Kindle Fireは未だ日本では数寄者のもの

Kindle Fire(キンドルファイヤー) とはネット書店で有名なアマゾン社が満を持して世に放った電子書籍リーダーで 特に同社のオンライン販売する電子書籍に有効に構成されており、 関連事項は本ブログ2011年10月1日 Kindle Fireを放ったアマゾンCEOジェフ・ベゾス氏インタビュー にも記した処です。

そのKindle Fireの好調振りを伝える報がネット上に大いに見られます。

などと共に果てはごくごく一般的なニュースが主な日経新聞上にも2011年12月16日に Kindleシリーズ、3週連続で販売100万台突破 と伝えられる程です。

このKindle Fireのタブレット端末として先行する iPad への追撃の激しさという訳でもないでしょうが、 RBB Todayの2011年12月17日の記事には Appleが7.85インチのタブレットを2012年後半に発売!?……海外メディア報道 と同画面サイズの対抗馬としてのアップル社の準備を示唆する内容に仕立てられています。

しかし、勿論本ブログ10月1日の調子付いた記事も含み置いての上のこと、 これ等に関しあまり感心させられぬように思うのは…

スポンサーリンク

週百万台に及ぶ販売数を達成する時期が継続する このタブレット端末Kindle Fireが謂わば大ヒット商品であるのは事実には違いないのですが、 売れているのは米国内に限られる と言うことです。 勿論各ニュースにはそれは明記されており何も問題は有りませんが、 これらの情報がKindle Fireの大ヒットのみ一人歩きしている感が有り、 ネット上から受け取られる印象として日本でも最早 iPadを代替する状態を醸し出しているように感じさせてしまうことです。

問題は米国で発売されているKindle Fireが現時点に於いて 日本で使い易いものか如何かということになると思います。 これに関しての良記事がウェブ上に散見されますので見てみましょう。

先ずは eBook Userの2011年11月29日の記事 Amazon Kindle Fireの実機レビュー です。 冒頭にはKindle Fireの購入を迷っている方のために、と態々明記される 実機試用体験レビュー機として分かり易い記事となっています。 しかし問題は アプリの購入は米国居住者に限定される点 と有ることです。 この記事を執筆される方はカナダ在住の方にも関わらず、 アプリの購入にITには不慣れな一般の方では凡そ難しい方法で実現されています。 また入手した電子書籍もほぼ英語表記のものに限定される様子が伺えます。

次に週アス+の2011年11月29日の記事 【海外端末】アマゾン『Kindle Fire』はいま日本でどこまで使える? があります。 此方は日本国内での試用をレポートしてくれていますが、 矢張り、日本国内からのアクセスであると たとえ無料アプリでも、貴方の国ではまだAmazon Appstoreは始まっていないとの表記で アクセスを撥ねられてしまう旨、言及されています。 またアカウントに関してもPCで米国アマゾンアカウントを作成するなどの、 一般的に日本でアマゾンを利用する方には 煩わしくて実践することもないだろう手順が紹介されています。

更には11月29日の記事を受けた週アス+の2011年12月2日の記事 【週間リスキー】Kindle Fireをroot→日本語化したら、あらあら格安Androidタブレットじゃないの奥さん では凡そITに馴れない一般の方では言葉すら分からない方法での 使用法がレポートされています。 勿論、此の手のガジェットに目の無い新し物数寄のIT界隈の人間には有り難い記事なのですが、 タイトルにリスキーの四文字を冗談めかして含む通り、 矢張りとても一般の方にお薦め出来る利用法ではありません。

兎角グローバル化の進むIT業界では米国で普及の進んだ事物は近年そのまま 本邦にも活用の為されるべく受け取られるのはその代表格たる Facebook を考えれば容易に合点が行くのではないでしょうか。 しかしFacebookでさえ喧伝される通りに ビジネスに活用が進むかと言えばなかなかそうも言えない状況にあることは確かです。 本記事後半に記した通り、 アマゾン社のKindle Fireを今年のクリスマスプレゼントにと考えるのは少し時期尚早と言えるでしょう。 矢張り此処は余程ITの腕に覚えが無い限り、一旦は我慢して 日本向けに熟れるのを待った方が良作だと考えます。 万一若しやKindle Fireが日本でもパッケージを開けた途端に 自由自在に使えるのではと思い違いされている方の少しでも居られればとの 老婆心より出でた余計なお節介的本記事でした。

スポンサーリンク

「Kindle Fireは未だ日本では数寄者のもの」への1件のフィードバック

  1. アマゾンはKindleを売りたいのではない~低利益率ビジネスモデル

    販売が好調なKindle Fire(Kindle Fireは未だ日本では数寄者のもの:2011年12月21日記事参照)はiPadのライバルと目されています。しかし果たして本当にそうでしょうか?Kindle Fire(キンドルファイアー)を販売するのはネット書店で有名なAmazon社ですが果たして当該社は本

コメントは受け付けていません。