仮想化のIT業界に与えるインパクト

未だ不勉強にて仮想化と聞けばただ一台のパソコンを複数台とみて 様々なOSを走らせられることだけだとの思い込みは身の不覚、 流行にも疎く、いくら空気の読めずとも流石にこれだけ仮想化が騒がれて、更には ITproに於ける海外情勢を読み解くの第39回は2008年5月22日の 仮想化は最重要のインフラ技術,ベンダー依存は危険 が如き記事を目にしては、多少なりとも触れざるを得ない事項であると思い至らせしめられ、 扨そうとなり世の中を其の気になり見回して見れば、 抔、有意義なサイトは幾つも見つかるうちに、 就中ZDNet Japanの2007年02月23日の記事は 「仮想化」とは何か? そのメリットは?(日本語字幕版) では
VMwareで製品担当シニアディレクターを務めるDan Chu氏が、仮想化技術の概要と、そのメリットについて解説
と引用させていただけば専門家の動画による解説が閲覧出来、 4分を少し余る程とコンパクトに纏まった音声字幕付きのムービーであることによるわかり易さに加え、 例えば、実際に使用されるサーバーの能力は5~10%であるとか、 サーバー800台は60台しか必要でなくなる抔、 圧倒的とも思える程刺激の強い定量的にデータを説明中に提示され、 ROIについての言及も宜成る哉と得心せしめられざるを得ない、 と云う具合に仮想化のIT業界に与えるインパクトの強烈さを思い知るに恰好な記事になっているように思います。

今迄看過してきた重要な技術、仮想化に関しては己の迂闊を恥じると共に、 ITに従事する者ならば近い将来必ずや、深くにしろ浅きにしろ 関わりを持たざるを得ない様に感じますので、 何処迄可能かは判然しませんが最低限のフォローは自らに施していく積りではいます。
スポンサーリンク