災害時の備えは水電池NOPOPOが最適

ナカバヤシ水電池NOPOPO 未曾有の大震災 は我々の様々な周辺環境を変えつつ有ります。 活断層マップ で自分がどんな地域に居住しているのか改めて確認したり、 代表的な代替エネルギーである 太陽電池 の開発を促進したり、 本ブログでも先日2011年9月1日には 災害時の連絡安否確認方法の一つとして web171 を紹介したりもしました。 そして今又、非常時に備えるに好適な商品が開発、発売されました。 ナカバヤシ株式会社水電池NOPOPO がそれで、企業サイトには

付属のスポイトを使って、本体の穴に水を入れるだけで発電する単三型電池。 未開封状態で20年未満の長期保存が可能なので、 災害への備え・非常用として最適です。 また、有害物質を含まないため、一般不燃物として廃棄できます。
として説明されています。 電池は懐中電灯やラジオ、携帯にと様々な場面で活躍するエネルギー源であり、 今回の大震災は大いに不足もしたと聞きます。 備えとして不可欠な電池に新技術が投入された訳です。

スポンサーリンク

商品は7月に発表され、8月に全国的に販売が開始され、 その災害時に好適な特徴から話題となり、 各インターネットメディアも以下のようにニュースで取り上げ、 使用法などを説明されています。

特徴としては
  1. 形状が単三電池と同じだが発電方式が異なる
  2. 発電には水を使用する。水は水分であれば唾液でもジュースでもオシッコでもOK
  3. 単三電池と比較して35%も軽い15gの重量
  4. 有害物質を含まず使用後は一般不燃物として廃棄可能
  5. 20年近くの長期保存が可能
が見え、成る程緊急災害時にこれ程適したエネルギー源もないでしょう。 但し上記ニュースの一つ、日経トレンディネットで検証した結果では 使える機器が限られる場合があるそうですので、 いざとなる前に実際に使えるかどうかのテストをしておいた方が安心かも知れません。

使い方は各ニュースリンク先にも写真が掲載され、 ナカバヤシのサイトには下の図のような説明がなされています。 ナカバヤシ水電池NOPOPOの使用方法

値段は、上記リンク先、 テラフォー、msn産経ニュースを併せ見ると

  1. 3本パック 600円(税込み630円)
  2. 100本パック 19,800円(税込み20,790円)
  3. 電池本体、専用スポイト、単一及び単ニ用変換アダプター等が入った備蓄用20本パックの価格は4,000円
となっています。

商売として上手く回転して、 またナカバヤシ社には有り難くないかも知れませんが競合も登場し、 互いに切磋琢磨、現在に増して有効なものとなるように改善され、 いざという時の助けになる商品に成長して欲しいと切に願います。

スポンサーリンク

「災害時の備えは水電池NOPOPOが最適」への1件のフィードバック

  1. 東日本大震災から一年~本ブログに於ける関連記事インデックス

    東日本大震災から一年が経ちました。大きな爪跡を日本全体に残し、今猶癒えぬままの状態を余儀なくされる未曾有の大震災でした。311本日にはマスコミに於いてもまた各地方に於いても様々な思いを抱いた方々が様々な催しを開催されています。本ブログ運営者はそれらに参加して

コメントは受け付けていません。