ブランド周知に於けるホームページの利用

自社ブランド周知にWebを利用しようとするに多く企業が間違い易く思われるのは、 先ず社名を広く知らしめた後、顧客とすべくアクションを取らしめんとすることにあります。 此れは全く順番が逆、正反対であるかに存知ます。 其の手法を飽くまで貫き通すのであれば、今迄通りマス媒体を用い、 予算の半分を誰やらの飲み代としてドブに捨てれば良いかに思うは、 GIGAZINE、2009年03月06日掲載の 新聞やテレビが絶対に書かない「ホリエモン」こと「堀江貴文」の真実~ロングインタビュー後編~ にて、
そもそも番組制作費が、さっき言ったような理屈でお金がかかりすぎてるし、電波の配信設備も、要は古くさいものだから、ものすごくお金がかかってる、と。広告代理店国内最大手の「電通」もものすごいマージンをとってる、と。どう考えても割高なんです。そして、割高なものからは絶対逃げていくんです。最初はスポットCMから逃げていくと思ったんですよね。
の様に言及されているにもあり、 態々彼等のシャンパンタワーを高く積み上げる為に、 苦労して得た利益を捧げるは誠に莫迦らしきことと思われども、 従来がパラダイムに在れば折り込みチラシより、テレビCM迄、 此のベクトルより逃れようが在りませんでした。

扠こそ、此処にインターネットの登場し、 更に進んで自社のブランド周知に使用するを社として決定すば、 何も従来が手法にて予算を無駄にするも無きものをと云うのが本アーティクルの主題。
スポンサーリンク
上にて全くの真逆と申せば話は簡単なこと、其の儘文を引っ繰り返せば即ち、 顧客となりしに広く社名を知らしめていただく、 と云うことになります。 インターネットにて自社と関わり賜るは先ずはホームページの閲覧者と云う属性にて、 これは、現状多くは検索エンジンから正しくピンポイントに、 トップページならぬ其の下層が自社提供サービスを目指し訪れ来たった方にて、 ホームページに紹介される内容に満足がいけば、其処は其れ、顧客へと属性変換の、 此れをコンバージョンと申し、インターネットマーケティングに於いては重要な概念の今は置き、 此の自社提供サービスを利用して後、満足を得られた顧客こそ軈て、 陰になり日向になり自社ブランドを高めてくれるのであり、 先ずは自社名もご存知無き此れ等の方との従来とは逆方向の交わりこそ、 Webの特性を極々活かした王道、 勿論此れは自社提供サービスの行き届いたるが大前提は云わずもがなのことにてあります。

抔とは云え、此れはホリエモン氏と同様、少々ネット携わるものとしての肩入れのし過ぎの感有り哉無し哉、 ともすれば偏向著しい内容にても有り哉無し哉、 実は日経ビジネスオンラインの2009年2月25日には、 AMN代表取締役社長徳力基彦氏の文責にて クチコミの爆発力とマス媒体の爆発力 なる記事の掲載され、 此れ抔も同様、
インターネットのバナー広告とテレビCMでは、広告の効果が期待されるポイントや、効果測定の余地などで、メリットとデメリットが大きく異なるという話
とあるは意を強くせしめらる前回コラム バナー広告、効果測定難しいテレビCM を受けての記事中に、 マス広告タイプとしてとしてお祭り型、 及び、 インターネットタイプとしてファン獲得が他の 斯く示されれば、 両者は補完関係にあるは一目瞭然、 此れを複合すれば下が図の如くある筈 2008/12/30~2009/3/9テンプレートデザイン とは少々取らぬ狸の何とやらたる含みあるものの、 其の意向在らば、両者を上手く用いてブランド周知を図られたくあります。
スポンサーリンク

「ブランド周知に於けるホームページの利用」への1件のフィードバック

  1. オフラインコンバージョンと自動入札ツール

    ホームページを成果を上げるものへと改善する為支援に訪れた先にて、実店舗を所有する、ドッグイヤー的一昔以前の言葉を用いればクリック&モルタル的な企業では必ずや言及させていただく事項にオフラインコンバージョンがあり、此れに関する興味を惹く知見が、2009年2月中旬

コメントは受け付けていません。