Google App Engine SDK for Pythonをアップデート

Google App Engineを利用してWebアプリを開発するには SDK(Software Development Kit) が必要な訳ですが、 これを2011年4月26日に暫く振りでアップデートしました。

メインマシンのWindows7に Google App Engine SDK for Python の最初のインストールをしたのは…

スポンサーリンク

2010年2月6日でした、実に一年以上…。 バージョンは 1.3.0 です。 Googleの SDKのダウンロードページ から9.1 MBのファイル GoogleAppEngine-1.4.3.msi をダウンロードしてダブルクリックするだけでアップデートは終了します。

特にSDKのアンインストールも実行しないまま 普通にインストールするだけで必要ファイルが上書きされて アップデートは完了する様です。 インストールフォルダの ¥google_appengine の直下には VERSION なるファイルが存在し、これをテキストエディタで開くと

  1. release
  2. timestamp
  3. api_versions
の情報が書き込まれています。 アップデート前には release: "1.3.0" だったものがアップデート後には確り release: "1.4.3" に書き換わっていましたので、 どうやら上手くいった様です。

そしてこの作業から一月と少しの本日2011年6月4日、 ダウンロードページを見てみると Google App Engine SDK for Python のバージョンは 1.5.0 となっています…早いなぁ。

スポンサーリンク