ソニーの敗北理由iPhone軽視とエリクソンとの分裂騒動

今だ スティーブ・ジョブズ氏逝去 の余韻冷め遣らぬ中、 彼のこの世への大きな置き土産 iPhone の価値をその初期に知らず剰え軽視をするに及ぶを 今となって悔やんでも悔やみ切れぬ後悔と共に 苦労を強いられている組織があります。

オンラインウォールストリートジャーナルの2011年10月3日の記事 Sony Ericsson's Strategy: Get Smart が2チャンネル等で翻訳され出回っているようです。 英文記事は読者登録しないと限定部分しか読めませんが、 翻訳には非常に意味深なソニーエリクソンのCEOの言及があります。 翻訳タイトルは ソニー「我々の敗北理由はiPhoneを軽視してしまったことだ」 とされ、各サイトに流布する翻訳記事を引用すれば

10年前、日本のソニーとスウェーデンのTelefon AB L.M. Ericssonは、 著しい成長をしていた世界の携帯電話市場に参加するために「ソニーエリクソン」を設立した。
しかしソニーエリクソンはその後厳しい状況に置かれることになる。 ウォークマン携帯やサイバーショット携帯が好調な一方で、 世界市場でのシェアの構築には、モトローラ、ノキア、アップルなどのメーカーに苦戦を強いられている。
Gartnerの調査結果によると、2009年度第3四半期に4.3%あったソニーエリクソンの世界市場のシェアは、 2011年度第2四半期には1.7%まで低下している。
ソニーエリクソンのCEO、バート・ノルドベリ氏は会社と顧客環境の変化について、 「2007年にiPhoneが登場した際、我々はもっとiPhoneを真剣に考えるべきであったことは間違いない」と語った。
となっています。 iPhone が原因とも思えませんが、 軽視する全体に蔓延していたとしたらその凋落は免れ得ぬ処でしょう。 世界市場のシェアは2011年度第2四半期には1.7%とされ、 ソニーエリクソンの苦境が窺い知れる内容となっています。

そのような状況もあってか…

スポンサーリンク

ソニーとエリクソン、 両社の思惑の食い違いのとその入り乱れた状況を呈しているニュースが配信されました。 ロイター の2011年10月7日のニュース ソニー、エリクソンとの合弁解消に向け交渉=報道 です。 元々日本とヨーロッパで携帯事業に於いて 他社の後塵を拝していた両者の合弁は想定通りの効果を齎さなかったのでしょう。

SONYビル 記事では多くのアナリストがソニー・エリクソンの 競争の激しいスマートフォン市場での挽回には ソニーが合弁事業の経営権を完全に取得する必要があると見ているとのことです。 現在は資本関係は折半ですので、 この調整が両社間での懸案となっているのでしょう。 トランジスタラジオやトリニトロンを開発販売した頃のソニーから思えば、 合弁事業自体が不可解な感も受ける 決してソニー信者にあらぬ本ブログ運営者ではあります。 今時ソニー信者も珍しいでしょうけれど。 本ブログでは 一度ソニー社にエールを送りました が、なかなかに同社から明るい話題が振り撒かれるのを記事にする機会は訪れず、 記事にする度にネガティブな内容になるのも 決して本ブログ運営者がアンチソニーであるからでは、今はありません。

但し、こと此処迄及んでは、 嘗てスティーブ・ジョブズ氏がソニーを追い掛けた様に、 日本の若者がアップル社を追い掛けて何某かを為してくれるのを待った方が 早いのかも知れません。

ソニーエリクソンについてはブログ 安藤怜のロンドン灯ソニーエリクソン:カテゴリー が詳しいと思いますので、 興味のある方はご参照下さい。

スポンサーリンク

「ソニーの敗北理由iPhone軽視とエリクソンとの分裂騒動」への2件のフィードバック

  1. 日本メーカー連敗理由をジョブズが語る~過剰マーケットイン

    いつか何処かで耳にしたマーケティングの話です。あるメーカーが新製品の色を決めかねてユーザーグループインタビューを開きました。インタビューの場には黒と黄色の2種類の新製品が用意されていました。出席ユーザーは口を揃えて黄色が宜しいとしました。インタビュー終了後

  2. ソニー、スマホへ掛ける本気!ソニー・エリクソンを完全子会社化

    昨日2011年10月27日にソニーから携帯事業に関するニュースリリースが配信されました。ソニー、ソニー・エリクソンのエリクソン保有株式を完全取得というページからPDFファイルソニー、ソニー・エリクソンのエリクソン保有株式を完全取得へのダウンロードリンクが用意されてい

コメントは受け付けていません。