新型iPadが実質0円で手に入るiPad for everybodyキャンペーン

いよいよアップル社から iPad3 が発表されました。 いえいえ、どうやらその名称は The New iPad ということで番号はつけないで iPad という定番商品の新型であることを主張しているようです。

ところで新型モデルの登場により iPad2は旧モデルとなってしまったとはいえ タブレットPCの代表的なモデルで性能も発表から1年しか経ていないことから 全く問題ないことが分かります。

iPhone4Sをauが扱い始めた際、 ソフトバンクはiPad2で販促をし、 顧客引止めを図りましたが、 この手法はなかなか功を奏したようです。 ソフトバンクはキャンペーン上手であることも分かると同時に またiPad2が如何に魅力的な端末であるかも分かります。

実はソフトバンクではiPad2のお得な販促キャンペーンを展開しています。 iPad 2 for everybody:料金・割引 | ソフトバンクモバイル なるキャンペーンがそれで 旧型モデルとはなりましたがiPad2のWi-Fi+3Gの16GBモデルは実質0円で入手出来ます。

0円とは言っても実質とのことで、 iPadを一括払いした時の料金の月々分割分を 毎月の通信料から割引します、というキャンペーンです。 またキャンペーンには条件がつきものですので注意も必要です。

条件は先ず25ヵ月間の契約が必要となります。 契約は自動更新の2年契約となり、 更新月以外の解約には契約解除料9,975円が掛かってしまいます。

条件は次に実質負担とは、 月々の分割支払金の合計額と通信料金からの割引の合計額との差額のことです。 通信費を2年間まるまる支払ってくれる方にはiPad2を無料でプレゼント、 と言い換えてもいいかも知れません。 契約期間中に機種変更や解約すればiPad向け月月割は終了してしまうことも注意が必要でしょう。

どれくらいお得なのかもモデル毎に比較してみましょう。 実質0円が適用されるのは16GBモデルのみで 32GBモデルは実質月々200円、64GBモデルは実質月々390円が掛かる計算です。 平たく言えば16GBモデルに比べて月々の通信料がこの分だけ2年間掛かることになります。 詰まり32GBモデルは200円×25=5,000円、 64GBモデルは実質月々390円×25=9,750円高くなることになります。 16GBとの一括払いでの差額は32GBで8,160円、64GBでは16,080円ですから 計算上は64GBが最もお得と言うことになります。

実質と言うことで毎月それなりの通信費は掛かることにはなりますが、 端末代は無料換算出来ることとなり、 何はともあれ消費者には嬉しいニュースでした。

なおこのキャンペーンは 2011年4月28日(木)から2012年3月15日(木)まで 実施されているとのことで一応は2012年3月10日の本日も適用可能とはなるのですが矢張り ピン! と来る方もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

そうです、2012年3月16日は新型iPadの発売日なんですね。 ではこのキャンペーンはどうなるのか? 実はこのキャンペーン、新型iPadに於いても 類似のものが引き続き継続されることになっています。 それをソフトバンクからお知らせするのがPDFファイルにはなりますが 「iPad for everybody」概要 です。 以下、その内容を見てみましょう。

  1. 内容
    「iPadWi-Fi+4Gモデル」を購入する際に、基本使用料が通常5,460円のところ4,410円で利用でき、 本体の実質負担額が16GBモデルの場合0円になるキャンペーンです。
  2. 毎月のお支払いイメージ

    Wi-Fi+4G(16GB)Wi-Fi+4G(32GB)Wi-Fi+4G(64GB)
    支払総額/
    現金販売価格
    53,760円61,680円69,600円
    分割支払金(24回)※2,240円/月2,570円/月2,900円/月
    iPad向け月月割(24回)2,240円/月2,170円/月2,110円/月
    実質負担額0円/月400円/月790円/月
    基本使用料ベーシックデータ定額プラン:4,410円/月
    (通常5,460円/月)
    ウェブ基本使用料315円/月
    ソフトバンクWi-Fi
    スポット(i)月額使用料
    無料(通常490円/月)
    ※ 支払期間25カ月、実質年率0%。
    ※ 本料金プランは2年契約(自動更新)となり、更新月(契約期間満了の翌請求月・初回のみ翌々月を含む2カ月間)以外の解約などには契約解除料(9,975円)がかかります。
    ※ 本プレスリリースに記載されている本体価格はソフトバンクショップ(直営)の場合です。実質負担額とは、月々の分割支払金と、基本使用料・通信料などから割り引く「iPad向け月月割」の差額です。
    ※ 「iPad向け月月割」とは、「iPad向け月月割」の金額を基本使用料・通信料などから24カ月間割り引くサービスです。iPad向け月月割は、iPad向け専用契約加入後2カ月目から開始されますので、iPad向け月月割を24カ月受けるためには25カ月間のご契約が必要です。なお、機種変更や解約等でiPad向け月月割は終了しますが、分割支払金の支払は必要です。
  3. キャンペーン実施期間
    2012年3月16日(金)から2012年5月31日(木)まで

これを見ると32GBモデル、64GBモデルの16GBモデルに比較した時の お得感が少々薄れてしまいましたが 孰れにせよ16GBモデルの実質0円と言うキャンペーンの肝は守り抜かれた感じです。 その他は矢張りほぼiPad2のキャンペーンを踏襲しているようですね。

今はまだソフトバンクの独占的な取り扱いのiPadですが もauの参陣が予想されてもいますから このキャンペーンからはシェアを奪われたなるものかと言う ソフトバンク社の意気込みが伝わって来るかのようです。

新型iPadの発売日2102年3月16日(金)はもう直ぐです。 iPad 2 for everybody も其の日には iPad for everbody へと書き換えられることでしょう。

スポンサーリンク