ダブルタップで読みたい部分が画面にピタリと収まる

ダブルタップで読みたい部分が画面にピタリと収まる ダブルタップの前にタップとは何だったでしょう? 本ブログ2010年09月20日の記事 iPadアプリを使うには? にある様に指先で軽く叩く動作をタップと言いました。 ダブルタップとはこの操作を2回素早く連続して行うことを言います。 素早くと言っても感覚として、 ポンポンと此方を向いて欲しい方の肩を叩くくらいで好いと思います。

この動作を行う場面は種々有りますが、 此処で解説するのは便利さとしては代表的な ホームページを見る為のiPadアプリ、 Safari(サファリ) に於いてです。 即ちホームページを見ている時ですね。 大抵のホームページは段組などレイアウトがそれなりに組まれていると思います。 縦に2列や3列のレイアウトが組まれている時は、 見たい列の文字は小さく、他の列は目の邪魔になり勝ちですね。 其の時見たい列をポンポンとダブルタップしてみて下さい。 iPadは自動的に其の列を画面いっぱいに広げてくれます。 お歳を召した方には目に優しく、 そうでない方にも読み物に集中させてくれる効果があります。 お試しあれ。

スポンサーリンク

「ダブルタップで読みたい部分が画面にピタリと収まる」への3件のフィードバック

  1. iPadの操作法スワイプと二本指スワイプ

    近日二代目も発売されて絶好調のiPadではタップ・ダブルタップという操作が行えました。(ダブルタップで読みたい部分が画面にピタリと収まる2010年9月23日参照)またタップした指を画面から離さないで画面上を滑らす操作のまたスワイプという操作も行えます。これは画面を切

  2. iPadの先取り操作法マルチタスク用ジェスチャー

    iPadはその直感的な操作法に定評があります。パソコンのキーボードの様な習得に時間を掛ける必要がないということですね。その特徴的な操作法としてダブルタップで読みたい部分が画面にピタリと収まる(2010年9月23日)iPadの操作法スワイプと二本指スワイプ(2011年5月12日

  3. iPadの操作法ピンチインとピンチアウト

    近日発売された二代目の評判も絶好調のiPadでは、本ブログに紹介した基本操作法が以下、タップ:ダブルタップで読みたい部分が画面にピタリと収まる:2010年9月23日スワイプ:iPadの操作法スワイプと二本指スワイプ:2011年5月12日でしたが、今回は加えてピンチと言う操作法

コメントは受け付けていません。