Firefox(ファイアーフォックス)を6から7へバージョンアップ

ネットブックで主要ブラウザの一つ Firefox(ファイアーフォックス) は本ブログ運営者も常日頃使いつけているブラウザです。 本ブログにも二回ほどアップグレードの記事を起こしました。

6月24日の記事では正式なロードマップとして確認してはいないものの、 Chrome(クローム)や Opera(オペラ)に バージョン番号が今年末には追い着くような感じにするべく 今後メジャーバージョンが 頻繁に更新されるとしましたが、 比較対象のブラウザでも Opera は11で兎も角、Chrome は2011年9月末現在で メジャーバージョンが14ですから追いつくというよりは頻繁なバージョンアップと言う意味合いだと思います。 そしてどうやら正式にはメジャーバージョンのアップは6週間毎であることが ITメディアニュースの2011年9月28日の記事 Mozilla、「Firefox 7」の正式版をリリース 使用メモリ削減で高速化 に言及されており、 またタイトルにある通り、6から7へのバージョンアップも整ったようです… と思いきや、インプレスのインターネットWatchの2011年9月29日のニュースとして 「Firefox 7」更新後にアドオンが消える不具合、自動更新を停止して修正中 が配信されました。 それでも実は2011年9月13日の記事 あまりに重いFirefox(ファイアーフォックス)の速度改善 で多少改善されたもののネットブックでの立ち上げておいた際の苛々は募るばかり、 我慢出来ずバージョンアップを執行することにしました。 即ち、手元の環境のネットブックにインストールされている Windows XP 上での作業となります。

バージョンアップには…

スポンサーリンク

ITメディアニュースには既存の Firefox を立ち上げたら

上部メニュー > ヘルプ > Firefox について
と進んで表示されたダイアログで最新バージョンを Firefox自身が検索する按配となっている筈なのですが、 インプレスニュースの事情もあって 2011年9月29日実行の時点ではインストールバージョンの6.0.2で最新である旨表示され それ以上の動きを示してくれません。 そこで直接 mozilla(モジラ)公式サイト に出向くことにしました。 そこに表示される画面が下になります。

mozilla(モジラ)公式サイト

上の図の 無料ダウンロード ボタンをクリックすると下の図の画面に遷移します。 ここではITメディアニュースと同じことをするような指示がありますが、 それが出来ないからここ迄来た訳です。 それを分かっていますから勿論その為のリンクが用意されています。 それが図に赤丸で示す部分で 上記の更新機能を使用せずダウンロードを行う場合は ここをクリック してください、とある ここをクリック リンクをクリックします。

上記の更新機能を使用せずダウンロードを行う場合はここをクリックしてください

ダウンロードが始まりプログレスバーが表示されます。 2011年6月24日のダウンロードファイルは 8.5MB ほど、 2011年8月24日は 6.6MB ほどでしたが、 今回はアップデート分ではなくフルバージョンをダウンロードするので 13.4MBと少し大きめになっています。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。 現バージョンが開いたままだと下のダイアログのような警告が出ますので、 閉じてから開始します。

インストールフォルダを確認します。 手元の環境では Firefox を規定のブラウザにする積もりはありませんので チェックは外しています。 これでよければ 更新 をクリックします。

アップデートが開始されますがこの時気になっていたのは 現バージョンで使用しているプラグイン、アドオンのことで 特に9月13日の記事で改善の為に導入した拡張機能がどのような反応を示すか、 でしたが Firefox は特別な警告を出しませんでした。 アップデート自体はそれほど時間は掛からないように思います。 手元の環境では1分も掛からず実行され、下のダイアログが表示されました。 今すぐ Firefox を起動 にチェックをいれたまま 完了 ボタンを押せば直ぐに新バージョンの Firefox が立ち上がろうとします。

再起動した Firefox のバージョンを更新するときのように Firefox について ダイアログを立ち上げて確認すると 7.0 と表示されました。 以上でアップグレード作業は終了です。

さてここで気になっていた拡張機能を見てみることにします。 確認するには

上部メニュー > ツール > アドオン
とメニューを辿れば、新しいタブが開く アドオンマネージャ 画面が見られると思います。 手元の環境では9月13日の記事で改善の為に導入した拡張機能は 総てそのまま継承されていました。 また上のメニューを開いたときアドオンの下方を見ると Memory Fox 項目も用意されています。 両者を合わせて見た画面が下になります。

そして本日2011年9月30日、再び Firefox について 項目を確認して見ると更新が用意されています。 どうやらインプレスニュースで報じられたアドオンが消える問題が解決したようです。 差分が自動でダウンロード開始されました。 ダウンロードファイルは1.9MBの容量と表示されています。 ダウンロードが終了すると以下のダイアログが表示されます。

赤く囲んだ部分に拡大された図を見れば 昨日のバージョンアップで 7.0 にアップグレードされた Firefox にまた更にバージョンアップ用のファイルがダウンロードされたことを示しています。 早速 ダウンロードした更新を適用 ボタンをクリックしてバージョンアップします。

更新はそれほど時間が掛からず終了します。 ここで再び拡張機能の確認をすると上に記したと同様に問題なく継承されていました。 これでどうやら総て上手くことは運んだようです。 最終的に確認したバージョンは 7.0.1 になりました。

6月、8月に続き又もやのバージョンアップで、 それほど手間は掛からないものの、 些か Firefox に対する信頼は失われてきていることも確かです。 使用感のイメージも湧かないまま、と言うより 大きな改善した感触は抱けないままバージョンアップを繰り返している感もあり、 頻繁なバージョンアップにより近く予想される次のアップグレードの機会には 少々手応えのある感想を述べたく願っています、 出来たらバージョンアップも必要ない程の…。

追記 :2011年9月30日
本記事を投稿した途端に新バージョン Firefox8 の登場アナウンスのニュースが配信されました。 「Firefox 8」ベータ版公開、11月8日に正式版になる予定 11月8日ですか、そうですか。 ベータ版は既に使用可能ですか、そうですか…。

スポンサーリンク

「Firefox(ファイアーフォックス)を6から7へバージョンアップ」への1件のフィードバック

  1. Firefox(ファイアーフォックス)を7から8へバージョンアップ

    アップグレードの記事を本ブログに以下4⇒5(2011年6月24日)Firefoxをバージョン5にアップデート5⇒6(2011年8月24日記事)Firefox(ファイアーフォックス)を5から6へバージョンアップ6⇒7(2011年9月30日)Firefox(ファイアーフォックス)を6から7へバージョンアップの三回

コメントは受け付けていません。