サブアドレスが自由自在のGmail

サブアドレスが自由自在のGmail 今や仕事にも余暇にもメールは必須のものとなりました。 そうなるとメールアドレスも一つでは足りません。 業務用の公式なものから非公式なもの、社内専用のもの、 プライベート用のもの、と使い分けている方も多いのではないでしょうか? それでもあまりメールアドレスが増え過ぎても管理に困ってしまいます。 一時的に使用したいものや、ちょっと会員登録にメールアドレスが必要、 などという際にはサブアドレスがを使う手もあります、 とは言ってもサブアドレスでもメールアドレスには違いありませんから 矢張り管理の手間が増えてしまう筈です。 多くのサブアドレスを提供しているサービスが有りますが、 その意味ではどれも似たり寄ったりのサービスと見えてしまいます。 ところが Google社の提供している Gmail(ジーメール) を利用していれば管理の手間を増やさず、 しかも簡単に、またいらなくなった時の削除も後腐れなし、 と、この上なく便利なサブアドレスを利用することが出来るのです。

その方法とは…

スポンサーリンク

至極簡単、 メールアドレスに+と好きな文字列を加えるだけ です。 例えば hoge@gmail.com というメールアドレスを使っているとします。 サブアドレスを利用してWebサービスに登録するときには hoge+fuga@gmail.com のように登録メールアドレスを設定します。 すると hoge+fuga@gmail.com 宛てのメールは hoge@gmail.com に届くのです!

従って管理も hoge@gmail.com を利用すれば良く、 hoge+fuga@gmail.com を別管理したい時には Gmail のフィルタ機能を使って振り分ければ良いと言う寸法ですね。 一つの式で表すと

hoge+fuga@gmail.com ∈ hoge@gmail.com
とでもなるでしょうか?

またこのサブアドレスからメールを送信することも出来ます。 そのためにはメールアカウントを登録する必要があります。 Gmailの右上のギヤアイコンのプルダウンメニューから メール設定 を選択し遷移した画面に表示されるタブの左から三番目の アカウントとインポート をクリックします。 上から三番目の 名前 項目に 別のアドレスからメッセージを送信 ボタンがあると思いますのでクリックすると別画面で 新規メールアドレスを入力することが出来ます。 入力して 次のステップ ボタンをクリックすると 名前 項目に新しく入力したメールアドレスが表示されていれば設定完了です。 これでメールを新規作成したときには From 項目のプルダウンメニューにはこのメールアドレスが選択可能となって表示されている筈です。

Google Appsを利用すれば、 独自ドメインでの Gmail の運用が出来ます。( 独自ドメインで使おう! :2010年11月14日参照) この時も上記の方法によりサブドメインが使えることを 手元の環境で確認しました。

驚くべき容量と高度なスパム判別機能で有名な Gmail ですが、 こんな小技(最早小技以上かとも思いますが)が使えるのも旨味で、 とても便利ですから上手に使い熟したいものですね。

スポンサーリンク

「サブアドレスが自由自在のGmail」への1件のフィードバック

  1. 既存Gmailアカウント末尾に数字をつけたアカウントは避けるが吉

    以前はGmailの有用性、特にスパムフィルターの凄まじさを声を嗄らして説明するも暖簾に腕押し、糠に釘、ウチは確りフィルター設定してるからなどと宣われながら何処吹く風とばかりに.comドメインのメールなども総て弾いてしまうという剣呑な事業者も見掛けましたが、今やかな

コメントは受け付けていません。