CentOS5.5にJDKをインストールするマイ手順

Java SE ダウンロード 今日出先で CentOSJDK をインストールしたので、 その手順の備忘録として特に作業的に気になった部分や 引っ掛かっる箇所など記事として記して残しておきます。 Java SE ダウンロード なお CentOS のリポジトリは古いパッケージであることが多い為、 yum は使用せず、上記リンク先 ORACLE:Sun のサイトでダウンロード出来る最新版を利用しました。

スポンサーリンク
  1. javaのインストールの確認
    $ java -version
    未インストール
  2. OSが32bit版か64bit版かを確認
    $ uname -a
    32bit版
  3. ダウンロードサイト Java SE Development Kit 6u24 で2011年4月14日時点の最新版 jdk-6u24-linux-i586-rpm.bin:76.72 MB のURLを確認
  4. 作業用ディレクトリ作成
    $ mkdir /tmp/java
  5. ダウンロードしてリネーム
    $ wget
       http://cds.sun.com/is-bin/
       ...(ry...
       &FileName=/jdk-6u24-linux-i586-rpm.bin
    $ mv
       jdk-6u24-linux-i586-rpm.bin?AuthParam=
       ...(ry...
       &File=jdk-6u24-linux-i586-rpm.bin

       jdk-6u4-linux-i568-rpm.bin
  6. パーミッション変更
    $ chmod +x jdk-6u4-linux-i568-rpm.bin
  7. インストール
    $ su
    # cd /tmp/java/
    # ./jdk-6u4-linux-i568-rpm.bin
       ...(ry...
    Java(TM) SE Development Kit 6
       successfully installed.
       ...(ry...
  8. インストール確認
    $ java -version
    java version "1.6.0_24"
    Java(TM) SE Runtime Environment
       (build 1.6.0_24-b07)
    Java HotSpot(TM) Client VM
       (build 19.1-b02, mixed mode, sharing)
  9. 作業用ディレクトリ削除
    $ rm -r /tmp/java
  10. 環境変数設定
    # vi /etc/profile
    以下三行最下行追加
    export JAVA_HOME=/usr/java/default
    export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
    export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib
       :$JAVA_HOME/lib
       :$JAVA_HOME/lib/tools.jar
  11. 環境変数設定を反映
    # source /etc/profile
以上
スポンサーリンク