LoiLoScope現状見聞録の紹介

LoiLoScopeとは当ブログにて以前、以下4アーティクルにて取り上げもし、 動向を注視している、漸うGoogle検索表示画面で件数が1万に迫らんとする新興動画ソフトウェアにて、 Geekなページ、2008年5月14日の記事 ビデオ編集ソフトLoiLoScopeが斬新過ぎる に、実際に(株)LoiLoへ出向いての当ソフトの見聞及び開発者インタビューが掲載されています。

今となっては当ソフトを見てこそ云えることなのですが、 従来の動画ソフトのインターフェースは一様にタイムラインを中心に構成され、 宛ら斯くあらねば動画ソフトにあらずと云った様相を呈していたのは異様な事態にて、 其処に颯爽と登場せるLoiLoScopeについて、未だ情報の乏しき中に、 当該記事内、SEGAにてゲーム映像の編集を担当されていた開発者の杉山竜太郎氏の言を引用させていただければ、
例えば、ソニックのパンチがあります。ゲームキャプチャでパンチしたものがあるのですが、いいパンチにも色々あります。頭の中でそれぞれの「イイ」パンチを覚えていくのは大変です。シーンとパンチの親和性を考えるときなどに、比較しながらちょっと再生してみるのが簡単なソフトが欲しいと思っていました。
と、開発動機、経緯が語られているのが 矢張り実際にインタビューをされた上で構成された記事である重要性を物語るかに思うと共に、 実に興味深く、貴重なインタビューを含む記事であると感じます。
こうであればこそ件の秀逸なインターフェースも頷け、 また其れを備えた実際の使用感を他者の視点から画像、感想を交え、 分かり易くレポートされている記事に謝意を表し度思います。

「入手方法」として項目立てられた中に
どうしても、クローズドベータ版を入手してすぐに試してみたい方は メールを下さいとの事でした。
とありますから、以前メール登録に関して苦言を呈し乍も 動画編集については門外漢の私は腰の引けて、 他人に先駆けて態々申し出る資格も無い者と自覚しておりますが、 動画編集に長け、造詣も深い方には是非申し出ていただき、 他のソフトとの使用感の相違抔をレポートしていただければ有り難いとの他力本願も、 中々情報の足りない中にこの様な展開、道が開かれたのも 当該紹介見聞録の貴重な功績になるのかもしれません。
スポンサーリンク

「LoiLoScope現状見聞録の紹介」への1件のフィードバック

  1. LoiloScopeの意欲的アップデート

    3月21日を皮切りに5月17日まで以下5アーティクルLoiLoScope(2008年3月21日)LoiLoScopeβ版未登場(2008年3月23日)LoiLoScopeの評価(2008年3月27日)LoiLoScopeメール登録開始(2008年4月23日)LoiLoScope現状見聞録の紹介(2008年5月17日)にて取り上げ乍、動向を注視して

コメントは受け付けていません。