別の意味で危険なプロフとAKB48

今年2011年々頭、保護者向けセミナー講師養成講座の講師として インターネットの匿名性についてレクチャーしたときに エムブロもデコログもクルーズブログもデコリアルも見られない など本ブログ記事(2011年8月29日)でも紹介した 携帯電話向けブログサービスと同時に調べたのが プロフ です。 上記携帯ブログと同類のサービスで プロフはプロフィールの略であることからも推測されますが、 平たく言えば自己紹介サイトですね。 以下にその時調べたドキュメントの箇条書きを引用します。

  1. 携帯電話で手軽に自己紹介できるサービス
  2. プロフィルの略でサイト上の記入式HP
  3. 代表的サービス
    • 前略プロフィール:http://pr.cgiboy.com/
    • マイプロフィール:http://vl-o-l.jp/ (ピースマークがURL)
  4. 「知らぬは大人ばかりなり」、利用者(高校生等)たちの間では「(アドレスを)持っているのは当たり前」という存在
  5. 日本の女子高生の半数近くが所有し、首都圏では7割以上にも達する(ブームプランニング調べ )
  6. 用意されている40~100項目に及ぶ氏名、年齢、住所から好きな食べ物やタレントまでの多種多様な質問事項に答えるだけで作成可能
別段サービス自体に問題はありません、ただのブログサービスですから。 ところがその利用法が保護者側から見れば危険な臭いをはらんでいた為、 研究の必要有りとされた訳です。 時には保護者としては眉を顰め、時には違法である書き込みが含まれていたり、 またその手の情報には鼻の効く怪しげな年輩者が登場したりして、 自身の抑制の効かない若年者を犠牲にすべき状況が呈されていたり、 と言った思わしくない事態の発生がある訳ですが、 それは本記事の主題ではありません。

AKB48(エーケービーフォーティーエイト)と言えば…

スポンサーリンク
今を時めく 国民的スーパー女性アイドルグループです。 そのメンバーの数人が頃日、このプロフサービスの数年前の書き込み内容が元で 有名税とは言え、社会的なペナルティーを受けることになってしまいました。 飲酒が明らかになれば間違いなく問題ですが、 そうでない限り年端も行かない普通の乙女に有り勝ちな恋愛譚や愚痴の類です。 メンバーの名前についてはググれば(Googleで調べれば)簡単に分かりますし、 本ブログでも2011年8月29日の記事 アンサイクロペディアとエケペディア で紹介した AKB48専用ウィキペディアとでも言うべき エケペディア の当該項目にはどれだけ早いのか!?と言う感じで既に詳細が述べられてもおりますので、 ここでの記載は控えたいと思います。

今回の事態は犯罪行為ではありませんが、 事件に巻き込まれると同等以上のインパクトを プロフ利用者のメイン世代に与えるのではないでしょうか? 違法行為を或る種勲章のように思う若年層に特有の自意識過剰も関係なく、 それとは別の次元の危険性を彼等は嗅ぎ取るかも知れません。 それは単純な損得勘定かも知れませんし、 もっと根源的に己の人生に想いを致すものかも知れません。 それとも若しかしたら馬鹿な奴等だと嗤うでしょうか? それでも尚、当該類似サービスの利用に際しては何某かの想いを過ぎらしめるでしょう。

IT活用と言っても上手く行く例ばかりではありません。 今回のプロフの利用は AKB48の当該メンバーに取っては思わぬ痛手となったでしょう。 翻って AKB48のメンバーには中にも躍進著しい 指原莉乃 さんは自ら書くブログ 指原クオリティ を飛躍の切っ掛けにしています。 アイドルの世界でも IT の利活用は成功、失敗の分かれ目となっているのかも知れません。

スポンサーリンク

「別の意味で危険なプロフとAKB48」への2件のフィードバック

  1. 転職サイトはたらいく(リクルート)にもソーシャルボタン

    ヤフーの就職、転職、派遣、アルバイト、起業・独立のための求人ポータルサイトヤフーリクナビの一つでリクルートが運営するはたらいくが転職サイトとして新しいコンテンツを試みていることがSearchina(サーチナ)の2011年9月12日のニュースリクルート:転職サイト「はたら

  2. デコメールとプロフの近い関係

    ※ 素材利用:無料素材倶楽部さん大人の貴方の知らないディープな世界、プロフについては本ブログ2011年9月3日の記事別の意味で危険なプロフとAKB48にも記しました。2011年8月29日の記事エムブロもデコログもクルーズブログもデコリアルも見られないとセットで少々驚きを

コメントは受け付けていません。