PPC広告

PPC広告ってぇなぁこいつも検索連動型広告と同じくリスティング広告の別名さねまぁ~った横文字かぃ…ってぇ貴兄にゃご生憎様だがこれも西洋発祥なんでな勘弁しちやっちくんな

まぁだ通称が
定まっちゃ
ねんだろねぇ
リスティング広告 には別名が多いですね。 前回の 検索連動型広告 に今回は PPC(ピーピーシー)広告 です。 これは Pay Per Click(ペイパークリック)広告 を略したもので、略さず ペイパークリック広告 と呼ぶことも多いです。 訳せば クリックするたび毎に料金が発生する広告 となるでしょう。 こうなれば前回の 検索連動型広告 と同じく名は体を表し、分かり易いのではないでしょうか? そうなんです。 広告を出す側は 広告がクリックされた場合にだけ料金を支払う ことになるんです。 表示されるだけでは料金は発生しません。 これも新世代のインターネット広告たる リスティング広告を象徴する特徴なので 別名として通っているのでしょう。 この系統として クリック課金型広告 と呼ばれることもありますが意味は同じですね。

純和風がお好みのコトラ先生、 少々横文字攻撃に食傷気味ですね。 確かに日本語に直すと分かり易いものも多いので、 これからそんな時は出来るだけ日本語で対応しましょう。 でも一般名詞で通用しちゃってると、ちょっとね。

スポンサーリンク