ガソリンスタンド入り直前、給油口はさぁどっち?

先日何かの記事で車の給油口が左右どちらか社内に居ながらにして知る方法を 読んだのを不意に思い出し、 細かな方法は忘れてしまいましたので検索してみたところ、 ヤフー知恵袋の2007年4月3日の質問 車の給油口が左右どちらかを知る方法 及び回答に様々な方法が載っていました。 集合知ですね。 車の給油口の左右については、 レンタカーや借り物の自動車に給油する時には戸惑った経験を持たれる方も多いのではないかと思います。 それを分かり易くする決め事も立派な IT(Information Technology:情報技術) と言えるのではないでしょうか?

知恵袋に紹介されている方法をまとめると以下のようになるでしょうか。

  1. ガソリンメータの近くの給油タンクの絵近くの左右を向いた三角が左を向いているか、右を向いているかで給油タンクがどちらにあるかが分かる
  2. 見りゃ良いだけ
  3. マフラーの位置とは逆
  4. 走行中(GSに入る直前の低速時)に給油口の扉を開けサイドミラーで確認
  5. 給油タンクのホースの付いているほうが給油口
  6. 給油メーターに三角印がある場合は運転席とは逆側に給油口がある、つまり三角が無い車は運転席側に給油口が、そして三角があるなら必ず助手席側に三角が向いている
  7. 最近の車は矢印がついたのを見る
セリカST-202ダッシュボードの給油口表示は? 本ブログ運営者が思っていたのは1番でした。 1番と共に5、6、7番辺りが車内で簡便に確認できる規格と言えるでしょうね。

さて右が本ブログ運営者の愛車のダッシュボード内の給油インジケータ… 年代物のマイカーは…ぅぅむ、時代は進歩しているようです…残念ながら1、6、7には適合しません。 頼みの綱の5番は…あれ?逆だなぁ… 愛車の給油口が左側であることは体で覚えてますからもぅいいです。

スポンサーリンク