Command Line Developer Toolsのインストール

開発環境に戸惑うウパンダ

開発ゲームアプリの開発画面に於いて 衝突判定を可視化したいために PhysicsDebugger なるライブラリを用いんと更にライブラリ管理のために Cocoapods を又此れをインストール足らしめるため RubyGems をアップデートしたものの尚守備良くは運ばなかった顛末を記したのが2016年7月24日の記事 Cocoapodsに依ってライブラリPhysicsDebuggerを使う(前編) でした。 此の問題を解決するためにネットを繰って目にしたのが アイエンターのアプリ開発ブログ の2014年4月4日の記事です。

【iOS】CocoaPodsを使ったライブラリ管理

此の情報に Command Line Developer Tools のインストールが必要とあり 孰れにせよ此れは開発者用Macにはインストールが必須であるとの情報も散見しては 今回の記事をものする次第

スポンサーリンク
日付:2014年4月10日
開発機:MacBook Air(11-inch, Mid 2013)
MacOSバージョン:OS X 10.9.2
Xcodeバージョン:5.1
言語:Objective-C
主関連アプリ:uPanda Breaks Out Fruits

まずはXcodeのメニューから [Xcode] – [Open Developer Tool] – [More Developer Tools…] を辿り選択するにログインの必要な開発者用サイト https://developer.apple.com/downloads/index.action?name=for%20Xcode%20-# をSafariで以て遷移して 契約書に同意してアンケートに答え漸くダウンロード出来る塩梅。 ダウンロードファイルは以下の様なものとなっていました。

  • commandline_tools_os_x_mavericks_for_xcode__march_2014.dmg
  • 容量:126.4 MB
  • 作成日:2014年3月11日火曜日 4:03

此のダウンロードファイルをダブルクリックしてデスクトップに解凍された Command Line Tools(OSX 10.9).pkg を再びダブルクリックするとインストールされます。 処が想定していた以下メニューには残念ながら未だ登場ならず。 [Xcode] – [Preferences] – [Downloads]TAB [Components] 更にネットを繰ってサイト Act as Professional の2013年10月28日の記事を目にします。

MavericksでCommand Line Developer Toolsをインストールする方法が変更
$ xcode-select --install

インストール方法が変更になっていたとあれば上手く行く筈もなく、 情報に従って上記コマンドをターミナルから入力すると 確かにxcode-selectをインストールしようとしてダイアログが開くものの 此れはxcode-selectのインストールにCommand Line Developer Toolsが必要なためであり Command Line Developer Toolsをインストールするためではない訳で混乱を招きます。 しかし孰れにせよ既にAppleのサーバー即ちAppストアでは Command Line Developer Toolsが提供されておらずインストールは出来ない道理となります。

以上から様々類推するにどうも Xcode5以降はCommand Line Developer Toolsは Xcodeに統合されているのではないかと思われます。 即ちiOSシミュレータとは別物でありビルドツールなのだから 改めて考えれば当たり前と言えば当たり前なのですが 其れを示すかの様に [Xcode] – [Preferences] – [Locations] タブには [Command Line Tools] の項目が確り用意されておりプルダウンメニューには Xcode 5.1(5B130a) の表示をも確認出来ました。 しこうして Cocoapods用に態々Command Line Developer Toolsをインストールする必要はないのだと言う 脱力の結果が導かれました。

今回の案件にては日々進歩の喧しい開発環境に於いてはネット上の情報は ややもすれば遅れ勝ちとなり 確り提供情報の日付を確かめながらことに当たらねば要らぬ混乱を招くばかりと言う 言わずもがなの状況を改めて思い知らされ 己の提供する情報にては日付の記載は欠かさぬようにとの 独自規定への思いをも新たにさせられたのでした。

兎も角も此れにて再び PhysicsDebugger を機能足らしめる作業を進めますが其れは次稿に譲りましょう。

uPanda Breaks Out Fruits
無料:カテゴリ: ゲーム:4+ 評価
バージョン: 2.0(更新: 2015年12月1日)
サイズ : 10.0 MB
互換性: iOS 7.1 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
スポンサーリンク