ソニー発表の新ウォークマンとLINN(リン)

クラウドに、タブレットPCに、頑張れSONY と本ブログでも一昨日は2011年09月12日に エールを送ったソニーが、 昨日大きな発表をしました。 大々的に各メディアで取り上げられましたので 既にご存知の方も多いと思います。 大きなブランド力を持つ新 ウォークマン です。 ラインナップ中にも最も大きくメディアに取り上げられているのが ウォークマン Z-1000シリーズ です。

ウォークマンホームページスクリーンショット

スポンサーリンク

この機種が特に大きく取り上げられているのは Google社製の基本ソフトウェア Android(アンドロイド) を採用したからでしょう。 スマートフォンに限らず携帯音楽プレイヤーにも Android は有効と言う訳ですね。 ソニーは伝統的イメージにある独自路線ではなく 標準路線を選択したことになります。

ここに LINN(リン) と言う企業があります。 スコットランドはグラスゴーに本拠を置くオーディオ機器メーカーとして有名な企業です。 日本ではファッションにうるさい人の方が知っている企業かもしれません。 そして PCオーディオ の世界では今やトップメーカーと言える地歩を占めています。 LINN のオーディオセットでは多く標準的な技術が採用されていますが、 その核に当たるソフトウェア部分は独自技術に拠ることを頑として変えません。

SONY と LINN、 オーディオメーカーとしての両社を見た時、 今回の新ウォークマンの発表に依ってラインがクロスしたような印象を強く受けました。

スポンサーリンク

「ソニー発表の新ウォークマンとLINN(リン)」への2件のフィードバック

  1. スマートフォンと携帯ゲーム機の境がなくなる意味~Xperia PLAY

    一昨日2011年9月17日にはソニーエリクソンから新タイプのスマートフォンが発表されました。その名もEXPERIA PLAY(エクスペリアプレイ)と名前からピンと来る方はその通り、スマートフォンと携帯ゲーム機の合体です。EXPERIA PLAY:スペシャルサイトも公式で用意され、またIT

  2. 山水電気倒産~時代への適合適わず民事再生法申請

    残念ながら老舗オーディオメーカー山水電気株式会社は昨日2012年4月2日、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申し立てを行ない、同日に受理されたと発表しました。山水電気の設立同社は1944年12月に菊池幸作氏により開設された山水電気製作所が1947年6月に山水電気株式会社に

コメントは受け付けていません。