉える民族は多い。 赤地に黄、緑、青の縞(赤、黄、赤、緑、赤、青、赤)だとする地域(インドネシア、フローレンス島)も存在し、スペクトルとして光学的に定められた概念とは異なった順序として色が認識されることも多い。 スペクトルの項で後述するが虹を7色としたのはイギリス人の科学者ニュートンが最初であり、「オリジナルの基本色は、赤・黄・緑・青・菫それに橙・藍がありその中間に無限の変化がある」と述べている。故にイギリスでは一般的に虹は7色とされている。
の如く記され、 吾人には常識たる七色許りにあらずして、六色、敷島の国たる本邦にても古には五色とて、 加え果ては明暗の二色迄とは斯くも彩豊かなるは流石、 虹の虹たる所以かに感じます。

IT系にてはお馴染みのアップルは林檎マークを云われてみれば6色に着彩するは All Aboutの2007年9月2日の水谷哲也氏に依る記事 アップル社のリンゴマークは旭という品種 を拝見すればなかなかに面白き知見が掲載されており、 中には虹色についても記され、アップルロゴの変遷抔も加えて述べられれば、 当ブログには屡参照させていただく IDEA*IDEA の2008年2月8日の記事 アップル、マイクロソフト、グーグル・・・あの企業のロゴはどう変わってきたか? にはロゴの変遷が画像入りにて掲載されておりますので、 興味のある方はご一読の程を。 "七色に輝くブログタイトル4(虹色はいくつか)" の続きを読む

七色に輝くブログタイトル3

アーティクル・タイトルの示すjQueryを利用したブログ・タイトル七色変化が2008年7月31日に実装の記事 七色に輝くブログタイトル2 投稿より20記事の投稿を重ねるに因り、次頁へ退去の時期とあっての当記事の投稿にて、 このアーティクルが存在する間は 当ブログのタイトルがトップ頁表示と同時に七色に変化し始める 筈です。

2008年7月11日、当機能初期時点での実装では、 ページを開いた時点のデフォルトは白、 其処から、赤、青、桃色、紫、空色、緑、黄色と変化して、 最終的に白に落ち着くように設定しましたが、 現在利用の テンプレート に合わせ、 ページを開いた時点のデフォルトの色、及び最終的に落ち着く色に少し薄く濁った紺系の色を加え、 javascriptに於いてみれば下記の緑字部分が各対応になります。
<script type="text/javascript">
<!--
$(document).readyjQuery(document).ready(function($) {
$("h1.blogtitle a").animate( { color: ´red´ }, 2500) ⁄⁄ 赤
.animate( { color: ´blue´ }, 2500) ⁄⁄ 青
.animate( { color: ´pink´ }, 2500) ⁄⁄ 桃色
.animate( { color: ´#6e2fe9´ }, 2500) ⁄⁄ 紫
.animate( { color: ´#2fe1e9´ }, 2500) ⁄⁄ 空色
.animate( { color: ´green´ }, 2500) ⁄⁄ 緑
.animate( { color: ´yellow´ }, 2500) ⁄⁄ 黄色
.animate( { color: ´#ffffff´ }, 2500) ⁄⁄ 白
.animate( { color: ´#355076´ }, 2500); ⁄⁄ 薄濁紺
});
//-->
</script>

「次のページ」へをクリックして頁遷移しても一連のアーティクル レインボータイトル がありますからタイトル七色変化機能は失われることは無く、 更にはこの機能の切れる其の先でも一連の ブログタイトルズームアップ アーティクルの存在すれば即ち、以前からの読者にはお馴染みタイトル拡大機能が 閲覧者へのお慰みの一助になれるかと思います。

七色に輝くブログタイトル2

2008年3月9日より4ヶ月間は一季節と一月の2008年7月10日迄、 当ブログを賑々しく飾って来てくれた一連の記事 ブログタイトルズームアップ に取って代わったは20記事以前の2008年7月11日のアーティクル 七色に輝くブログタイトル にてjQueryにアニメーションプラグインを付加し、 このアーティクルが存在する間は当ブログのタイトルがトップ頁表示と同時に七色に変化し始める 様にしました。

2008年7月11日、当機能初期実装時点では ページを開いた時点のデフォルトは白に指定し、 其処から、赤、青、桃色、紫、空色、緑、黄色と変化して、 最終的に白に落ち着くように設定しましたが、 2008年7月20日のアーティクル テンプレート変更『ボート(3カラム)』 にある様に、テンプレートの変更に合わせ、 ページを開いた時点のデフォルトの色、及び最終的に落ち着く色を、 テンプレート指定の色に変更し、 其の変更点がアーティクル内 CSS に於いては
h1.blogtitle a{color:#355076;}
に、また javascriptに於いては下記の赤字部分の追加になります。
<script type="text/javascript">
<!--
$(document).readyjQuery(document).ready(function($) {
$("h1.blogtitle a").animate( { color: ´red´ }, 2500)
.animate( { color: ´blue´ }, 2500)
.animate( { color: ´pink´ }, 2500)
.animate( { color: ´#6e2fe9´ }, 2500)
.animate( { color: ´#2fe1e9´ }, 2500)
.animate( { color: ´green´ }, 2500)
.animate( { color: ´yellow´ }, 2500)
.animate( { color: ´#ffffff´ }, 2500);
.animate( { color: ´#355076´ }, 2500);
});
//-->
</script>

電光掲示板風タイトル5

ブログタイトルズームアップ 系の当ブログ内アーティクルと同系統並列して当ブログに実装せる Rafaël Rozendaal 氏によるサイト RAFAEL ROZENDAAL でのブラウザのタイトル部分に於けるjavascriptを利用した電光掲示板風動的表示機能が、 実装頁の次頁繰り送りの再度巡り来たるにより、もう少し残しておこうと云う訳での当記事のエントリーは、 既にタイトルに5を関する迄となりました。
一連の 電光掲示板風タイトル に続き、トップ頁にては当該機能の実現されるべく実装しておく為の本アーティクルにて、 タイトルが変更されるもjavascriptによるクライアント側での動的な動作に留まり、 2008年4月18日の 電光掲示板風タイトル でご紹介の通り、 SEO 的不利益を被る御心配は無用の本機能、 宜しければ貴ブログにもご実装の試みは面白からんかに存知ます。 "電光掲示板風タイトル5" の続きを読む