オフラインコンバージョンと自動入札ツール

ホームページを成果を上げるものへと改善する為支援に訪れた先にて、実店舗を所有する、 ドッグイヤー的一昔以前の言葉を用いればクリック&モルタル的な企業では 必ずや言及させていただく事項にオフラインコンバージョンがあり、 此れに関する興味を惹く知見が、 2009年2月中旬開催のOmniture Summit 2009で得られたものとして、 japan.internet.comの2009年3月17日では 株式会社アイレップ榎本裕子氏の文責になる記事 リスティング広告とオフラインコンバージョン操作、またその成果指標 に掲載されています。
スポンサーリンク
当ブログは2009年3月10日のアーティクル ブランド周知に於けるホームページの利用 にて
其処は其れ、顧客へと属性変換の、此れをコンバージョンと申し、インターネットマーケティングに於いては重要な概念の今は置
いたが、コンバージョンとは、属性転換にて、 野球では三塁手から一塁手へ、 外野手から内野手へ抔のポジションを変更せしむことをコンバートと聞き及ぶ、 其の意味のオンラインへの適用、 通常Webサイトを利用するに閲覧者と云う属性から顧客と云う属性へ転換することを意味します。 此れをオフラインコンバージョンなるものに敷衍せば即ち、 ホームページを経由して実店舗へとご来店願った時点でコンバージョンが成立するものと考え日頃手引きしおり、 当記事に於いては電話での受注をオフラインコンバージョンと位置付けている様で、 詳細は判然しませんが、例えばWebに掲載する電話番号は専用のものを用意しカウントを実施しているものと思われます。 以下引用が当コンファレンスで紹介された米企業の事例にての実施策にてあり、 一番目が以上、
  1. オフラインのコンバージョンである電話注文をトラッキングする
  2. リスティング広告を手動入札から自動入札制に切り替える
とある二番目と一番目の関連も又今一つ判然せず、自動入札ツールとしては
  1. Kenshoo社(イスラエル):KENSHOO SEARCH
  2. セプテーニ・サイバーエージェント:SearchIgnite
  3. SearchForce社(米):SearchForce
  4. ロックオン:アドエビスAutoBid
抔が挙げられるも、記事中に記載の有る様に オムニチュアのSearchCenterを利用するに、 入力パラメータとして電話注文のトラッキングデータを使用するのであると推察されます。

また同記事には成果指標として ROAS とCOGS(Cost of Goods Sold = 売上原価) が挙げられており、此処に ROAS とは即ち Rerurn On Advertising Spend ITpro IT用語辞典:ROAS に依れば
広告の費用対効果を表す指標の一つであり、広告費用1円あたりに対して得られた売り上げ金額を意味する。売上高を、投じた広告費用で割って算出する。
となり、同頁内
広告の費用対効果を表す指標としてはCPM、CPC、CPAなどもあるが、これらは費用に視点を置いた尺度であるほか、バナー広告のインプレッション数やクリック数など個々の広告キャンペーンの効果を評価する際に用いられる点が異なる。
と有る様に、他の指標と比較して広告効果を全体的に捉えられる点が特徴であるかに考えれば、 事例として挙げられた米国企業にて オフラインコンバージョンを取り込んだ全体最適 に焦点を当てるが関連を為すものと思われます。

残念乍、現地に赴き直接拝聴したものになく、 又、自動入札ツールも未だクリティカルなソリューションとは成り得ないと聞く中、 総て紹介記事因りの推測なれば、矢張りもう少し詳細に及んだ内容の知りたい処ではあります。
スポンサーリンク