ドコモでガラケーからiPhone5sに機種変更する際掛かる費用の一実例

何事も無かったように旧機種からシームレスに使えているのは一昨昨日の2013年11月18日に 5つの理由を以てドコモでガラケーから機種変更したiPhone5s であれば、少しは此の機会に同様にガラケーからiPhoneへの買い替えを考える向きへの 背中を押す力となれるかも知れません。

電話機として使うだけであれば取敢えずApple IDの取得も必要有りません。 またドコモショップ店頭ではガラケーからのみiPhoneへの電話帳移行ツールが用意されており、 フォルダ分けこそ引き継がれないものの連絡先は受け取ったiPhoneには其の儘保管され、 登録されたお馴染みさんからの着信も新端末で一目瞭然、と言う意味でもシームレスです。 電話番号は勿論変わりませんし、iモードからspモードと名前こそ変わりこそすれ、 メールアドレスも其の儘引き継がれ、運営するネットショップからの受注メールも何事も無く受け取れました。 何のことはない、ガラケーからガラケーへと買い換えるのと一般です。

性能向上は登場世代の違いから無論明らかで、例えば FOMAからの乗換えであれば確実にカメラの性能は向上するでしょう。 また画面の視認性の向上は謂わずもがなです。

そして驚きなのは通話品質でした。 iPhoneには5s/5cの一代前のモデル、5からノイズキャンセラーが搭載されていると言います。 5sの 設定 の項目を見れば アクセシビリティ の中に確り 電話ノイズキャンセリング 項目の用意され、其の説明は 耳に受話器を当てて通話しているときに周囲のノイズを軽減します。 と説明書きの有り、ギター好きなら ハムバッカ と言えば腑に落ちるでしょう、其のコンピュータライズされたものと考えれば大凡間違い無いかと思います。 此の機能を以てして賑やかなファミレスなどの席に在って通話する際に FOMA機種との格段の違いを感じ得た実感を伝え度思うものです。 此れは受信側、即ち相手の言を聞く立場に立っての機能にて既に実感済みですが、 加えて送信側、電話口に喋る立場としても余計なノイズを送らぬよう工夫されてもいるようで、 此方は未だ確かめるに至りませんが有れば助かる機能には違いありません。

ドコモのiPhone5sはどの容量も91,200円である理由

スポンサーリンク

iPhone5sはカラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開、 データ保存容量は16GB、32GB、64GBであれば都合掛け合わせて9種類となりますが、 此れ等がどれも同じ値段、と言うのが此れから入手する向きには先ず解せない処でしょう。

此の訳を店頭で確り聞いてみれば割引料金が異なるのでした。 即ち容量が小さい程割引料金が高くなるのですから、支払い料金は容量の大きさに依ることになる訳です。 割賦の24ヶ月以内に解約しても残金は勿論支払いの必要があり、 割引は月々適用されるのですから小容量程途中解約は損な計算でしょう。 併せてドコモとしてはどうしても2年間は解約させたくない腹が透けて見える計算です。

ともあれカラーは値段に関係しませんし、 容量は其の儘値段に反映する勘定ですから畢竟どれでも損得は無く、 先ずは己の状況に最も適したものを選べば宜しい訳です。

ゴールド32GBを選んだ理由

今回、本ブログ運営者が入手したiPhone5sはゴールドの32GBです。

色についてはゴールド以外有り得ませんでした、此れは趣味です。 従って本ブログに iPhone5s発売日にドコモショップへ行って来た を記した2013年9月20日には眼中に無いグレーしか無いのですから並ぶ理由も無く とっとと引き返した次第。

容量については悩む処ですが、大は小を兼ね、 大きければ大きい程恙無い将来が約束される変わりに毎月の支払いが嵩むのは無論で、 此の兼ね合いが難しいのですが、有態に言えば真ん中の32GBならバランスが良かろう、となりましょう。

パワーユーザーなどでクラウドを利用し使い方を工夫すれば少ない容量で遣り繰り出来るのでしょうが、 些か16GBで熟すには煩瑣に過ぎる気もします。

処で実際に入手してみれば一つ容量を増しておいて良かった、と思える状況が有りました。 其れが右の図にある最初にアップストアーにアクセスした際表示される アップル社から提供される高機能アプリの一群です。

此れ等はマイクロソフトが提供するオフィス系ソフトを代替すべく アップル社が開発したソフトウェアを中心とするものですが、 今回同社の方針転換もあって無料で提供されることと相成りました。 孰れ有償で提供されていた定評も有るアプリをインストールしない手はないでしょう。 此の一時を以てしてもバランスの取れた32GBの選択を是とした処です。

16GB上乗せに利用したドコモ12,100ポイント

今回値段の話しを分かり易くする為にiPhone5sの16GBと32GBの機種変更に絞りましょう。 この月々サポートで毎月適用される、所謂キャッシュバック金額は 16GBが3,570円、32GBが3,150円、 24ヶ月を掛け合わせた合計金額は16GBが85,680円、32GBが75,600円、 詰まり其の総差額は10,080円となります。

約1万円となれば悩む向きも多いでしょう金額でしょうが、 此処で役立つのがドコモを使い付けたユーザーに溜まっているだろうドコモポイントです。 引き換え商品は貧相で値に見合わないような其の選択眼を疑われるものばかりで、 しかも毎月の料金には適用も出来なく、使い道が全く無いと言っても過言ではない程 用意されるプランが貧相なドコモ社のご都合主義の悪名も高い役立たずのドコモポイントですが、 機種変更の時だけに限っては此処で使わねば何時使うのか、 とも思うべきピンポイントの利用機会であるのでした。

手元に溜まっていた12,100ポイントは斯うして16GBと32GBの差額を補って余りあるものとなり、 貧弱なドコモポイントも漸く費消出来たのでした。

24ヶ月を平均した月毎料金を検討する

此処迄で大凡明らかになったiPhone5sゴールド32GBのドコモでの値段を見れば 端末代金は91,200円、手元に保有する12,100ポイントを値引きに適用して79,100円、 此れに月々サポートの24ヶ月適用を考慮すれば75,600円を減じて3,500円となる勘定です。 更にiPhoneキャンペーン期間中にて 買いかえ割り と称す割引10,080円が減額され、都合△6,580円とマイナスとなり 些か訳が分からなくなりますから、実際に24ヶ月支払うべき通信料を考慮して月毎で考えて見ましょう。

先ずどうしても必要な基本料金は タイプXiにねん適用で780円で、此の適用は2年間も継続使用が条件となり、 途中解約が解約金を必要とするのは周知されている処でしょう。 適用しなければ倍の料金が毎月必要となります。

次に必須となるのが Xiパケ・ホーダイ for iPhone でドコモのiPhone契約に於いては此の一本のみ、選択の余地は無く毎月 5,460円支払うこととなります。

そして必要なのはドコモメールを利用するのにも必須の spモード の契約で毎月315円が必要になります。 此の契約はガラケーに於けるiモードに相当、所謂プロバイダ契約に該当し、 3G回線からのインターネット接続に必要な料金となります。

以上が毎月必須の支払い料金となり、都合6,555円となります。 此れに上記、24ヶ月利用前提、ポイント適用の手元環境の算出端末代金△6,580円を24分割して適用すれば 月々275円を減じて 毎月6,280円 の支払いが算出されるのでした。

ガラケーとの料金比較

此の算出金額をガラケーと比較してみましょう。 其れ程電話を掛け出すことはなく、受信の割合が多かった手元の環境では 大凡毎月6,300~7,300円ほどでした。 従って平均すればiPhone5sとなっても毎月の支払いは其れ程変わらない処か 少し廉めのような気もして来てしまいますが然に有らず。

ガラケーの契約に於いては無料通話分が有り、 月の半ばでも使用した料金を鑑みてプラン変更が木目細かく出来ました。 しかしiPhoneの契約に無料通話分は有りません。 通話料は全国何処に掛けようとも一律、30秒に付き21円となっています。

此処が大きく異なる部分でしょうので、本ブログ2011年11月30日の記事 百花繚乱VoIP~OnSayのAndroid版登場 などに記しもし、LINEなど今や普及しつつあるVoIPの活用の検討も必要となる処でしょう。

ドコモiPhone5sに於ける任意契約Xiカケ・ホーダイ

従って通話料金について、ガラケーの時代からは考え方の変更を迫られる契約形態となったのでしたが、 ドコモからは申し訳程度に此れに対応する任意契約が用意されています。 其の通話オプションが Xiカケ・ホーダイ です。

此のオプション契約は毎月700円を支払えば電話を掛けた先がドコモ回線利用の際に限って 追加通話料金が発生せず、ドコモユーザー相手に17分程通話すれば元を取れる勘定になります。 此れがiPhone購入者に限り1年間半額の350円で契約可能となっていますので、 元を取るには更に其の半分、9分程、ドコモユーザー相手に電話を掛ければ良くなります。

又此の契約は月毎の契約が可能でドコモ相手に余り通話する機会がなくなれば契約を切り、 機会が増えれば契約を復活させられるのは幾分ガラケーのプラン変更に寄り気味とはなっています。

アップル社との任意契約Apple Care+ for iPhone

上は対ドコモの契約となりましたが、 毎月の支払いはドコモへのものとなるもののアップル社との任意契約も用意されます。 24ヶ月間のiPhoneの所謂保守契約で万一の事故時、故障時の負担を軽減出来るものです。 此れには毎月408円(24ヶ月目のみ416円)の支払いが必要となります。

防水ならぬiPhone5sの水没などを思えば些か強迫観念に襲われたような感覚で 契約も致し方無しとの判断が下され易い処とのものと思われます。 店頭に聞けば併せて購入時に契約のならない場合は中途で契約が難しいものらしく 弥々契約を迫られるものでしょう。

ガラケーからiPhone5s機種変にドコモで掛かる費用一例まとめ

以上を以て手元の端末代金を含めた一通りの支払い費用となりますが、 小心者の実際に於いては6,280円に加えることのオプション契約、Xiカケ・ホーダイとApple Care+ for iPhoneを契約しましたので 24ヶ月連続利用の前提で今後1年間は350円と408円を加えて 毎月7,038円及び通話料 を支払うこととなりました。

頃日auの最早オプションならぬ強制サービス抱き合わせ販売が問題となりましたが、 ドコモに於いては一切抱き合わせが有りませんでした。 但し電話帳移行の際には見事にドコモ純正アプリを強制インストールされましたが、削除すれば良いだけです。

後忘れてはいけないのは機種変更手数料でしょう。 此れは契約のなった一月後に3,150円が一緒に請求されて来ますので 忘れず勘定に入れておきたいものです。

さて、本記事に記した支払い額の算出は机上のもので、 来月2013年末12月にNTTドコモ社からの請求が実施されれば孰れ検算のなるものでしょう。

スポンサーリンク