携帯3社の2012年第2四半期決算に揃うARPUデータ

携帯三社の2012年第2四半期決算が出揃いました。 その三社の決算データをネットニュースを扱っている WirelessWire Newsで上手く纏めて2011年11月7日付けの記事 携帯3社の2012年2Q決算、減収減益のドコモ、復活したKDDI として配信してくれています。

昔の公衆電話:写真素材足成より 2頁構成の記事になっており、 最初の頁では決算概要として

  1. 営業収益
  2. 営業利益
  3. 当期純利益
が表1に纏められ、データを元にした解説が加えられています。 各社それぞれの特徴を述べられていますが、 印象に残るのはどの社に於いても スマートフォンが与えるインパクトは大きいことが言えるでしょう。

紹介記事に於ける内容で特に、 本記事で取り上げたいのは…

スポンサーリンク

最後に項目立てられる 音声ARPUの急減は止まらず です。

此処にある ARPUをWikepediaに見るARPU(エーアールピーユー:Average Revenue Per User) は、通信事業者の1契約あたりの売上をあらわす数値とされています。 電話会社やインターネット事業者に使われることもあるが 一般には携帯電話(PHS含む)について用いられる用語とのことです。 1ヶ月単位で表すことが多いため、 ARPU=携帯電話の月額料金 と考えて問題ないようで、自分の月々の支払い料金と比較が出来ますね。 更にはARPUには 音声ARPU (通話に関する料金:基本料と通話料)と データARPU (通信に関する料金:基本料とパケット通信料) があり、それらを合計して 総合ARPUと呼びますが単にARPUといえば総合ARPUのことを指すとのことです。

WirelessWire News記事に於いては 表2に2012年3月期第2四半期の携帯3社のこれら各ARPU推移を纏めてくれています。 以下に引用します。

 NTTドコモKDDIソフトバンク
総合ARPU4970円(-230円)4590円(-510円)4310円(+10円)
音声ARPU2280円(-380円)2130円(-660円)1780円(-230円)
データARPU2690円(+150円)2460円(+150円)2540円(+240円)

総合ARPUは各社それぞれですが、 各社に共通するある特徴が存在することを記事が指摘しています。 分かり易さのために表を音声ARPUとデータARPUについての 前期比率と前期比率増減に纏めたものが以下です。

 NTTドコモKDDIソフトバンク
音声ARPU前期比率85.7%76.3%88.6%
データARPU前期比率105.9%106.5%110.4%
音声ARPU前期比率増減-14.3%-23.7%-11.4%
データARPU前期比率増減+5.9%+6.5%+10.4%

明確に音声ARPUの大幅減をデータARPUが補う構図が見て取れます。 この状況は以前から続く傾向とWikipediaではされています。 2004年度には主要3社を平均7,005円(うちデータ1,822円)であったものが、 2008年度には5,425円(うちデータ2,209円)となったとありから、 更に三年後の今年2011年にはARPUの減少傾向継続され 此処に見るだけでも7年の長きに渡る減少傾向となります。 データARPUが2008年から3年経っても増加すれども大幅と迄は行かず、 凋落著しい音声ARPUの減少分を補い切れていません。

上記の様に苦しい状況の携帯3社かと思えば、 Wikipediaにはそれでも各国の状況を鑑みれば 未だ日本は世界最高水準にあるということで、 まだまだ値下げの余地は残されているといったところでしょうか。 携帯3社には更なる勉強を期待したいと切に望みます。

スポンサーリンク

「携帯3社の2012年第2四半期決算に揃うARPUデータ」への2件のフィードバック

  1. 百花繚乱VoIP~OnSayのAndroid版登場

    VoIP(ボイップ)とはVoice over Internet Protocol(ボイス オーバー インターネット プロトコル)の略称でインターネット上で音声回線、即ち電話出来る約束事です。このVoIP機能をスマートフォンに持たせるアプリが百花繚乱状態です。Skype(スカイプ)は謂うに及ばず、本

  2. Facebookの興隆とシンクロするディスプレイ広告、追うGoogle

    話題になることも増えてきた米国発のSNSサービスの雄、Facebookに於いては矢張りその収益構造が多くの人の気になる処のようです。Facebookの収益構造それに関して2010年1月31日と早い時期に株式会社ループスの斉藤徹氏が国内SNSとの比較なども合わせFacebook ビジネスモデル

コメントは受け付けていません。