Webサイト構築の方向性

Web担当者Forumに2008年4月11日付神野恵美氏による記事 SEOツールの提供とCMSサイト制作をワンストップで提供する「site-suite」がリリース が掲載されていました。

近頃ではCMSシステムとしても扱われるMovable Typeを ユーザー企業にとって更新性が高いプラットフォームとして採用した上に、 提供企業としてコアコンピタンスとするSEO対策を付加した サービスとして提供するという戦略に概略思います。

本記事題目の site-suite に付加される spool seo-suiteデモ を閲覧して見れば、当ブログ2008年4月1日のアーティクル Google検索結果順位
検索エンジンは「時間」の概念をもち新規ドメインは上位表示されにくい傾向があり、この考え方を「エイジング・フィルタ(aging filter)」と呼ぶ
でも少し触れた、エイジング・フィルタについても適用されていたものですから、 知人に紹介抔もしていました無料SEO対策ツールサイト SEO TOOLS for WEBMASTER - β と検出項目が似ている様に感じた処、少し具具ってみれば、 Venture Nowに2007年5月9日付の該当記事 スプール、Web担当者向けガイド型SEOツール「spoool seo-suite」をリリース を見つけ、 ブラストホールディングス株式会社 で上記SEO TOOLSを開発していた八百谷真氏が独立して 株式会社スプール を設立、 当該記事サービスを提供しているとなれば、 成程宜成る哉と首肯した次第です。
氏は当該システムを作り上げるだけあり、SEOの専門家らしく MarkeZineにおいても記事を執筆 されています。

数年前までは自社ホームページを持つことだけが目的のWebサイトが多く見られ、 ホームページ制作会社もそうした、 ただ在れば良いという目的に応じたWebサイトを提供するのが主流でしたが、 頃日そうした傾向は失われつつあり、 矢張り企業としてもコストを掛ける以上、費用対効果を求め始めるという潮流に 向後こうした記事に見られるサービスが散見される様になるのではないかと感じています。
スポンサーリンク

“Webサイト構築の方向性” への 1 件のフィードバック

  1. 資産としての独自ドメイン

    インターネットアドレスを表示するのに欠かせないドメイン(ドメインて何?2010年11月7日記事参照)は世界中で重複しない限り自分の好きなものが取得出来ます。企業の規模に関わらず自社の屋号を取得していますし、また公共機関でも組織名で取得しているのをよく目にします。

コメントは受け付けていません。