ブログで使えない文字をHTMLエンティティを利用して表示する

HTMLエンティティサンプル文字列大なり3D画像 時々初心者を抜けて中級者になろうとするぐらいのブロガーさんから ブログに書けない文字を書きたい時にはどうすれば良いの?と質問を受けます。 例えば >< がそうですね。 ブログはホームページと同じ理屈でパソコン画面上に表示を行います。 その時のルールを HTML と言い、 >< は重要な役割を果たす為に、 ブログで文字として入力した積もりでも表示される時には 文字として扱われないので表示されなくなってしまうのですね。 剰え意図せぬルールが適用されて表示が崩れてしまいます。

処が本記事ではご覧の通り、ちゃんと表示されています。 これを実行するには…

スポンサーリンク

実体参照 と言うテクニックを使います。 これもまたHTMLのルールに従い特殊な文字を表記することで HTMLルールに従った文字そのものの実体である HTMLエンティティ を表示させようというものです。

何だか説明を聞くと分かり難いですけど、 詰まりは例えばHTMLエンティティ > と表示させるには &gt; と実体を参照させる為の文字列を書くっていうことなんです。 (これ実は greater than、つまり英語で大なりの意なんですね。) < では &lt; (此方は less than、つまり小なりの意です。) と書きます。

ブログでは時々URL(インターネットアドレス)を書くと ブログシステムが勝手にリンクを貼ってしまうことがあります。 初心者の内はこれは有り難い仕組みなんですけど、 中級者ともなればリンクを貼らないでおいて欲しい時も出て来ますよね。 URL をブログシステムが URL だと判断するには大抵 http:// で始まる英数字の文字列を見ています。 そこで本ブログではブログが自動的にリンクを貼ってしまうのを防ぎたい時には コロンやスラッシュをHTMLエンティティを用いて表示することにしています。 こうすればブログシステムが勝手にリンクを貼らなくなります。

姉妹ブログ ホームページ作成浜松Tips では少し専門的になりますが以下の記事でHTMLエンティティについて扱っています。

7月14日記事で紹介している HTML Entity Character Lookup は今見ても便利ですね。 表示も格好好いと思います。 HTMLエンティティ のキーワードで検索すると上位に表示される Web Design LessonHTMLエンティティ も主な処は網羅されていてそれが一覧出来るので しばしば重宝に利用させて貰っています。

スポンサーリンク

「ブログで使えない文字をHTMLエンティティを利用して表示する」への2件のフィードバック

  1. オンラインで3Dテキスト作成~XARA 3D Heading Maker

    ブログで記事の内容をイメージするちょっとした画像が欲しいことがあります。本ブログでしばしば利用させていただいていてお気に入りリンクにも登録しているのが商用にも使用出来る写真素材を無料で提供してくれている写真素材足成です。写真はイメージを醸成し理解の助けと

  2. みんビズのフッター~フッター編集とコピーライト表示

    本ブログにカテゴライズするみんビズ&Jimdoに於いて前回に当たる2012年2月4日の記事みんビズのログイン表示を見せない設定ではフッターに配置されていたホームページ運営側の都合に因るログイン表示を閲覧者には見えないように配慮しました。それに依って多少フッターがすっ

コメントは受け付けていません。