アイコン画像ロールオーバー

オンマウス時の画像ロールオーバーと云えばDHTMLで実装するもので javascriptの記述は必須と云う固定観念に塗り固められていましたから、 数年前ブログの隆盛と共にテーブルデザインからCSSへとデザイン上の主流が移り変わり始めた際、 同機能をCSSのみで実装出来ると知った時には軽いショックを受けたものでしたが、 今となっては極々普通の方法として知られ、 当初何処から当情報を得たかは最早判然しない様な現状も申し訳ない乍、 今その方法を見ても実にシンプルで使い勝手が良く、 多少古いブラウザでは表示にチラつき抔問題のあろうとも、 IEも7が主流となり始めては、随分と業務上でも気軽に使用出来るようになったように思います。 上記では縦長のGIF画像を作成し、オンマウス時に表示座標をずらしてロールオーバーを実現しています。
リンク先は昨日4月30日のアーティクル ウゴウゴルーガ風ブックマークレット からウゴウゴルーガ繋がりです。
上記パーツを囲い込む彩色範囲の角丸には当ブログ2008年3月13日の 角丸 記事でご紹介のjQuery系の機能を利用しています。
スポンサーリンク