クラウドコンピューティングとASPからSaaSへの遷移

当ブログアーティクル主題に常々 クラウドコンピューティング を扱い、 尚、此処にはカテゴライズ迄実施の Google App Engine を扱うに際し、 徐々に大きく認識される結果となるが日本法人 株式会社セールスフォース・ドットコム を擁す SaaS の雄、 Salesforce.com なれば、大きく意識させられるに至ったが2008年12月9日のIT系の記事連、 にて、ZDNet Japan記事の最高経営責任者(CEO)のMarc Benioff氏が語るを引用すれば
われわれは、クラウドコンピューティングに対するオープンなビジョンを持っている。いまや開発者は、GoogleおよびSalesforce.comの双方が提供する、使いやすくて、スムーズな拡張性のあるクラウドコンピューティングインフラを活用できるようになり、強力なビジネスアプリケーションの作成および配布が可能になる
とあり、当ブログでも重大なるインフラとしてクラウドコンピューティングの威力を重々承知するに、 Google App Engine と其のクラウドコンピューティングをキーワードに連携するとして紹介さるサービス提供の Salesforce.com の更に詳細を求めるに目に留まるが ITpro は2007年の一連の記事 SaaSの衝撃 にて、中にも2007年2月6日の第1回の記事 SaaSの衝撃(1) 止まらない「ソフトのサービス化」 には数年前の記事なるも未だ衝撃的にして有益な内容が記述されるかに考えるは、 常より唯冠する名の変わりのみしかと思うに然にあらぬ、 ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ) から SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス) への遷移が其処には在ったのです。

彼の記事を閲せば先ず引用するに
“ネットバブル”と呼ばれた2000年ごろ、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)モデルが一躍脚光を浴び、そして急速に沈静化していった。
とあるは正しく脳裏に蘇るが、 マイクロソフト提供のサーバーサイドスクリプト ASP(Active Server Pages) との混用にて果ては ASPでASPを構築する 抔の同語反復なる冗句を常用したりしたが、 ネットワーク環境の劇的進化抔に助長され復権した、 其れこそ優良企業へと押し上げる推進力となりし SaaS について当該社が 日本法人サイト内に説明 されるも参照いただき、 当記事には更に当該社躍進が顛末の
パッケージ製品の販売と保守サポートで高収益を上げてきた大手ソフトウエア・ベンダーが、ここにきて続々とオンデマンド・アプリケーションへの参入を表明している
大きな要因こそ、次なる SaaS の登場と
カスタマイズの自由度を大幅に高め、既存のアプリケーションとの連携まで可能にしたオンデマンド・アプリケーション「SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)」の登場がそれだ。SaaSに対する“恐怖感”がパッケージ大手をオンデマンド市場参入に駆り立てている。
とIT業界が大きく動く様が抒情的に描写され、 当アーティクルの主役たるべし
SaaSプロバイダの代表が、ASPから進化を遂げた米セールスフォース・ドットコムだ。同社のマーク・ベニオフ会長兼CEOは、1999年の創業以来一貫して「エンド・オブ・ソフトウエア(ソフトウエアの終焉)」を唱えてきた。「企業がパッケージ・ソフトを買う時代は終わる」という意味だ。今、異端児の言葉は現実味を帯びている。
なる状況、
セールスフォースが勢いづいているのは、ASPの弱点をことごとく克服し、SaaSプロバイダに脱皮したからだ。
と云うIT業界ならずともビジネスに於いては参考さるべき姿勢が示されるかに考えます。

じゃによって現前せしめられるが今、 当アーティクル冒頭に紹介が Google と Salesforce.com の連携なのであり、今は未だ小規模な事業に適した提供物ではないかに思えども、 孰れ遍く行き渡るが予想され、今は Google App Engine を利用し熟知するのも面白き戦略かに存ずる処であります。
スポンサーリンク

「クラウドコンピューティングとASPからSaaSへの遷移」への1件のフィードバック

  1. 多言語プログラミング時代の到来

    Google提供のWebアプリケーションインフラ、Google App Engineに於いては遂に其の使用可能言語にPythonに続き、Javaの採用されれば、当ブログにても2009年4月15日がアーティクルGoogle App EngineのJavaに対応すで扱った如く、比嘉氏中心で進められるプロジェクトのJavaフレ

コメントは受け付けていません。