スパムリンクへの対処

Yahoo!検索 スタッフブログの2008年10月23日に リンクスパムとして報告されたURLのほぼすべてが「スパム」 なる記事の掲載されるに
2008年5月14日のサイトエクスプローラーのリリース以降に報告された数万件のリンクスパムURLをランダムに抽出し、目視チェックを行ったところ、ほぼすべて(90%以上)がスパムサイトという結果でした。
と、報告がなされており、此の目視チェックは精度確認のために実施しているという言及がなされています。
ユーザーからの申告リンクをスパムと判定する際の基準は代表的なものとして以下
  1. アフィリエイトのみで中身がないサイト。
  2. ある特定のサイトへの誘導が目的のサイト。
  3. 自動で作成された文章に、アフィリエイトを掲載しているサイト(いわゆる「ワードサラダ」)。
  4. 他サイトからの引用で記事を作成し、アフィリエイトを貼り付けているサイト。
とあり、以外にも 検索エンジンスパムとは に幾箇条掲載されますのでご参照の程を。

スパムよりリンクを受けるに対し、如何なる被害を被るかと云えば、 其れに対する言及も当記事は有り、 スパムリンクを受けたサイトは「リンクファーム」の一部として見做され、 ランキングの降格やインデックス削除の巻き添えにあう ことが明瞭にされれば、是非とも払うべき火の粉にて、 ヤフーインデックスへの対応策も当記事には言及、 Yahoo!検索 サイトエクスプローラー にてログインすれば下なる 2008/9/23~2008/11/3テンプレートデザイン 画面の表示され、此処より被リンクスパム報告の手続きを得られます。
扠、此の様に自己IDにて被リンク自己サイトのURLも同時に申告する仕様となれば、 当然乍、 競合サイトを追い落とす為の利用は為りません ので悪しからず。
スポンサーリンク