アップル社にMacBook Air 2013のバッテリー交換を依頼する

遅蒔きながら2018年7月5日に macOSSierra から High Sierra にアップデートしてなお意気軒昂、 ストレージなどは何故か余裕が出て、 五年選手となってもまだまだ第一線で活躍してくれるアップル社のMacBook Air 2013には唯一弱点がありました。 バッテリーです。 頃日頓に弱り出したバッテリーは様々な不具合を惹起します。 勿論、絶対的充電容量が減るために外出時に駆動時間も比例して減ります。 起動時には電源アダプタを繋いでいないと其の儘落ちてしまうのも屡々で、外では大いに弱らされます。 一度は起動時の不安定さにデータが飛んだと勘違いしてタイムマシンからの復旧を図ってしまったりもしました。 また残り僅かな充電量では作業中まま急に落ちてしまうのも困りものです。

バッテリーの状態の確認

メニューバーから確認したMacBook Air 2013のバッテリーの状態

MacBookではメニューバーのバッテリーアイコンからバッテリーの状態を確認出来ますから実行すれば、 間もなく交換 と表示されています。 またアップル社のサポートページには Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数を調べる なる情報が有り、此れに従って バッテリーの充放電回数を調べる と手元のMacBook Air 2013の充放電回数は 1,093回で、同サポートページに掲載される 充放電回数の上限 表を見れば MacBook Air (11-inch, Mid 2013):1,000 と有る、1,000回を既に超えており、 バッテリー交換は既に必須の状態と考えた方が良い様です。 因みに同サポートページには MacBook Air のモデルを識別する 方法の掲載されたページへのリンクも貼られており、 以下の方法でシリアル番号、機種 ID、部品番号を確認出来るので、 アップル社へバッテリー交換を依頼するにしても、 自力でバッテリーを購入し交換するにしても事前に調べておいた方が良いでしょう。

  • 「この Mac について」ウインドウ
    大半のバージョンの macOS では、コンピュータのシリアル番号とモデル情報を「この Mac について」ウインドウで確認できます。
  • MacBook Air 本体の表面
    MacBook Air の蓋を閉じて裏返します。シリアル番号は、本体底面の規格マークの近くに印字されています。
  • 購入当初の製品パッケージやレシート
    MacBook Air ご購入時の製品パッケージがお手元にある場合は、パッケージのバーコードラベルにシリアル番号が記載されています。
"アップル社にMacBook Air 2013のバッテリー交換を依頼する" の続きを読む

MacBook Pro2016のTime Machine導入記

2016年々末に入手した Macbook Pro 2016 Late 13インチ も既に一年半を閲しますが愈々役立ち特に iPhoneアプリ作成 に於いては無くてはならぬツールとして活躍してくれています。

必然となったmacOSのアップグレード

処で一週間程前、日本時間の2018年6月5日早朝に催されたWWDC2018では時期macOSたる Mojaveモハベ) が紹介されましたが、現行のmacOS High Sierra にさえアップデートせず、入手以降 Sierra のまま過ごして来ました。 しかし遂にアップデートを余儀なくされる事態が惹起されました。 XcodeがmacOSのアップデートなしには最新のバージョンへのアップデートが不能となってのです。

macOS High Sierra無料アップグレードの案内とApp StoreにSierraでは互換性のないと明示されるXcode.9.3
macOS High Sierra無料アップグレードの案内とApp StoreにSierraでは互換性のないと明示されるXcode.9.3

しかも手元の検証用のiPhoneは最新のiOS.11.3へとアップデートして仕舞えば、 古いバージョンのXcodeからは実機転送が不能となりました。 なかなか、セキュリティー上芳しからぬ評判のあったとはいえ、もう充分時間も経ち 問題も低減しているでしょう、 macOSアップデートに如くはなし、と実行を目論むに当たり、 若しやの際に備えて充分なバックアップ体制を用意せんものと、 Time Machineの導入に至ったのでした。

本記事は実際にMacBook Pro 2016モデルにTime Machineを導入した 2018年4月18日から2018年5月6日の経緯を、 孰れまた導入の機会もあろうことを鑑み、 備忘録として書き残し、シェアするものです。

"MacBook Pro2016のTime Machine導入記" の続きを読む

MacBook Pro 2016にSassとCompassを導入する

トラブルは繰り返されるものとて 己れの遭遇した不都合のブログへの配信は己が身にも都合良く機能し 延いては少しは他者のお役にも立とうかと言うものにて 以前は2016年8月5日に本ブログに投稿した記事 Windows10機へのCompassの導入とDEPRECATION WARNING問題 再び と言う訳で情けは人の為ならずと言った趣がある本記事は 今や手元の環境に必須となりし Sass 及び Compass を先日入手した新機 MacBook Pro にも導入しようとした際の顛末です。

スターバックス珈琲店で開いたMacBook Pro 2016
スターバックス珈琲店で開いたMacBook Pro 2016

尚Rubyで書かれた Sass、Compassを導入するには事前に Rubyの走る環境を整えねばならない のは言う迄もありません。事前の環境が整った後ターミナルを起動し 先ずはRubyGemでインストールされているプログラムリストを確認します。

"MacBook Pro 2016にSassとCompassを導入する" の続きを読む

MacBook Pro 2016にHomebrew、rbenvを導入してシステムと別バージョンのRubyを使用する

FreeBSD に由来する MacOS Sierra には初めからプログラム言語 Ruby が備わっています。 ただ少しばかりバージョンが古いものなので新しいバージョンに置き換えたいものですが 何もごっそり丸さら置き換えなくとも新しい別バージョンを導入して並立出来得るものならばさせたい処です。 Macには固より此の様な場合に rbenv なるRubyのバージョン管理システムを利用するという確立された方法が用意されています。 此のrbenvを導入するには更にまた Homebrew なるMacのパッケージ管理システムが用意されています。 Rubyのバージョンを幾つか並立させる為には此れ等を逆から導入していく段取りとなります。

従って先ず手元の MacBook Pro 2016 にHomebrewを導入します。 インストールにはネットに繋がった状態でMacのターミナルを起動し Homebrewの公式サイト に用意される一行 /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" をコピペして実行するだけで宜しいとされています。 手元の環境で以下の如く入力、実行しました。

Last login: Sat Mar 4 11:45:42 on ttys000
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

然る後要求されたMacBook Pro 2016のパスワードを入力すると以下の如く出力されました。

==> Installation successful!

==> Homebrew has enabled anonymous aggregate user behaviour analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
http://docs.brew.sh/Analytics.html

==> Next steps:
- Run `brew help` to get started
- Further documentation:
http://docs.brew.sh
Run `brew doctor` before you install anything
Run `brew help` to get started

インストール成功の表示の後に上に赤字で記した様に出力にされるインストール診断とヘルプ表示を実行し、 バージョンを確認してみればどうやら首尾良く運んだのが分かります。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

$ brew help
Example usage:
…(ry

$ brew -v
Homebrew 1.1.10
Homebrew/homebrew-core (git revision 8f25; last commit 2017-03-04)

Homebrewの準備が整えば次はrbenvの導入です。 以下ではRubyのバージョンを確認した後、 Homebrewを用いてrbenvをインストールしています。

"MacBook Pro 2016にHomebrew、rbenvを導入してシステムと別バージョンのRubyを使用する" の続きを読む

MacBook Pro 2016のターミナル.appで履歴を保存する

未だ MacBook Air 2013 は現役で活躍してくれていますから MacBook Pro 2016 ではそれほど ターミナル.app を使用する頻度も高くなく作業環境改善の必要性も感じていませんでしたが履歴が保存されない問題がありました。 しかし使用頻度が上がれば困る事態も屡々惹起される処となり 購入から数ヶ月にして漸く問題解決に重い腰を上げたものです。

結論から書けば原因は以下の2ファイルが存在しなかったからでした。

  • .bashrc
  • .bash_profile

此れで合点が行く向きは以下は読む必要がないでしょう。 然るべき記述をした2ファイルを作成すれば望む結果が得られるものと思います。 合点が行けば GitHub に以下の記事が纏めて書かれてあるため其方を参照すれば 態々本記事を読む迄もありません。

Mac(OSX)で.bashrcを編集する

因みに MacBook Air 2013では標準で2ファイルは備わっていたかに記憶しますので必要ありませんでしたが MacBook Pro 2016のターミナル.appに於いては標準では用意されておらず自ら用意する必要があるようです。 孰れ ユーザー辞書 の様にOSアップデートなどに伴い改善されるだろうとのんびり構えていても 一向に状況は変わらない筈なのでした。

"MacBook Pro 2016のターミナル.appで履歴を保存する" の続きを読む

如何にMacBook ProのiCloudユーザー辞書は同期したか

アップル社のエコシステムは1社によりハードウェア及びソフトウェアが提供されるに依って至極便利な環境となっています。 少し前からは AirDrop なる機能が追加され同じApple ID端末では ドラッグ&ドロップでファイルの共有がとても便利になりましたし、 最近では iOS10及びmacOS Sierraに依ってクリップボードが共有されるのも便利に使い始めています。 其れ等便利な機能がアップル社のクラウドシステムに先鞭を告げたのが iCloud にて此れを通じて実現される 写真、連絡先、カレンダー、リマインダー、メール、メモ、iCloudドライブ、などの中にも 例えばメモでは取材などで手に入れた情報はその場でiPhoneに記録して 後から同期したPC端末のMacで加工し活用しますし 写真の扱いは最早此れ無くしては撮り貯まったものの整理整頓は難しく iPhoneをカメラとして活用するにエコシステム内での共有の簡単さは利用者に欠くべからざる環境としてあるでしょう。

MacBook Airのユーザー辞書設定
MacBook Airのユーザー辞書設定

就中なかんずく 便利に利用していたのがユーザー辞書の同期です。 IT環境のコアは現在残念ながらなかなかに日本で開発されるものではありませんからおよそ日本語環境の充実は進まないのですが 遅々としながらも最近では随分システム所与の辞書も語彙が整って来はしました。 しかし手元の活用法に於いては現在 歴史、郷土史について調べたデータが多く必然的に 関連する言葉を使用するに其れ等は残念ながらお仕着せの辞書に於いてはお世辞にも充実しているとは言えませんし 地方特有の地名などが見られないのは無理からぬ処で どうしても自らユーザー辞書に必要に応じて登録せざるを得ないのですが 此れがPC端末でユーザー辞書登録した語彙がiCloudを通して同期され 其の儘iPhoneの変換候補に挙がるのは実に便利に感じられるものなのでした。

"如何にMacBook ProのiCloudユーザー辞書は同期したか" の続きを読む

Macbook Pro 2016 Late 13インチ一週間使用報告

MacBook ProとMacBook Airの共演
MacBook ProとMacBook Airの共演

一週間前の2016年11月19日の夕方にアップル社に発注していた Macbook Pro 2016 Late 13インチ が届き開梱し様子をレポートしたのが翌日2016年11月20日の本ブログ記事 Macbook Pro 2016 Late 13インチ発注物語 でした。 前の所有機種に於いては Windows XP機からMacBook Air Mid 2013(11インチ)への移行 であるとともにWindows機の故障でもあったため仕事上シームレス且つ迅速な移行を必要としましたが今回は MacBook Air Mid 2013(11インチ) は未だ現役で未だ未だ活躍して貰わなければならないため移行作業は急がず緩りと進めている状況でもあります。

環境構築方針

一週間の使用報告と称しても巷で話題の Touch BarTouch ID よりは未だソフトウェア的な熟成も図られぬ内には時期尚早とも思われ 此の記事ではほぼ新環境の構築の話柄に振られるのはご寛恕いただきたく思います。 世の中には様々MacBookを入手したら先ずインストールすべきアプリ〇〇選などのような情報を溢れていますが 基本的には既に使い慣れたMacBook環境であるのは変わりませんので 其れ等の情報に戸惑わされるのも馬鹿馬鹿しいですし独自の環境を独自の手法で構築する様子も記述せらる記事となります。 又前機種MacBook Airではアップル社の Time Machine をシステムを用いてバックアップを取っていましたが何某かの開発に特化した環境を構築する訳でもありませんし データはクラウドで運用するためクラウド連携すれば問題もなく 使わなくなったアプリもあれば既に古くなった構築環境もあるのを鑑みて MacBook Airとは似て非なる環境を構築する様子の記述でもあります。

"Macbook Pro 2016 Late 13インチ一週間使用報告" の続きを読む

Macbook Pro 2016 Late 13インチ発注物語

昨日辺りから次々と届き始めているらしく 各所でMacBook Pro到着のレポートが上がっており ご多分に漏れず当方にも昨日2016年11月19日夕方に発注していた MacBook Pro 13インチ 2016 late モデルが届きましたので到着時の様子など書き残しておくのも 備忘録として用立つ際もあれば一報をものしたく考えました。 使用レポートを求めれば本記事は然に非ずしてご寛恕願いたく思います。

アップル社に発注したのは続々と届き始めた面々も恐らくは様子を同じくするでしょう、 去る2016年10月27日、日本時間では日の変わった28日深夜の Hello, again イベントの直後でしたので様子をライブストリーミング配信で見て仮眠を取って朝打ち合わせに出掛ける前に アップル社のサイトから注文をしたのでした。

即断即決の理由

何故評判も出揃っていない新機種をネット配信された僅か数時間の動画で購入判断したかと問われれば 信頼感 の一言に尽きます。 本ブログにも配信した Windows XP機の終了とMacBook Air Mid 2013(11インチ)への移行 にはWindows機からMacに乗り換えた事由が様々挙げられていますが 今となってはWindowwも10となってOS上の問題は少なくなり 相変わらず機種選定には労力は必要ないものの 今回の新機種となれば決してコストは低廉なものではありません。 ただ此の記事に記された MacBook Air Mid 2013(11インチ) はなんのかんの言っても一番廉価なモデルでありながら 3年間此れと言う支障もなくきっちり仕事に用いるに応え稼がせてくれたのが強い信頼に繋がり 今回のリピート購入に繋がったという処です。 ジョナサン・アイブ氏インタビュー に言われるデザインのシンプルさは何も見た目に効用のあるだけではなく 構造の簡素さは丈夫さに繋がると思われ 斯くも頑丈な点もMacの美点に数え上げられるべきだとは常々思う処でもあります。

"Macbook Pro 2016 Late 13インチ発注物語" の続きを読む

Windows XP機の終了とMacBook Air Mid 2013(11インチ)への移行

EeePC S101初代シャンパンゴールドと二代目グラファイトブラック揃い踏み

数週間前から起動と同時にchkdskが走り、其の度に不良セクタが検出されれば薄々愈々と思われるも騙し騙し使い続けた ASUS社謹製ネットブック Eee PC S101 が遂に先週末息途絶えました。 本ブログの姉妹ブログ ホームページ作成浜松Tips (※1) の2009年1月28日には EeePC S101+イーモバイルセット の記事が有る通り、まるまる5年程愛用し続けた次第、 実は途中初代シャンパンゴールドが息絶えた折、 二代目グラファイトブラックに代替わりしていましたから、 両代とも凡そ2年半程ずつオーナーから馬鹿だの鈍間だの言われ小突かれながらも使命を全うしてくれました。 11月初旬には大容量予備バッテリーを購入してまだまだ使い倒す気満々だったのですから残念です。

Eee PC S101を2代継続使用した理由

初代が起動不能に至った際、2台目のEeePC S101を購入したのは 初代をイーモバイルの割引セットで購入した値と同じ福翁3枚迄 値落ちしていた費用の面が先ず大きく有りました。 仕事に利用しますから環境の移行が簡便であるのも重要な機種選定要件でした。 また数年使用した先代のバッテリー能力も落ちてはいたものの予備バッテリーとして利用出来ること、 同時に起動不能ながらも初代はバッテリー充電装置としては機能しましたから バッテリーの2台同時充電が出来たのも翌日使用するには大切な要件でした。 斯くしてASUS社謹製ネットブックは2代に渡り本ブログ運営者に選ばれたのでした。

MacBook Air 2013 に移行した理由

"Windows XP機の終了とMacBook Air Mid 2013(11インチ)への移行" の続きを読む