日本カード情報セキュリティ協議会発足

クレジットカード、キャッシュカード抔、 其の発行枚数を見れば一人当たり数枚を保有するが当然の現代、 重要な個人の財務情報を管理するに此れを見逃す訳にも参りません、 とて、@ITは宮田健氏の文責にて2009年4月21日の記事 31社が総会に参加
クレジット情報を守る「日本カード情報セキュリティ協議会」発足
より引用すれば、
「日本カード情報セキュリティ協議会(Japan Card Data Security Consortium:略称JCDSC)」が4月21日、正式に発足した。NTTデータ・セキュリティが中心となって運営していた設立準備会は4月21日、31社の参加企業とともに第1回総会を開催し、事務局と運営委員を選定した。
とのこと、カードに於ける情報セキュリティの必要性が故に、 其の標準化が順次推進されるかに考えられます。
現状ではカード情報セキュリティの基準は具体的細則には落し込まれておらず、 条項も抽象的に終始するを受け、 4月1日に発足した国が認定した認定割賦販売協会の日本クレジット協会が、 実際に各企業の順守すべきを策定するに当たり、 金融面に於いては国際基準を無視するはならず、 紹介記事に項目立てらる 日本の「改正割賦販売法」と世界の「PCI DSS」の悩ましい関係 なるが示す如くグローバルな基準たる、 当ブログは2008年5月14日アーティクル クレジットカード産業の業界セキュリティ基準PCI DSS にも言及す PCI DSS なる処との整合性が求められるに処々問題は発生する様です。
此の問題連を擦り合わせる仲立ちとなるベく発足した 日本カード情報セキュリティ協議会 の第一回総会に参加するはIT系、セキュリティ系、金融系抔、錚々たる面子に掛け、 是非、安全性の高まるベく基準の制定を為すに有用なる媒介たらんことを欲し度思います。
スポンサーリンク