EeePC S101 LZHアドオン導入

我がネットブックなるは EeePC S101+イーモバイルセット が2009年1月28日のアーティクルにて報告の EeePC S101 に当ブログに於けるネットブックの指導書 UMPCハンドブック―Windows XP SP3対応 に随うべくすれば、 様々なツールを取り寄せ利用するに当たりはたと気づく、 提供されるに当然の如く圧縮の施さるを解凍せばならじとて、 扨、定番でもあり愛用してもいるアーカイバ Lhaplus を使用せんとす其の不図した拍子に少し許り毛色を変えんと思い立つ、 ネットブックデフォルトのOSはWindowsXPの販売元マイクロソフトが提供す、 既に備えたるZIPアーカイバに新たにLZHファイルのみなれども対応可能な機能を加えるが、 Microsoft圧縮(LZH形式)フォルダ なるアドオンにて、 先ずは提供頁アクセスは「お住まいの住所」なるプルダウンメニューを「日本」指定すれば現る 「ご利用になれる特典」の内の一つが御待ち兼ね Microsoft圧縮(LZH形式)フォルダ をクリックすに、やれ現世を映すは正規ユーザー確認の為の、 Microsoft Genuine Advantageプロセスとやらでアクチベートの終了するを待ちたる事暫し、 ダウンロード画面へと遷移するに待望のダウンロードボタンを押下、 LZHFLDR.MSI なるmsiファイルはインストールファイルなればローカル保存の方はダブルクリックの、 其の場で実行が此の身は其の場で例に依るインストールダイアログに従い進み、 何事無しにインストール完了が画面を得、 此処にて今回が指導書に習う 真の目的 へと遷移の後、落したる圧縮ファイルが ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.20 ドライバ(2004.5.2 New) からの ERAMN220.LZH にて、デスクトップに燦然と在し坐すファイルを右クリックにて表示さるメニューの内 「すべて展開」を選択すば、今回導入の新機能を用いての解凍の即ちなり、 見事所与の解凍機能の備えたるも証明されて、 偖、解凍されるが何かは次回 ネットブックカテゴリー アーティクルのお楽しみと致し度候。
スポンサーリンク

「EeePC S101 LZHアドオン導入」への1件のフィードバック

  1. EeePC S101 RAMDISK導入

    UMPCハンドブックWindows XP SP3対応当ブログに於いてのネットブックカテゴリーの前回のアーティクルは2009年2月5日、EeePC S101 LZHアドオン導入にて最後に筆を擱いたが今回に持越しとて、お楽しみの正体こそ、と云う程のことはなけれども、導入の方も多く居られると思わる

コメントは受け付けていません。