Java(JRE)手動アップデートの方法

暫く前から手持ちのネットブックでは Javaの自動アップデートの通知がなされる度試みては失敗していました。 かなりの期間バージョンアップが不能となっていたので 今日はバージョンを調べてみることにしました。 これは Windows XP ではコントロールパネルの Java から開いたパネルで 「基本」タブの「バージョン情報」をクリックすれば確認出来ます。 インストール済のものは JAVA6 Standard Edition バージョン6アップデート20(ビルド1.6.0_20-b02) でした。 最新は調べてみれば Java6 Update25 となっており、結構な差異があって好ましい状態ではありません。

其処でバージョンアップを試みるにあたり…

スポンサーリンク

先ずは開いたパネルの「アップデート」タブから 「今すぐアップデート」ボタンをクリックしてみました。 しかしこの結果は自動アップデートと同様です。 因みにこのタブには「アップデートを自動的にチェック」と言うチェックボックスが用意されています。

次にWebサイトから直接ダウンロードしてアップデートを試みることにしました。 接続したサイトは java.com: あなたと Java です。 処がこのページには単にダウンロードに已まぬ機能が実装されているようで、 該当ボタンをクリックしてもダウンロードが開始されません。 どうやら手元のPCのJavaのバージョンとプラグインなどのチェックを行っているようです。 Google Chrome 上での実行では画面上部アドレスバーの下に Java6 プラグインのバージョンが古いためブロックされました なる警告が表示されました。 この時の選択肢は三つ

  1. 詳細
  2. プラグインを更新
  3. 今回は実行する
です。 しかし残念ながらどの選択肢もアップデートは失敗におわります。

失敗に終わりますが、ありがたいことにサイトとしての動線が 実に上手く考えられていてリンクを辿ると目的を達せられる様に仕組まれています。 先ずはどうして失敗するのか疑問に思う者にバージョンを調べてみては?と言うことで Java がコンピュータで動作しているかどうかはどのようにテストすればいいですか? なるリンクが用意され、ここで適切な表示がなされないと次に ダウンロードとインストール方法 に導かれます。 其処には 全オペレーティングシステムの Java のダウンロード一覧 なるページが用意されており、見事目的を達成出来たのでした。

特段現バージョンのアンインストールなどをせず、ダウンロードファイルの jre-6u25-windows-i586-iftw.exe:867kB をダブルクリックしてアップデートは問題なく終了し、 一旦 Windows を再起動した処で、念の為に再度 Java がコンピュータで動作しているかどうかはどのようにテストすればいいですか? にアクセスしてテストを実行した処、 以下、上々の結果を得られました。 Java(JRE)手動アップデート結果

最近どうにも自動アップデートに失敗する、うまくいかない、出来ない、 とお嘆きの貴兄はこの手順をお試しあれ。

スポンサーリンク