Googleの社員の待遇

と矢継ぎ早にインパクトの大きいサービスを提供してくれるGoogleも、 大きくなればベーシックをNECに売っていた頃から転じMS-DOSで斯界を制覇したMicrosoft同様、 自社に調子の良い記事許りが書かれる筈もなきは、 COMPUTERWORLD.jp に「Googleウォッチ」なる一連のシリーズにいくつか現れるに、2008年8月26日の記事 グーグル、豪華な福利厚生の大半を廃止へ――同社を去る従業員が増加 では当ブログ2008年3月19日のアーティクル Googleの職場環境 でも言及の社員の待遇についての変化が述べられていました。

従業員たる身分の者たれば、就業先には斯くあって欲しいものと考える筆頭にも上げらるべきは、 抔、両者の福利厚生にも影響を与えたと思われ乍も、 過去のものとて、
New York Timesの記事には、厚遇を受けるのは当然と考えているような従業員とはつきあいきれないという趣旨の共同設立者セルゲイ・ブリン(Sergey Brin)氏の発言が掲載されている。
なる旨記載されれば如何なる法人が心境の変化やと思うに
この記事を書いたジョー・ノセラ(Joe Nocera)氏は、「Googleも、他の企業と同様、デイケアは福利厚生の一環ではなく、贅沢と考えるようになったようだ。同社も、急速に普通の企業へと変貌しつつあるのだろう」と結論づけている。
とされ、最早桃源郷とも云うべき感を抱きし当社待遇も遠く、 普通とは如何なるやと思えば、少し侘しくもあろうと云うもの、 同様に煌めく許りのブランドイメージを産み出したGoogleのサービスも其のビジネスへの導入時には
したがって、Googleのホステッド・サービスの導入を検討する際には、ブランド名に惑わされることなく、サービスの中身を十分に吟味し、他のベンダーと同様に厳しく評価する必要があるだろう。
と纏められると引用するが如く、 唯にブランドイメージにて信用すべきには有らぬ様、己を戒めねばならないのかも知れません。
スポンサーリンク