プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャとは Wikipedia:プロジェクトマネージャ に依れば
プロジェクトマネージャは、プロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を持つ職能あるいは職務。
とあり、別に項目立てらる IPA:情報処理技術者試験 の一区分としての資格については Wikipedia:プロジェクトマネージャ試験 があり、概要を引用すれば
この試験が対象とするのは、システム開発計画を円滑に運営する責任者、いわゆる(役割としての)プロジェクトマネージャである。合格率は例年6~8%程度と低い。この区分は高度情報処理技術者試験に分類されている。

1995年の情報処理試験の大規模改定期に導入された。2000年までは受験に年齢制限(受験する年の4月1日時点で満27歳以上であること)があり、さらに受験に際し業務経歴書の提出を行う必要があった。ただし2001年に行われた情報処理技術者試験の大規模改訂で、年齢や業務経歴書の提出といった必要事項は廃止されている。

平成21年度春期から施行される新試験では試験範囲や出題形式が変更されるが、試験区分としては存続する。
となり、ご本家の当該説明頁 情報処理技術者試験センター:プロジェクトマネージャ試験(PM)[Project Manager Examination] では、対象者像として
情報システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画の作成、要員などプロジェクト遂行に必要な資源の調達、プロジェクト体制の確立及び予算・納期・品質などの管理を行い、プロジェクトを円滑に運営する者
が引用され、 Wikipedia:情報処理技術者試験 を閲すれば全般的な当試験の位置付けに
情報処理技術者試験は、経済産業省が、情報処理の促進に関する法律(昭和45年法律第90号)第7条の規定に基づき、情報処理に関する業務を行う者の技術の向上に資するため、情報処理に関して必要な知識及び技能について行う国家試験である。情報処理技術者試験の試験事務は、独立行政法人情報処理推進機構が行う。

国家試験ではあるものの、合格者に資格が与えられる資格試験であるかについてははっきりしない。経済産業省はこの試験を能力認定試験と位置付けているほか、資格試験であるかの議論に意義はないとしている。一方で厚生労働省は資格と位置付けている。中央省庁以外では、資格という表現を用いた記事などが広く見られる。

いずれにせよ、業務独占資格や名称独占資格のようなものではないため、合格者でなければできない業務はない。
とあれば、なかなか資格と称すか試験合格者と称すか判然せぬ処で、 蓋然、プロジェクトマネージャは職域を示し、 IPAの試験名でもあり、 試験合格者も資格保有者として プロジェクトマネージャ を名乗ることも通例なれば、 今秋、当試験に合格しましたので、 当ブログプロフィールにもプロジェクトマネージャと記し、 此れにて高度情報処理技術者となればITサービス提供時品質を担保出来、 先ずは当該関係者として最低限の条件を備え得たものと考えます。
スポンサーリンク

「プロジェクトマネージャ」への3件のフィードバック

  1. tukamootiさんはハマゾーの管理者さんですか?ぱそこんに取り込ん画像がブログに取り込めません赤い×印が出てしまいますハードウエアのつまみをなし側に移動させokボタンをおしてパソコン再起動させても
    治りませんもし良かったら直し方教えて下さい

  2. 浜松西部ブログ村ではこの問題が解決したようでよかったですね。

コメントは受け付けていません。