ブログ記事内の段落

本ブログではブログ記事内に <p> タグを用いることにしています。 pタグの p とは パラグラフ(paragraph) 即ち段落を示します。

文章をものするにあたって段落とは必要欠くべからざるものであることは 最早閲覧下さる方には釈迦に説法でしょう。 しかし、ことブログに於いてはお座なりですまされる例も多く見受けられる様です。 読者の利便にもなることですので、 設定されることを是非お薦めします。

本ブログでのパラグラフの CSS(レイアウト設定の為のファイル) 設定は以下にしてあります。

.blogbody p{
  text-indent:1em;
  margin:0.5em 0 0 0;
  line-height:1.8;
}
先ずはお決まりで小学生の頃を思い出す様でむず痒いですが、 段落一行目の字下げですね。 段落の上には半行分の余白も設けます。 ブログ記事では改行を二回重ねて行間を空ける例が多く見受けられますが、 多分行間は開いていた方が見易いとの判断でしょう、 本ブログでは其れを考慮して行間を1.8行分としています。

スポンサーリンク