ハイレゾ音源をダウンロードしてiPadで楽しむ

音楽の詰まったCDの音はデジタルで構成されています。 音は空気の振動で波形を持っています。 アナログの滑らかな波形を細かく区切って0と1に分解して保存しているのが デジタル音源の基本的な原理です。 この分解するときの細かさで音の再現度が変わってきます。 細かくすれば細かくするほど元の音に近くなる理屈ですね。 この細かさの指標を 時間に対しての細かさはサンプリング周波数、 波の大きさに対しての細かさは量子化ビット数と呼びます。 基本的にはCDの場合

  1. サンプリング周波数:44.1kHz(1秒間を44,100に分ける)
  2. 量子化ビット数:16ビット(大きさを216=65536に分ける)
となっています。 CD専用機器などではこれ以上の細かさの音を聴くことはできませんが、 パソコンは汎用の面目躍如、これを超えた更に肌理の細かい音を楽しむことが出来ます。 このとき音の細かさの指標は更に大きくなり サンプリング周波数は96kHzや192kHzなど、 量子化ビット数は24ビットにも及びます。 このような音源を ハイレゾ音源 と呼んでいます。

ハイレゾ音源は昔で言う音響ファン、オーディオファンには堪らない音源となるでしょう、 それをフリー、無料でダウンロード出来るサイトを紹介してくれているブログが uta blog さんで2011年5月1日の記事として Freeハイレゾ音源 があり、中には

を紹介してくれています。

FLAC Player アプリアイコン さて、汎用端末でハイレゾ音源を楽しめるとなれば、我等が iPad ではどうでしょうか? 探してみると確りハイレゾ音源を楽しめるアプリが用意されていました。 FLAC Player がそれです。 アプリは英語版ですが日本の方で作者の方と親しく情報交換されている方がいるようで、 その方の運営されているブログ Music TO GO! さんの2010年11月26日の記事 iOS4.2とFLAC PlayerとiPadのハイレゾ再生 は関連事について書かれています。 また2011年3月19日の記事では iPadから真のハイレゾ再生に成功 という記事を書かれていますね。 更に4月21日には上記リンク先の iTunesストアで配布されている FLAC Player が量子化ビット数24ビットへ対応した旨の記事 FLAC Playerの24bit対応版出ました も書かれています。 とても参考になるブログだと思います。

FLAC Player は2011年8月現在 850円の値が付いていますが、 嘗てオーディオファンが趣味に投じていた金額を思い出せば (恐ろしげな金額を聞いたような覚えもあり…) 比較にもならないことでしょう。 特にオールドファンには食指の動く iPadアプリとなるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

「ハイレゾ音源をダウンロードしてiPadで楽しむ」への5件のフィードバック

  1. PCオーディオ雑誌が熱い!

    少し前まではコンピュータを使った音楽などチープなものでした。シンセサイザーなどは個人で所有することは適わぬ値段で、コンピュータ音楽と言えばファミコンから聞こえてくる電子音とそれほど変らぬものでした。大ヒットゲームドラゴンクエストなど初期のファミコン時代に

  2. ヘイジュードを含むビートルズのハイレゾ音源

    ヘイジュード(Hey Jude)と言えば謂わずと知れたビートルズの代表曲、ポールがアカペラからヘイ~歌い出し、ジュードと発声するとともにピアノの弾かれ、切々と歌い上げるに連れメンバーの演奏が被り始めます。そして後半のリフレインでは愛こそはすべて(All You Need is L

  3. 高音質保証!麻倉式PCオーディオ~書評

    PCオーディオへの汲めども尽きぬ湧き出る興味から、書肆に足を運べば知らず知らず関連書籍へ気を遣る己に気付く本ブログ運営者です。さて、そんな状況の中新書の棚に見付けたのが本書です。高音質保証! 麻倉式PCオーディオ (アスキー新書)著者はオーディオ・ビジュアル評論

  4. DigiFi No.03 2011 AUTUMN を買ってみて驚いた

    大きな広がりを見せつつあるコンピュータを利用して音楽を楽しむPCオーディオの世界、本ブログの2011年9月3日の記事PCオーディオ雑誌が熱い!でもPCオーディオを専門に扱ったムックが勢揃い、その中の一冊音元出版から2011年8月1日に発刊されているNet Audio Vol.3オーディオ

  5. iTunes Plusの特徴と音声ファイル形式一覧

    アップル社が提供のサービスiTunesに於いて何某かの新企画を打ち出し話題となっています。公式の当該ページがiTunesの新機能:アップル社となりますが、注目の的、アップル社の新規サービス提供ともあってキーワードがネット上にもiTunes in the CloudiTunes MatchiTunes Plu

コメントは受け付けていません。