エムブロもデコログもクルーズブログもデコリアルも見られない

エムブロにデコログにクルーズブログにデコリアル、これ何だか分かりますか? 若しかしたら IT専門家にも割りと知られてないかも? これらは若年層に盛んに使われているブログ群の名称なんです。

デコリアルなんか二つもあるから八々粉しい(笑)。 これらに共通しているのは携帯(スマートフォンではありません)からの 使い勝手が良いということです。 最初から若年層をターゲットにシステムが構築されていることが伺えます。

これらの謂わば…

スポンサーリンク

携帯ブログについて利用者である若年層に対する保護者側の立場から 怪しからんという見解が往々にして抱かれることが多いようです。 それは遣り取りされる内容が保護者から見て思わしくないということのようです。 保護者としては経済的権限を保有している訳ですから規制を掛けることになります。 企業側が従業員のインターネット閲覧に対して掛ける規制と構造としては同じ、 と言えば一般の年配者の方にも分かり易いかと思います。

規制の方法としては多くの企業と同じく IPアドレスやURLでフィルタリングするソフトウェアを使用したり 一般家庭に特徴的であるのは携帯キャリアに拠る規制、であったりします。 これに拠りごく真面な一般のサイト迄閲覧出来なくなる問題なども発生しているようです。 携帯キャリアがどのようなサイトをフィルタリング対象としているかは ネットスター株式会社 提供の 携帯フィルタリングのカテゴリ分類情報サイト で調べられます。

この規制に対して規制される側も大人しくされるままになっている訳ではないようです。 一番簡単なのはフィルタリングに引っ掛かっていない新携帯ブログに鞍替えすることです。 例えば冒頭の携帯ブログは軒並みフィルタリングに引っ掛かってしまいますが、 無料携帯日記TePee(ティピー) などは未だフィルタリングの対象となっていない(2011年8月現在)のが 上記のネットスター情報サイトで調べが付きますから、 それが分かればさっさと潜伏場所を移してしまうという寸法です。 本ブログも利用している HamaZo(はまぞう)ブログをビジネスブログとして 利用されている方には信じられないことでしょうが、 彼等にとっては今迄築き上げた歴史も信頼も関係有りません。 新しい携帯ブログシステムに新ブログを立ち上げたら お友達にその旨、携帯メールするだけでしょう。 この結果が冒頭に紹介したような携帯ブログサイトの乱立を招いているのだと考えられます。 多くの若年層を惹き付けることが出来ビジネスになるとなれば、 場合に拠っては運営会社が同じでもIPアドレスとドメインだけ変更して 同じブログシステムで表層だけ付け替えて新ブログとして運営するなどという手法も考えられますね。

ブログシステムにも様々あり、 アメーバのように芸能人、有名人の知名度を利用して集客を図るものもあれば、 はてなやライブドアのようにIT関係者からの引き合いが強いブログもあります。 はまぞうは静岡県西部の地域に根付いた珍しい形態のブログと言えるでしょう。 またこれらのブログシステムとは次元の異なる 今回紹介したようなブログ群がインターネットでは活躍していることも確かなのです。

スポンサーリンク

「エムブロもデコログもクルーズブログもデコリアルも見られない」への4件のフィードバック

  1. 別の意味で危険なプロフとAKB48

    今年2011年々頭、保護者向けセミナー講師養成講座の講師としてインターネットの匿名性についてレクチャーしたときにエムブロもデコログもクルーズブログもデコリアルも見られないなど本ブログ記事(2011年8月29日)でも紹介した携帯電話向けブログサービスと同時に調べたのが

  2. デコメールとプロフの近い関係

    ※ 素材利用:無料素材倶楽部さん大人の貴方の知らないディープな世界、プロフについては本ブログ2011年9月3日の記事別の意味で危険なプロフとAKB48にも記しました。2011年8月29日の記事エムブロもデコログもクルーズブログもデコリアルも見られないとセットで少々驚きを

  3. ザ・インタビューズとは?~新しいコミュニケーションの形

    mixi に Facebook に Google+ にとSNS(ソーシャルネットワークサービス)大流行りの昨今です。そんな中に SNS とは言い切れない、しかしコミュニケーションの一つの形であろうサービスが公開され、瞬く間に人気サービスとなり話題を集めています。GMO傘下のpaperboy&co.(

  4. 縦横スライドが楽しいiPhone写真共有アプリ~slidrop

    写真共有サービスはなかなかに楽しいもので本ブログにも代表的なサービスFlickrをカテゴライズしていますが、これは主にパソコンユーザー向けに拵えられたものです。ではスマートフォン向けの写真共有サービスはないのでしょうか?激戦区に新規参入のslidrop実はこれは結構な

コメントは受け付けていません。