Webアクセシビリティを考慮せず失われる大顧客

環境企業として喧伝するが如く、 Webアクセシビリティを提供社の正義の姿勢の告知に利用するは別段、 新手法にはあらねども、当然乍、健常者のみ相手の企業サイトは厳しく糾弾されるべきにて、 なんとなれば障害を抱える身にとってこそWeb利用の効力は大なる潜在的可能性を秘め居ると考えれれれば、 即ち必要経費、コストとして計上するは必然の経営姿勢、 其の意味で環境問題と軌を一にする程が重要事なれば、 チャンスとして数字を上げお尻を叩く迄もなきものと思うものの、 扠、良く拝見すれば其の顧客として取り込まざる儘がボリュームの巨大さと云う、 なお有益な数値を提供されれば、成程と参照し度思うが、 Web担当者Forumが2009年1月20日の編集長安田英久氏の手になる記事 普通の企業がWebアクセシビリティをコストからチャンスにするには にて見れば、先ずは論拠として扱われるが、 Webアクセシビリティを考慮しないことに依り失われる顧客の全人口に占める割合が二割を超えること、 次に扱われるが、当該人口に於いて一割を切る頻繁な利用状況、 なんとなれば此のボリュームゾーンを企業は放置していることになり、 此れを取り込むにはWebアクセシビリティを自社サイトに取り入れれば宜しいとの論の展開です。
此の巨大顧客を取り込まんとする下心あるも、 結果、全体の益になれば其れは其れで意味あることと思わせるは上手い寸法、 まだまだ利用度の低きは、此れ又、Webアクセシビリティに対応する企業の少なき故、 正しく此れは氏の言の通り、ビジネスチャンスなのかも知れません。
スポンサーリンク