イーアクセスEMOBILE LTE、AKB48板野友美さんの後押しで好発進

年に一度のお楽しみ?確定申告も無事提出となりました。 去年の経費の使い道などつらつらと眺めることになる訳ですが、 IT系の方には恐らく皆さん通信費と言うものが馬鹿にならないのではないでしょうか? 本ブログ運営者に於きましては去年2011年年頭迄は イーモバイルで3G通信を利用していたことが請求書から見て取れ思い起こされる処でした。

確定申告に見る通信料金

当該契約に於いては一昨年2010年の料金迄範囲を広げて見比べると 基本的に2,908円と6,888円の間を行き来してその間の料金はほとんど見られません。 この時のイーモバイルの契約では確か従量制でしたので、 使った分だけ料金が掛かるのですが、 となれば何も通信が無い月、即ち基本料金で2,908円なんですけれども ちょっと使えばすぐ上限の6,888円に達してしまうことが分かります。 2年縛り契約ですから去年から遡ること更に2年前は上限が決められていることで 使い過ぎを防ぐ料金体系を有り難く思ったのだと思いますし、 請求書の中には頑張って使用量を調整した様子も上下限の間の料金が一昨年には見られることで覗えたりもしますが、 使い終わった今になって振り返って見れば実質的な2段階料金体系だったとも思える訳です。

今思えば去年の初頭迄この料金体系で使っていた訳ですから何やら牧歌的なものですが、 流石にそのモバイル活用の便利さを感じてから上限料金の請求書が連なり、 今年の確定申告では去年年頭のものは全て6,888円になっていました。 モバイル環境の便利さや楽しさを教えてくれたイーモバイルに感謝はしつつも 2年縛りの解約月が来たこともあって去年初頭に モバイル契約を切り替えていることが確定申告で見ても顕わになっているのでした。

WiMAXの通信速度の優位性

料金と共に矢張り不満に思ったのはその通信速度でした。 新しく契約を切り替えたのが去年2011年からしばしば本ブログにも登場の NEC Aterm WM3500R をオマケとして無料で貰えるキャンペーンに惹き付けられたBIGLOBEのWiMAX契約でした。 通信速度の差は言う迄もなくWiMAXの圧勝です。 料金はと言えばモバイルWiMAXルータが付いてきた上にキャッシュバックがあって尚、 BIGLOBEの月々のプロバイダ料金210円を合わせても3,801円にしかならないことが これも確定申告で見届けた請求書の束から分かります。 その上此方の契約は縛りが1年にしか過ぎません。

そして今年年頭に再び…

スポンサーリンク

NEC Aterm WM3600R に切り替えたのは本ブログ2012年2月29日の記事 WM3600R端末無料12,000円キャッシュバックBIGLOBEキャンペーン に詳しく記した通りです。 またまたBIGLOBEのWiMAXは無線ルータ端末最新機種がオマケについて来て プロバイダ料金210円を合わせて毎月3,801円で一年縛り、 先ず先ず不満のない処だと思っています。

イーアクセスの高速通信方式LTE

さてさて、こんな本ブログ運営者のような弱小利用者一人如き失った処で 痛くも痒くもないイーモバイルブランドで無線通信を提供する イーアクセス 社でしょうが時代の流れ、 此方も着々と通信速度アップへの対応は進められていました。 マイナビニュースの3月15日の記事 イー・アクセスが「EMOBILE LTE」スタート - 記念イベントに板野友美が登場 を見れば高速通信方式LTEを採用したイー・モバイルブランドで提供する新サービス EMOBILE LTE の提供を開始に伴い記念イベントが開かれたとのことです。

高速通信方式LTEとは従来の3G通信方式と未来の4G通信方式の 橋渡しの役目を与えられた3.9Gとも呼ぶべきもので 本ブログ2011年12月1日の記事 ドコモのiPhone、iPad販売の鍵と言われるLTEとは? に伝えもしたようにWiMAXと同等の通信速度を実現します。 此処に至ってイーモバイルはWiMAXと速度で互角になった訳ですね。 比較選択時の弱点の一つを補強出来た恰好になります。

値段を見れば此方も3,880円で競争力を取り戻した感がありますが 但しこれは2年縛りの前提でのお話と言うのが残念ではあります。 また帯域制限の話も出ており他社キャリアとの比較で優位性が主張されていますが WiMAXでは制限はありませんからこれもWiMAXとの比較では不利に働きます。

イメージキャラクターの重要性

そうした他社との比較で完全に優位ではないと言う声は 内部からは別段今の処は出てはいないようで EMOBILE LTE 登場で各方面から評価がされつつあることが 朝日新聞の3月16日の記事 イー・アクセスが高い、LTEのCM好評で投資家層に厚みも で伝えられます。 記事内容を見ると高速通信サービスLTEの開始しが伝えられると共に、 使い放題の低料金設定なども材料視する相場が 去年2011年10月に凡そ下げ止まったこともあるでしょう、 上向きに展開しているとのことです。

記事中にも注目してしまうのが末尾の部分の国民的アイドルグループ AKB48の人気メンバーを起用したCMの好評が投資家層に厚みを齎している旨、 伝える処でこの人こそ誰あろうマイナビニュース記事中のイベントにも招かれた 板野友美(エケペディア) さんのことですね。 コケティッシュな彼女がライオンを引き連れて勇ましく歩く様が印象に残る コマーシャルフィルムも見た覚えがあります。 彼女のイメージキャラクターとしての起用がイーモバイルへの 親近感を抱かせ好感度を上げ今回の高評価へと繋がっているようです。 全くイメージキャラクターというものは侮れませんし、 またAKB48の人気の凄まじさを改めて思い知らされます。

そんな当の彼女、愛称 ともちん は何人もの彼女自身が画面いっぱいに現れるらしい新CMについてのコメントを求められ 違和感というか、恥ずかしい と照れていた様が伝えられるのがサンスポ.comの2012年3月16日の記事 ともちん、画面いっぱいの自分「恥ずかしい」 です。 ご本人自身の価値を知ってか知らずか、 と言うのはもう二十歳になられた女性に失礼でしょう、 充分に自身に求められる役目、 セレモニーのシークレットゲストを勤め上げたそうです。 イーアクセス社、先ずは高速通信方式 EMOBILE LTE 提供開始は好発進の様ですね。

スポンサーリンク

「イーアクセスEMOBILE LTE、AKB48板野友美さんの後押しで好発進」への1件のフィードバック

  1. BIGLOBEから届いたWM3500Rキャンペーン特典キャッシュバック

    無料キャンペーンについて勘違いのお話をしたのはNECのWiMAX無線ルータ端末WM3500Rに関して本ブログ2011年5月26日の記事Aterm WM3500R無料キャンペーンの特典違いについてでした。そのキャンペーンの肝の一つを入手したお話が今回の記事。WM3500Rキャンペーン只今はその後継

コメントは受け付けていません。