Facebookで絵文字入りメッセージを送ってみた

FacebookSNS(ソーシャルネットワークサービス) としてかなり根付いてきた感もありますね。 利用者数は先行する和製SNSの mixi には未だ届かないようですが、 メディア等に取り上げられることで知名度は IT 関係者ならぬ、 一般の方にも少し浸透してきているかも知れません。

浸透しているとは言っても まだまだ主なる利用者は IT関係者やビジネス利用を鑑みた方が多いようで、 画面全体も少々味気ないように個人的には感じています。 そんな画面をほんのちょっと変えてくれそうな情報がありました。 WEB総合情報を発信するサイト arisa.biz の2011年5月2日の記事の 【裏技】facebookで絵文字を使う方法 です。 Facebook の画面を絵文字が彩ってくれるとは、 なかなか面白そうですので早速試してみました。

上記紹介リンク先の案内に従い、 上の如く記述してメッセージを書いて返信ボタンをクリックすると…

スポンサーリンク

指定された記号を入力しただけなのに 確かに下の図のような感じで、見事絵文字が表示されました。

この時利用したコードと絵文字の対応は以下です。

  1. O:) : 天使
  2. o.O : 混乱
  3. 3:) : 悪魔
  4. <(") : ペンギン
  5. 8-| : サングラス
紹介リンク先にはまだまだ沢山の絵文字がコピー&ペーストで 使えるように用意されていますから 興味のある方は試して見ても面白いでしょう。 この時紹介リンク先にも記述がある通り気をつける点は以下の二点です。
  1. Facebookで使用出来るのはチャットです。 今はチャットとメッセージが同化していますので、 ここではメッセージとして表現しています。
  2. コードの前にはスペースを入力すること。 しないと絵文字ではなくコードがそのまま表示されてしまいます、 とは言ってもコードもそれなりに顔文字っぽく決められているようですね。

実際にメッセージは送信しなければ 確かに表示されたかどうか分かりませんので 送りつけたその相手が 最近は iPhone片手にスマホのオーソリティとなりつつある ダンディ☆和田 さんです。 すると思わぬ情報を貰えました。 この方法で送信した絵文字はパソコンからだとちゃんと絵文字に見えるのですが、 スマートフォンのFacebookアプリからではコード表示がされてしまうようなのです。 実際に遣り取りをするときにはその辺りも考慮に入れた方が良いかも知れませんね。

絵文字は デコメールデコログ などプロフ系サービスでは当然ながら、 mixi でも当たり前に使えるサービスです。 絵文字は年配者には使うのは躊躇われるサービスながらも 若年層には空気のように当たり前に使われます。 Facebookが本当に普及するのは一般的には ビジネス系の人々に蔑視されることも有り勝ちな、 このようなサービスを充実させる必要があるのかも知れません。

スポンサーリンク