iCloud(アイクラウド)とは?パソコンから自由になるiPad

iCloudロゴ、アップル公式サイトから 2011年10月6日、 アップル社の創立者 スティーブ・ジョブズ 氏が逝去されました。 謹んでお悔やみを申し上げます。 (ジョブズ氏についてご存知のない方は2011年9月26日記事 決定版!評伝スティーブ・ジョブズ予約開始 に有る程度記してありますのでご参照下さい。) ジョン・レノン 氏で同時代のヒーローの死に初めて直面しましたが、 アイルトン・セナ 氏にも、そして今回のジョブズ氏にも衝撃的であることは勿論、 それは惜しんでも有り余る可能性を残すものなのでしょうね。

昨日2011年10月5日に本ブログの稿として起こしました アップル社のiPhone4S発表と検索キーワード「あppぇ」 に記した通り、 iPhone4S 及び、 iOS5iCloud(アイクラウド) は遂に氏の置き土産となってしまいました。 氏は吾人に何を残してくれたのでしょう。

スポンサーリンク

iOS5 については本ブログ2011年9月20日の記事 Windows8とiOSとOSの進化 に未来を指し示すジョブズ氏とともに記しました。 そして iCloud は iOS5 の一機能として提供されます。 iOS5 に於いて最も重要な事案、 新機軸と本ブログ運営者が考えるのがコンピュータからの独立です。 従来、iPhone、iPad、iPod などの iOS端末はコンピュータに縛られていました。 自由に持ち歩けるデバイスとして生まれながら、 コンピュータにインストールされた iTunes無しには命を吹き込むことの出来ないそれは 何処か跛行的で不調和、違和感を感じさせられたのは事実です。 今、iOS5 によってこれら端末はこの軛から放たれるのです。 そして iCloud はその機軸に於いて重要な役割を負うのです。 iCloud の機能だけ見ればデータの同期機能であり、 バックアップに過ぎず、通常のクラウドと変りませんが、 iOSエコシステムに於いては実に自由を齎すという重要な意味合いを持っています。 iOS端末をマウスとGUIと言う不自由な操作から自由にさせた氏が 次に吾人に与えてくれたそれは、 実に iOS端末をコンピュータから切り離し自由にすることでした。

iCloud は iOS端末利用者には、 有料オプションで容量を追加することも出来ますが (年額10GB:20ドル、20GB:40ドル、50GB:100ドル) 先ずは総ての利用者に無料分5GBが設定されているのは 氏が必要不可欠であるとしたからでしょう。

氏の置き土産は明らかに吾人の未来に違いありません。 本記事最後には9月20日の記事の最後の一文を繰り返しましょう。 吾人はスティーブジョブズ氏の夢見た世界に生きることになるのでしょう。

追記 (2012年2月9日)
本記事の関連記事を投稿しました。 WindowsからのiCloud(アイクラウド)の使い方 iCloudの周知されていないと思われるWindowsからのアクセス方法についての記事になります。

スポンサーリンク

「iCloud(アイクラウド)とは?パソコンから自由になるiPad」への2件のフィードバック

  1. ポストPC時代を主導するアップルの鍵は独自プロセッサー

    アップル社に時価総額世界一の置き土産を残して旅立ったスティーブ・ジョブズ氏ですが、同社に残し置いたのはそればかりではないようです。先ずは長期に渡るビジョンです。これなくしてはアップル足り得ない企業としての道筋が示されています。三国志下、死せる孔明の生ける

  2. 企業向けDropbox for Team発表とiCloudの宿縁

    オンラインストレージの魁、クラウドの代表的サービスとして本ブログ及び姉妹ブログでも数度に渡り取り上げたのがDropboxです。HamaZoランクチェック!Blogもっともクラウドらしいサービス、Webストレージ(2010年10月10日)Dropbox(ドロップボックス)(2010年10月15日)ホ

コメントは受け付けていません。