インターネットどこでもドアー

どこでもドアーなるは皆様お馴染み、 彼の耳なしネコ型ロボットの タケコプター に並ぶ必須アイテムなるを、 扠、何処でも構いませんので当ページのリンクをクリックしてみてくだされば、 あら不思議、忽ち どこでもドアー の現れ、貴兄を思い想いの場所へと誘ってくれることでしょう。

スポンサーリンク

この実現はjavascriptに依り為されており、 IDEA*IDEAは2008年10月25日の記事は リンクをクリックするとどこでもドアが現れるw『docodemodoor.js』 と(笑)付きで紹介されるは宜成る哉、 本邦ロボット文化に手塚治虫氏と共に大きく影響を与えると共に、 少年少女に夢をも与え得た、そして のび太 君を大いに助けた ドラえもんどこでもドアー がインターネット上に登場なる紹介先は本機能の開発及び提供者である マイネット・ジャパン のサイトコンテンツの一つ どこでもドアをくぐってリンク先へ飛ぶ「dokodemodoor.js」 です。

勿論スクリプト作成は手軽ではありませんが、 既に為ったスクリプトを利用させていただくのは手軽な当ギミックの冗句的風味が、 何気ない普段のリンクを押下するという行動をも豊かなものにしてくれる、 当スクリプトを用いれば誰でも手軽にネコ型未来ロボットの気持ちが味わえると云う逸品です。
当ブログではダウンロードの上、利用させていただきましたが、 開発者のご厚意によりリンクを貼るだけでも利用可能となっているコードが下記です。

<script type="text/javascript" src="http://door.mynet.co.jp/dokodemodoor/dokodemodoor.js" ></script>
提供ページには
始めのうちは物珍しいからいいとして何度も見ているとしつこく感じてしまう!というごもっともな意見のために、エフェクトON/OFFのスイッチも実装しています。ブラウザ右上に切り替えスイッチが表示され、これをOFFにするとエフェクトが発動しなくなります。
とある様に当ブログアーティクルにも右上に切り替えスイッチが見られると思いますので、 少し許り子供染みていて気に入らない抔と仰る方への配慮の当ボタンを押下下されば、 どこでもドアーは四次元ポケットより出現しませんのでご安心の程を。

スポンサーリンク