バンダイのスマートペット~iPhoneが癒し効果抜群ペットに変身

かつて一世を風靡した AIBO(アイボ) というロボット犬が居ました。 初代の発売されたのが1999年6月、 以来大人気を呼び ペットロボット と呼ばれる新ジャンルが形成されたのもこのアイボの功績です。

アイボの終了と時代の変遷

残念ながらアイボを提供していたソニー社の都合で 生産は終了と相成ってしまいました。 しかし単なる玩具に留まらぬセラピー効果や癒し効果が高く 或る種の治療にも利用出来るとされるペットロボットに対する需要は高く、 時を隔てた現代2012年3月の昨日26日、 バンダイから新たなペットロボットが発売されることが発表されました。

photo credit: Martina Gobec via photopin cc
スポンサーリンク

スマートペット誕生

バンダイに依り発表されたのはその名も スマートペット バンダイの公式プレスリリースがPDFファイルの iPhoneが顔になる次世代ペットロボット 『スマートペット』4月28日(土)発売/100 種以上のリアクションで楽しいコミュニケーションが満載 になります。 連動するのはアップル社の人気ガジェット、iPhoneとiPod touch。 販売開始は4月28日、 価格はオープン価格とされていますがネット上の情報では勿論iPhone、iPodは別売りで 6,000円から7,000円になるのではないかとされていますから、 アイボに比べて実に廉くなった値段に時代を感じさせます。

スマートペット血統書?

本体のみで測れば大きさは高さが約17cm、幅が約110cm、体長が約17cmで、 重さが約450gとなっており、本体にiPhoneと電池をセットした状態でも 約680gとなっています。 電池は単3乾電池3本使用するようになっており、対応機種は

  1. iPhone 4S/4
  2. iPhone3GS
  3. iPod touch(第4世代)
と2世代前のiPhoneも使えるのが嬉しいですね。

スマートペット誕生を伝える各メディア

このニュースは様々なオンラインニュースメディアで 全て即日2012年3月26日に伝えられています。 以下に列挙してみましょう。

などなど、明るい話題に紙面が占められていて、 見ているこちらも明るくなって来ます。

スマコミュとは?

このスマートペットとのコミュニケーションをバンダイでは スマコミュ と呼びその形は

  1. タッチパネルでお世話
  2. カメラ・マイクでトリックプレイ
  3. いつでも一緒
  4. 便利機能をかわいく演出
などがあり、その他にもBluetooth 通信により他のスマートペットと連動して、 一緒に歌やダンスなどの芸をさせたり、 スマートペット同士の相性診断も出来るそうです。 また顔のテイストは、 アプリに搭載されているバリエーションの中から選ぶことができる他、 自分が撮影した写真を顔に設定することがるとのことですが、 ぅ~む、これが人面犬ですね…微妙(笑)。

スマートペットの繁殖

バンダイのプレスリリースに依ればスマートペットは 玩具専門店、ネット通販等で扱われ、来年2013年3月末までに 20万個販売する計画とのことですからかなりの強気の感も受けますが 市場に出回るiPhoen及びiPod Touchの数と ペットロボットへの需要を思えば決して無理な数字ではないのではないでしょうか。

スポンサーリンク