続おみくじタイトル電光掲示板風

当ブログ2008年8月15日のアーティクル おみくじタイトル電光掲示板風 では 電光掲示板風タイトル最終形(おみくじ版) を最後にRafaël Rozendaal 氏によるサイト RAFAEL ROZENDAAL でのブラウザのタイトル部分に於けるjavascriptを利用した電光掲示板風動的表示機能が、 当ブログトップ頁より消え去るのを淋しく思っての、 ブログタイトルではなくアーティクルタイトルに当実装を施したエントリにて、 直接アクセスの方にはアーティクルタイトルをご覧あれ、 トップ頁よりご覧の方はアーティクルタイトルクリックによりご覧いただけるのが、 電光掲示板風に表示される中にご託宣の 御神籤 機能の提供でしたが、 又もや20記事の投稿を経るや、其のアーティクルの次頁の果てに追いやられるに、 当ブログトップよりは1クリック増加の煩わしき折なれば、 其の際の
羽田野太巳氏の手になるITproの記事 DOMから始めるJavaScriptモダン・スクリプティング の第3回 DOMスクリプティングのことはじめ(1) ~要素(タグ)を狙い撃ち~ の項目 子要素・親要素を参照する で見られる通り ホワイトスペースノード の取扱いが IE のみ異なる為、処理を分岐していますが、 childNodesで出現順を力技にて入力と云う愚考を犯しており、 システムの異なる他ブログへ移行すれば機能欠落の恐れ有るも、 本課題は次回に譲りたく思います。
なる譲られた課題を取扱った上での当アーティクルのエントリです。

お御籤の結果は 大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶 の七種類、 特にアクセスに関連した制限は設けていませんので、 納得のいかれる迄、頁を更新して、好ましい結果をお持ち下さい。
"続おみくじタイトル電光掲示板風" の続きを読む

おみくじタイトル電光掲示板風

2008年7月26日で公開の 電光掲示板風タイトル最終形(おみくじ版) より当ブログに設定のトップ頁掲載分20記事を経れば、 愈々当アーティクルのエントリにて長らく親しんでいただいた、 Rafaël Rozendaal 氏によるサイト RAFAEL ROZENDAAL でのブラウザのタイトル部分に於けるjavascriptを利用した電光掲示板風動的表示機能が、 此れでお仕舞い、然様ならとなる可くは、 矢張り寥寥たりてうら淋しく、 ブラウザのお気に入りに登録の際の問題にて当機能の廃止となれば、 ブログタイトルではなくアーティクルタイトルに当実装を施しましたのが 当アーティクルのエントリにて、 当アーティクルに直接アクセスの方は既に、 トップ頁よりご覧の方は当アーティクルタイトルクリックによりご覧いただけるのが、 当アーティクルの電光掲示板風に表示される中にご託宣の 御神籤 機能の提供と相成りました。
お御籤の結果は 大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶 の七種類、 特にアクセスに関連した制限は設けていませんので、 納得のいかれる迄、頁を更新して、好ましい結果をお持ち下さい。

"おみくじタイトル電光掲示板風" の続きを読む

電光掲示板風タイトル最終形(おみくじ版)

ブログタイトルズームアップ 系の当ブログ内アーティクルと並列して当ブログに実装してお馴染みの Rafaël Rozendaal 氏によるサイト RAFAEL ROZENDAAL でのブラウザのタイトル部分に於けるjavascriptを利用した電光掲示板風動的表示機能が、 実装頁の次頁繰り送りの再度巡り来たるによって、 今回は此れでお仕舞い、然様ならとすべく、タイトルには最終形を冠し、 従来はサイトタイトルを表示した部分を 御神籤 としてトップページでは当アーティクルの消え去る迄、 当アーティクルに直接アクセスの方には向後、 提供させていただくことに致しました。
お御籤の結果は 大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶 の七種類、 特にアクセスに関連した制限は設けていませんので、 納得のいかれる迄、頁を更新して、好ましい結果をお持ち下さい。

一連の 電光掲示板風タイトル に続き、トップ頁表示の際当該機能の実現されるべく為の実装の本アーティクルは、 タイトルが変更されるもjavascriptによるクライアント側での動的な表示になる上では、 2008年4月18日の 電光掲示板風タイトル でご紹介の通り、 SEO 的には問題の無かるべき本機能となれば、 貴ブログでもご実装の試みは面白からんかに …と今迄申し上げてきたのですが、 当機能に於いて明らかに欠点と思われる事項を今更乍発見致しましたので、 此処にご報告申し上げ、ご使用に関してのご注意に供したいと思いますのは、 ブラウザのお気に入りに登録の際は動的と云えど、 登録する其の時に表示されるタイトルが適用されますので、 当ブログの従来の機能で云えば
「★★★ホームページ作成浜松Tips★★★」
のタイミングで登録されれば文句無しなのですが、そうは問屋が卸さず、 大抵は
「★★★★★★★★★★★★」
抔、訳の分からない状態で登録され、 登録した方が、
「はて?登録した筈なのだか?」
と訝しがる事態を招いてしまいます。 ですので、ブログ抔であれば「追記」部分に実装する等で頁単体に適用し、 ブログ全体に適用するのは好ましくないように思い、 お薦めは取り下げると共に、 当ブログでも長らく親しんでいただいた当 電光掲示板風タイトル 機能も此のアーティクルを最後にすれば、 20記事のエントリを重ね当実装頁の次頁繰り送りの時期に消え去るてぇ寸法にしようと思っております。

電光掲示板風タイトル5

ブログタイトルズームアップ 系の当ブログ内アーティクルと同系統並列して当ブログに実装せる Rafaël Rozendaal 氏によるサイト RAFAEL ROZENDAAL でのブラウザのタイトル部分に於けるjavascriptを利用した電光掲示板風動的表示機能が、 実装頁の次頁繰り送りの再度巡り来たるにより、もう少し残しておこうと云う訳での当記事のエントリーは、 既にタイトルに5を関する迄となりました。
一連の 電光掲示板風タイトル に続き、トップ頁にては当該機能の実現されるべく実装しておく為の本アーティクルにて、 タイトルが変更されるもjavascriptによるクライアント側での動的な動作に留まり、 2008年4月18日の 電光掲示板風タイトル でご紹介の通り、 SEO 的不利益を被る御心配は無用の本機能、 宜しければ貴ブログにもご実装の試みは面白からんかに存知ます。 "電光掲示板風タイトル5" の続きを読む

電光掲示板風タイトル4

最早当ブログを開いた上ではお馴染みとなる Rafaël Rozendaal 氏によるサイト RAFAEL ROZENDAAL でのブラウザのタイトル部分に於けるjavascriptを利用した電光掲示板風動的表示機能の、 当ブログでの実装頁の次頁繰り送りが、 再度巡り来れば、未だ矢張り少し淋しいと云う訳で当記事のエントリーは ブログタイトルズームアップ 系の当ブログ内アーティクルと同様の行動特性にて、 今暫くは当ブログの特徴として、一連の 電光掲示板風タイトル に続き、トップ頁にては当該機能の実現されるべく実装しておく為の本アーティクルにて、 大胆なる変貌をタイトルに見る為の、 SEO 的不利益を被る不安も杞憂に過ぎぬは実証済みなれば、 宜しければ貴ブログにもご実装の試みは面白からんと存知ます。 "電光掲示板風タイトル4" の続きを読む

電光掲示板風タイトル3

RAFAEL ROZENDAAL 氏によるブラウザのタイトル部分に於けるjavascriptを利用した電光掲示板風動的表示機能の次頁繰り送りの順番になれば、未だ矢張り少し淋しいと云う訳で当記事をエントリーするのは ブログタイトルズームアップ 系の当ブログ内アーティクルと同様の行動特性にて、 今暫くは当ブログの特徴として、 トップ頁にては当該機能の実現されるべく実装しておく様、 カテゴリを前回同様「configuration」としての本アーティクルです。

SEO的に不利益を被ることも無いことが証明済み機能は詳細、一連の 電光掲示板風タイトル 関連アーティクルをご参照いただき、宜しければ貴ブログにもご実装なされてみては如何でしょう。

当ブログではRafaël Rozendaal氏によるソースデータに於いて
// you can fiddle with the patterns here...
なる指定の後に下記39行のパターンを続け、アニメーションを実現しています。 "電光掲示板風タイトル3" の続きを読む

電光掲示板風タイトル2

ブログタイトルズームアップ 系の当ブログ内アーティクルと同じく、 「ブログ環境設定」に於きトップには20記事表示する様に設定していることで、 RAFAEL ROZENDAAL 氏によるjavascriptを利用して実装した ブラウザのタイトル部分に於ける 電光掲示板風動的表示機能を含んだ記事が次ページへ移動してしまい、 当該機能を失えばタイトル表示に変化がなくなってしまいますので、 此方とて矢張り未だ少し淋しいと云う訳で、当記事をエントリーするに至りました。

当ブログ2008年3月25日のアーティクル Rafaël Rozendaal にて言及の
タイトル文字が増減してネオンのように動いているのも細かいけど粋に思います。
を実際実装したのが2008年4月18日の 電光掲示板風タイトル で、其のアーティクル内に於いて
タイトルが変更されることで対検索エンジンの頁構造的に不安を感じる方も居られるかもしれませんが、 javascriptで動的に実装されておりますので、GoogleやYahoo!のクローラーが読み取るのは HTMLソースに記述されている<title>部分であり、 実際、Rafaël Rozendaalのサイト RAFAEL ROZENDAAL は具々ってみれば、 HTMLソース通り<title>RAFAEL ROZENDAAL</title> で表示されますから、面白いと思われた方もご自分のブログに実装されてSEO的問題は無いと思います。
と現時点ではSEO的に不利益を被ることも無いことが証明されていますから、 此方も又、 ブログタイトルズームアップ 系のアーティクル同様にカテゴリを「configuration」に変更した上で、 今暫くは当ブログの特徴として トップ頁にては当該機能の実現される様、実装しておくことにしました。

電光掲示板風タイトル

当ブログ2008年03月25日のアーティクルでご紹介は Rafaël Rozendaal 氏のストレス解消や癒し系フラッシュサイトにて、 氏の手になる様々なコンテンツ毎に独立したドメインの各フラッシュは 孰れも逸品、粒揃いの出来なれば大いに楽しませて貰えるのですが、 当該アーティクルでも言及は
タイトル文字が増減してネオンのように動いているのも細かいけど粋に思います。
という部分が気になっていたものですから、氏の頁のソースを拝見した処、 javascriptで実装されており、
// Set your messages below -- follow the pattern.
// To add more messages, just add more elements to the array.
// Set the number of repetitions (how many times the arrow
// cycle repeats with each message).
// DO NOT EDIT BELOW THIS LINE.
// you can fiddle with the patterns here...
の様にコメントアウト部分を抜き出して見れば此れが揮っていて、特に最終行の 「此処を好きにいじられるよ」抔、全くサイト閲覧者が利用すること前提で書かれておりましたので、 お言葉に甘えて、当アーティクルにも実装してみました。
お使いのブラウザの左上タイトル表示部分や、 タブブラウザであり複数頁を開いていれば当該タブ部分が 標題の如く電光掲示板風に動いているのが見られるのではないでしょうか。

タイトルが変更されることで対検索エンジンの頁構造的に不安を感じる方も居られるかもしれませんが、 javascriptで動的に実装されておりますので、GoogleやYahoo!のクローラーが読み取るのは HTMLソースに記述されている<title>部分であり、 実際、Rafaël Rozendaalのサイト RAFAEL ROZENDAAL は具々ってみれば、 HTMLソース通り<title>RAFAEL ROZENDAAL</title> で表示されますから、面白いと思われた方もご自分のブログに実装されてSEO的問題は無いと思います。