業者要らず/Googleサイト

サーバー提供はホスティング業者もWebサイト作成のホームページ製作業者も最早要らなくなろうかと思わせる Google Sites が日本語に対応した旨の記事が2008年12月19日に Google Maniaブラウザから1分でウェブページを作成できる『Googleサイト』が日本語に対応 として掲載されており、 当記事を参照すれば只Googleのアカウントを所有することに依り、 自サイト専用スペースをオンライン編集ソフト付きで提供され、 容易に構築になる旨、言及されており、中には英語ですがGoogle提供の Google Sites Tour も紹介されれば、下記に引用させていただきます。


Googleサービスの例に漏れず、Gmailアカウントで使用可能な上記URLからログインすれば、 インターネット上に自サイトが作成可能になり、其の際にはURLを任意に指定出来ますが、 此れが全世界共通での上でユニークな文字列を求められる為、 気に入ったものを得たければ少し頭を捻らなければいけない処かも知れぬは些少のこと、 あとはブログにコメントを投稿するが如き難易度にて、 上記紹介記事抔を参照の上、晴れて新規サイト作成の成功すれば、 一寸悩んだ其の任意の文字列を∗∗∗∗∗∗とすれば、 其れを加えた http:⁄⁄sites.google.com⁄site⁄∗∗∗∗∗∗⁄ が如きURLから作成ホームページにアクセス可能となります。

手軽に使い始められる上での実践で、 実際の使用感は多少従来に見られるオンラインエディター同様のもどかしさは覚えるものの、 特筆したき事項は当システムのGoogle Analyticsへのデフォルトでの対応、 最初から組み込まれおかれれば、今迄が如く利用に於いてjavascriptタグを埋め込む必要がありません。
利用の際にはログインした後、己が専用のURLにアクセスすれば編集可能にて、 当画面の上部メニューは一番右のプルダウンメニュー最下部に「その他の設定」の在るを選択し、 遷移した画面には 統計データ なる項目が立ておかれれば、このチェックを有効にし、 此れ又己が使用のGoogle Analyticsで生成の Analytics ウェブ プロパティ ID を入力し保存するだけにて、 Google Analytics を使用するように Google サイトを設定する なる詳細の一項目を見るに、Google Analyticsでは上記ID生成に 「sites.google.com」 を使用すること、なる説明があるも判然せぬ処、 http:⁄⁄sites.google.com⁄site⁄∗∗∗∗∗∗⁄ で利用すれば、此れで先ずは上手く動作する様です。

Google系のサービスを利用する度に思うことは同じきに、 愈々Googleに託す情報の多ければ其れが懸念のあとひとつとは云え、 ブログの普及も其の一端は更新に面倒な HTML なる呪文を覚えぬでも叶う処もあり、様々オンラインホームページエディターの出現はあれども 中々に使い勝手に釈然せぬ処ありてか普及もならぬに於きて、 βバージョンより適宜開発を重ね、成果物に反映するGoogleの手法に、 当サービスが何の如き発展を為し得るかが楽しみです。
スポンサーリンク

「業者要らず/Googleサイト」への1件のフィードバック

  1. GoogleSitesのホームページ以外の可能性

    Googleより提供さるサービスGoogle Sitesを利用するにあたり、当ブログは2008年12月29日のアーティクル業者要らず/Googleサイトに言及したが如く只単に公開用ホームページを其の目的としたは何と視野の狭き知見、サービスのタイトル、見た目に惑わされ、其の機能を十分咀嚼

コメントは受け付けていません。