WordPressメールフォームプラグイン Contact Form 7

今やWebサイトでは直接メールを送信できるお問い合わせフォームは必須です。 WordPress(ワードプレス)をブログで使用するにしてもホームページとして使用するにしても 矢張り利用者に書き込んで貰って送信すれば運営者にメールが届くメールフォームは必要でしょう。 WordPress ではプラグインを利用することでメールフォームの装備が可能になっています。 メールフォーム用プラグインも数有るようですが、 今回は定番の Contact Form 7 を使ってみることにしました。 作者が日本の方で 使い方のページも日本語で用意 されています。

例に拠ってインストールは プラグイン >> 新規追加 >> 「Contact Form 7」で検索 すれば一番上に表示されますのでインストールをクリックして有効化するだけです。( WordPress(ワードプレス)の携帯&スマートフォン対応 :2011年6月18日記事参照)

インストールが済んだら先ずは左メニューに お問い合わせ と言う項目が加わる筈ですからクリックして 編集画面 に進みましょう。 ここには既に コンタクトフォーム 1 と名付けられたテンプレートが用意されています。 また茶色の地色に白で

[contact-form 1 "コンタクトフォーム 1"]
なる文字列が用意されています。 この文字列をコピーしてメールフォームを表示したいページの表示したい部分に貼り付けます。 これだけでページを確認した時には其処にメールフォームが出現します。

初期設定のテンプレートをカスタマイズなしに使用しても

  1. お名前 (必須)
  2. メールアドレス (必須)
  3. 題名
  4. メッセージ本文
  5. 送信ボタン
が自動的に表示され、WordPressの管理者のメールアドレスと 書き込んだ方のメールアドレス(上の2番)にメールが届きます。 普通に使う分にはこれで充分ですね。

※ なお、ここで動作確認している WordPress のバージョンは 2011年6月時点の 3.1 です。 2011年7月時点では最新版の3.2 がリリースされています

スポンサーリンク

「WordPressメールフォームプラグイン Contact Form 7」への2件のフィードバック

  1. Contact Form 7でメールアドレスの確認入力を促す

    WordPress(ワードプレス)を利用してブログやホームページを作成した際、利用者が運営者に連絡を取るためのメールフォームはプラグインで実現出来ます。その定番としてContact Form 7を紹介したのは本ブログ2011年7月8日の記事WordPressメールフォームプラグイン Contact Fo

  2. Contact Form 7 郵便番号入力で住所自動出力

    WordPress(ワードプレス)でのメールフォームプラグインと言えばContact Form 7で、本ブログでもWordPressメールフォームプラグイン Contact Form 7(2011年7月8日)Contact Form 7でメールアドレスの確認入力を促す(2011年7月12日)Contact Form 7で複数の宛先を設定する

コメントは受け付けていません。