Google App EngineにMySql準拠のDB機能追加

本ブログで使い方や仕様を解説しているサービス HamaZoランクチェック! は毎日のはまぞうブログシステム上で運営されるブログのトップ200ランキングを保存しています。 保存されたデータを閲覧することで はまぞうでのブログを運営する人には自らのブログの状況を把握することが出来、 はまぞうのブログを読みたい人にはどのブログが人気があるかの情報を提供出来ます。

このサービスは Google社の提供するクラウドサービス Google App Engine(グーグルアップエンジン) を利用して構築されています。 Google App Engine は…

スポンサーリンク

クラウドサービスの中でもプラットホームを提供すると言う意味で PaaS(パース:プラットホーム・アズ・ア・サービス) と呼ばれるカテゴリーの中でも代表的なもので、 インターネット上に利用しているサービスも増えて来ているようです。 このサービスでは地球上の総てを整理しようと言う Google社のビジョンの実現に向けた 巨大な検索データをも扱えるように構築された同社のデータベースを 個人で使えるという魅力があります。 またサービスの人気が高まり、アクセスが増えて来ても、 特別な処理の必要なしに自動的にスケールしてくれる機能も Webサービス提供、開発者を惹き付けています。

但し従来、この特典を享受するには同時に Google社の規格の中でサービスを構築する必要がありました。 今回、同サービスに追加された MySql準拠のデータベース機能を利用すれば、 一般的に普及したデータベースの規格に乗っ取ってサービスの構築が出来るようになります。 此れ迄慣れ親しんだ開発環境で Google社のインフラを利用出来るとあって、 Webサービス関係者界隈で話題となっています。

この報を伝えてくれる記事を二つ見付けましたので興味のある方はご参照下さい。

前者には機能や仕様についての詳細が記され、 後者からは Google社の関連した言及や2010年5月の発表なども窺い知ることが出来ます。

なお、 HamaZoランクチェック! ではこの新機能を利用する予定は今の処ありません。 Google社の独自のキーバリューデータベース、 Bigtable(ビッグテーブル) を当面の間利用する予定でいます。 従って当該サービス利用に関しての変更はありません。

スポンサーリンク