Net Audio vol.03 2011 AUTUMN を買ってみた

コンピュータを利用して音楽を楽しむ PCオーディオの世界が広がっています。 それを反映するかのように本ブログ2011年9月3日の記事 PCオーディオ雑誌が熱い! に書きましたようにPCオーディオを専門に扱ったムックが勢揃い、 堪らなくなって取敢えず目に付いた 音元出版 から2011年8月1日に発刊されている Net Audio の最新号は第3巻 Net Audio Vol.3オーディオアクセサリー増刊 2011年 09月号 [雑誌] を購入しました。

感想は… 一言で言ってマニアック 、これに尽きるでしょう(笑)。 誰が説明もなしに DAC だの DDC だの ジッター だの S/N だの分かりますか!? いや、此処まで読んだ貴方なら分かるでしょうけど…。

Net Audio vol.03 2011 AUTUMN 実画像
スポンサーリンク

勿論連綿として続いてきた趣味の王道の一つ オーディオの専門誌はほぼ例外なくマニアックでしょうから、 本誌もそれに沿うものであるに違いありません、 が、コンピュータが得意で音楽も好きだからという流れで PCオーディオに興味を持った方には少し敷居が高いのも事実 、なればこそ右にある

はじめてのPCオ-ディオ (MOOK21) のような初心者向けの内容の本も必要とされるのでしょう、 PCオーディオ編集部はその意味でも少し先んじているのかも知れません。

魅力的な記事の多い本誌ですが、ひとつお得な情報を紹介すれば、 特別付録としてハイレゾ音源CD-ROMが付いて来ます。 レコーディングエンジニアは(有)沢口音楽工房の 沢口真生 氏、演奏家はピアニストの ユキ・アリマサ 氏のコラボレーションに拠る全6曲ピアノソロの、 総てFLACファイルで解像度は

  1. 44.1kHz/16bit
  2. 96kHz/24bit
  3. 192kHz/24bit
が各2曲づつとなっています。 加えてCD-ROM内には音楽配信サイト e-onkyo music から無料で オーレ・ブル:幻想曲協奏曲第1楽章 をダウンロードできるリンク先が掲載されています。 なかなか手に入らないハイレゾ音源がオマケとして付いて来るのは魅力的ですね。

それはそうとして…本誌で注目モデルとしてP154でも取り上げられている Carot OneERNESTOLO ってイタリアのコンパクト管球アンプはキュートですねぇ…はぁ。 Net Audio vol.03 2011 AUTUMN P154注目モデル Carot One ERNESTOLO のページ Carot One ERNESTOLOの参考記事:
ITメディア+D Life Style(2011年7月25日) デスクトップで真空管サウンドを堪能できるキュートな奴、「CAROT ONE ERNESTOLO」

スポンサーリンク

「Net Audio vol.03 2011 AUTUMN を買ってみた」への1件のフィードバック

  1. DigiFi No.03 2011 AUTUMN を買ってみて驚いた

    大きな広がりを見せつつあるコンピュータを利用して音楽を楽しむPCオーディオの世界、本ブログの2011年9月3日の記事PCオーディオ雑誌が熱い!でもPCオーディオを専門に扱ったムックが勢揃い、その中の一冊音元出版から2011年8月1日に発刊されているNet Audio Vol.3オーディオ

コメントは受け付けていません。